プロ直伝★【本当に似合うピンク】を見つけるたった2つの方法

2018-04-21 10:00
  • きれい色のなかでも最も好感度の高いピンクの服。甘すぎず、大人っぽくおしゃれに着こなしている女性って憧れますよね♡ でも、そんな理想を目指してひと目ぼれで買ったはいいものの「なぜか似合ってない…?」なんて経験、ありませんか? 実は、人によって似合うピンクは違うんです!
  • 【似合うピンク】は、肌の色み&顔立ちから導き出す!
  • 似合うピンクを見つける方法はたったの2つ!! 下記をチェック。
  • Q1:あなたの手のひらの色は、A・Bどちらに近い?
  • Q2: あなたの顔立ちは、C・Dどちらに近い?
  • 4通りの組み合わせ、あなたに似合うピンクはこちら!
  • 【A×Cの人:黄み淡ピンクが似合うピーチ姫】

    やさしげで可憐「愛され度MAX美人」

    まるで小動物のような愛らしさをもつのがこのタイプ。そのピュアな可愛らしい一面を引き立てるのが、ぬくもりのある黄み系の淡ピンク。笑顔もよりいっそうやさしげに。明るくみずみずしい色合いによって肌がトーンアップし、フレッシュ感も上昇。

    【A×Dの人:黄み濃ピンクが似合うコーラル姫】

    媚びないきれいが香る「すっきりハンサム美人」

    少し男性的なかっこいい雰囲気をもつメリハリ美人タイプには、黄みがかった肌と顔立ちに映えるコーラルのような、少し深みのある黄み寄りの濃いピンクがベスト。大人っぽさはありつつもハッピーオーラは確実に高まり、好感度の高い華やぎを約束。

    【B×Cの人:青み淡ピンクが似合うサクラ姫】

    おっとりたおやか「透明感のある上品美人」

    穏やかな女性らしさをまとうこのタイプには、透明度の高い青みがかったパステル系ピンクがおすすめ! すっきりとした甘さが品のある顔立ちにぴったりとフィットし、トレンド感も底上げ! 肌もクリアに冴え渡り、清潔感のある女らしさへ。

    【B×Dの人:青み濃ピンクが似合うローズ姫】

    都会的で端正な「カリスマ系美人」

    目鼻立ちがくっきりしていて華のあるゴージャスな雰囲気をもつこのタイプには、その存在感に負けない鮮やかで濃厚な青みピンクがお似合い。バランスよくシャープな顔立ちを引き立て、一気に洗練。知的さのあるあか抜けた印象を盛り上げる!

  • いかがでしたか? 続きはぜひ、大好評発売中のBAILA5月号本誌にてご紹介している特集「私とピンクのいい関係」でお楽しみください。各姫代表として、読者モデルのスーパーバイラーズ4名が、実際に似合うピンクを誌上にて試着! 配色コーデのコツもわかるので、ぜひチェックしてみて。
監修/今井志保子(カラープロデューサー) 撮影/冨樫実和 ヘア&メイク/沼田真実〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ イラスト/ユリコフ・カワヒロ 取材/榎本洋子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords