ディーゼルのショー会場はブレードランナーの世界!

2016-09-07 07:00
  • ディーゼルといえばデニムというイメージの方も強いですが、デニムだけじゃないんです! 天王洲の倉庫い作り込まれた会場で開かれたファッションショーは、派手な色あり、レザーあり、花柄あり、ファーあり。全体的にクールでエッジの効いた見せ方ながら、よくよく見ると、リアルに着たくなるアイテムがそこここに。個人的には、ソフト素材の花柄ワンピースに目が釘づけに。ピンクやオレンジなど派手な色のドレスも、素材感に柔らかさがあって、素敵でした。

    モデルの水原キコさんやローラさんなども登場し、多いに盛り上がったショーだったのですが、今回、一番面白かったのは、ショー会場そのもの。
  • エッジが効いたかぶり物以外は、リアルに着たくなるフェミニンなドレス。
  • 会場に入ると、人ごみもあいまって、そこは混沌としたアジアの夜の街並み。カタカナのディーゼルのネオンのほか、カラオケや、ホテルの看板などが。一瞬にしてどこかに迷い込んだかのような錯覚に襲われます。実際にモデルが歩いたランウェイは電車の線路で、客席はホーム上といった設えで、未来都市ネオトーキョーに連れてこられたかのよう。まるで映画のブレードランナーみたいなエキゾチックなムードです。欧米人が好きそうな感じですが、日本人の私にとっても、不思議とノスタルジックというか昭和なムード。

  • 会場に入ると、そこは謎にアジアなムード。
  • 昭和?
  • ご丁寧に屋台村まであるのですが、ここが本当に飲み物や食べ物を提供してくれるコーナーになっているという。しかも,おでんとか小籠包とか、お酒とともに一杯やりたい気分を満足させてくれちゃう、念の入れよう。

    もうその作り込みは、見事というほかなく、大人のためのワンダーランドと化していたのです。惜しむらくは、あまりの人のために、歩き回ることがままならず、全貌が把握できなかったこと。ありとあらゆるパーツに、こだわりの仕掛けが施されていたので、そればかりは残念。
  • アジアな屋台村も出現。
  • こんな楽しいイベント、久しぶり! さすがこだわりのディーゼルワールド!!

    ショーで出ていたアイテムも気になるものがたっくさんあって、週末にお店もチェックしてこようと思った私でした。(副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords