【茶色の靴】ならきれい色コーデがグーンとあか抜ける!

2018-06-18 13:00
  • せっかく素敵なきれい色の服を着ても、シューズ&バッグがうまくなじまないとなんだか残念な印象に。無難な黒の靴ではなく、茶色の靴を選んでみて! どんなカラフルカラーにも即座になじみながらコーディネートの印象を格上げしてくれる、なじませ上手なブラウンシューズをご紹介します。
  • たとえば、赤を効かせた華やかな花柄プリントワンピースには、同じ赤みを帯びたブラウンの靴を。可憐なワンピとメンズライクなローファーをあえて合わせることで生まれるギャップがおしゃれな印象に直結! バッグ(16×21×8)¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ) 靴(3)¥55000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) ジャケット¥73000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) カーディガン¥37000/エフユーエヌ(フォンデル) ワンピース¥23000/アダム エ ロペ(ガニー)
  • なじませ上手なブラウンシューズカタログ
  • 通勤服のスタメンであるシンプルなヒールパンプス。大人っぽく決めたい日は、深みのある茶のスエードにトライしてみて。(右)(5)¥42000/フラッパーズ(ネブローニ) (左)(9)¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

    可愛らしい雰囲気のバレエシューズも、ブラウンを選ぶと、深みのあるシックなイメージに直結。(上)(2)¥27000(チェンバー)・(下)(1)¥21000(レペット)/デミルクス ビームス 新宿

    ポインテッドトゥとベロアの質感が大人っぽいバレエシューズ。(1)¥26000/エフイーエヌ(プリティ・バレリーナ)

    ローファーやオックスフォードなどのマニッシュな靴は、女らしさや甘さのある服を着るとき、バランスの調整役として重宝します。靴(2.5)¥125000/ビームス ハウス 丸の内(フラテッリ ジャコメッティ) スカート¥22000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)

    同じく、ウィングチップタイプはフェミニンなワンピースやスカートのハズし役にぴったり。明るいキャメルならしゃれ感も加速。(2.5)¥38000/伊勢丹新宿店(バーカー)

    男前すぎるデザインがちょっぴり苦手な人は、シンプルなたたずまいのスリッポンをどうぞ。(2.5)¥32000/伊勢丹新宿店(ジャラン スリウァヤ)

    歩きやすいスリッパサンダルは、繊細で肌面積が広くなる甲のベルトデザインで、女らしさを忘れずに。きれいめなコーディネートにもしっくりとはまります。(1)¥46000/アマン(ペリーコ)

    上品さを演出するアンクルストラップサンダルの、つま先がスクエアになることでモードなエッセンスが足されます。(5)¥29000/ベイジュ(ピッピシック)

撮影/三瓶康友(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/マギー ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2018年5月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords