おしゃれプロ直伝!【きれい色配色コーデ】で印象美人を目指す秘策6

2018-04-18 10:00
  • ラベンダーやピンク、イエローなどのきれい色や、最愛ベーシックカラーのベージュまで、この春はカラフルなアイテムが大ヒット! 常に一歩先のおしゃれを楽しんでいるスタイリストやライターなど人気おしゃれプロは、何色を買ってどのように着て、どんな印象を目指しているのか? バイラファミリー6名の最新スタイルをオール私物でご紹介します!
  • おしゃれプロ6人は「この色で、この印象に見せる」!
  • 【スタイリスト安西こずえさん>ハッピーオーラあふれる陽気な女性】
    「今年はとにかくグリーンに目がいく!」という安西さんが選んだのは、オーラリーのリブニット。「鮮やかなグリーンを一点主役にするのではなく、ドゥロワーで見つけたパープルのスカートとミックスさせ、大胆な色のかけ合わせによって生み出される陽気なムードを楽しみます。どこか大人の落ち着き感があるのは、バッグとサンダルをベーシックなブラウンでまとめているから」。

    【スタイリスト松野裕子さん>ノスタルジックなソフィア・コッポラの映画をイメージして】
    バレンシアガのラップスカートに、ジャーナル スタンダード レリュームの淡いピンクのトップスを仕込んで。ジャケットはハイク。「グレーにベージュ、デニムのブルーなど、ベーシックカラーに合わせれば、ピンクの持つフェミニンな甘さが引き算されて、ちょうどいいバランスに。服の中に強い色が入っていなくても、絶妙なニュアンスカラー同士の組み合わせで、印象力は高まります」。

    【ライター榎本洋子さん>遊び心を忘れない挑戦力のある大人】
    最近出会ったという古着のスウェットは、鮮やかなイエローにグリーンのロゴが旬な一枚。ボリュームのある青のスカートはマディソンブルー。「ヘルシーな雰囲気にまとめることで、色を照れずに取り入れられます。最近定着しているスポーツテイストも、色で遊ぶことで新鮮な表情に。大人びた色のスカートでカジュアルすぎないように調整しつつエリンの白スリッパで抜け感を足します」。

    【スタイリスト東原妙子さん>リラックスムードをまとった洗練エレガンス】
    シンメのインディゴキャミワンピースとアニエスベーのコートで、ブルーとベージュの大人配色に。「タイトなシルエットのワンピは、腰位置高めなウエスト切り替えやフロントスリットなど、女らしさの香るこだわりが随所に。リネンのコートをさらっと羽織ったら、エルメスのバッグとスカーフで華やぎを足します。ベーシックカラー同士の組み合わせだからこそ、旬なグリーンが引き立ちます」。

    【スタイリスト吉村友希さん>好きなことに時間をかけられる余裕な大人】
    ウィム ガゼットのフレッシュなピンクのスカートには、黒ほど強すぎず、かつ色をきれいに引き立てるグレーを合わせて。「オケージョンにも活躍するつやっぽいスカートを、チャンピオンのスウェットでカジュアルにシフトさせ、力の入りすぎない休日スタイルに。慌ただしい毎日のなかでも、しっかりと自分時間を楽しめる、大人の女性をイメージ」。

    【スタイリスト佐藤佳菜子さん>女性らしくも凛とした空気感をまとう人】
    春らしいパープルを軸に、そこに集まってくる好相性な色たちを組み合わせた結果がこちら。「ウォッシュのかかったデニムのライトブルーも、パープルのニットとアクセサリーの威力で、女性らしく品のある雰囲気に。全体がぼやけないよう足もとには印象の強いターコイズブルーを。さらに白のバッグがフレッシュな雰囲気へと導いてくれます」。パンツ¥25000/UTS PR(ジェーンスミス) ニット¥34000/オーラリー

  • いかがでしたか? 大好評発売中のBAILA5月号本誌では、巻頭のファッション特集で、こうした【第一印象を決める色】の最旬配色コーデを大特集中! さらに、BAILA史上最大サイズの【スヌーピー♡キャンバス調BIGトート】が特別付録としてもれなくついてきますので、ぜひ書店orコンビニでお買い逃しなく!
撮影/魚地武大〈TENT〉 取材/道端舞子 ※クレジット記載のないものはすべて本人私物です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords