スタイリストおすすめ【真夏のデニム】を女らしく着こなす4つの方法

2018-07-28 10:00
  • 30代女子の定番ワードローブとして欠かせないデニム。コーディネートがシンプルになる夏こそ、おしゃれに女らしく着るにはどうしたものか悩みがち。そんな大問題に、人気スタイリストの小川ゆう子さん&佐藤佳菜子(さとかな)さんの二人が、簡単なのにおしゃれ見えする大人のデニムスタイルのコツを教えてくれました!
  • 小川さん&さとかなさんに学ぶ、夏デニムのおしゃれな着こなしアンサー4
  • 【切りっぱなしの裾に、カラフルな小物足し!(by小川さん)】
    「デニム自体のカジュアルさやメンズライクな部分をカバーするには、細部にこだわって。女性らしい淡いブルー、脚長に見えるテーパードシルエットに加え、こなれた切りっぱなしの裾を選ぶのがおすすめ。そこに色とりどりのサンダルやスカーフなどを足して華やかに」。デニム¥29000/サザビーリーグ(マザー) ブラウス¥10000/フィルム(ソブ) スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥15000/RHC ロンハーマン(グアダループ) 靴¥26000/ベイジュ(ピッピシック)

    【シルバーアクセで涼やかさと女らしさを宿して(by小川さん)】
    「夏でも重たすぎず、涼しげでクリーンなシルバーのジュエリーを組み合わせると一気に女らしくなります。シンプル&ミニマムなデニムスタイルにさりげないラグジュアリーなエッセンスを加え、モダンな仕上がりを目指して」。デニム¥20800/ショールーム セッション(サージ) タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ピアス(1個)¥181000・ブレスレット(ネックレスとして使用)¥128000・リング(人さし指)¥150000・(中指)¥80000・(薬指)¥330000/ハルミ ショールーム(オー) バッグ¥345000/ピーチ(ロウナー ロンドン) 靴¥82000/ジミー チュウ

    【あえてデニムらしさをなくしたダークトーンを選ぶ(by佐藤さん)】
    「黒や濃いグレーなど、ある意味で本来のデニムらしさがない色を選ぶと、カジュアルなイメージを抜け出し、きれいめなパンツに刷新できます。さらにぴったりとフィットするスリムなシルエットなら女らしさも増します」。パンツ¥28000/マインド(マインデニム) Tシャツ¥19000/カレンソロジー青山(ミュラー オブ ヨシオクボ) イヤリング¥15000/ステュディオス ウィメンズ 新宿店(ステュディオス×トーガプルラ)

    【肌見せやヌードカラーを駆使する(by佐藤さん)】
    「ダークトーンのデニムは、くるぶしが見えるクロップト丈で足首を見せ、重さを軽減。さらに、オフホワイトなど明度の高いヌードカラーをトップスに着て全体の印象をパッと明るく、クリーンなイメージへ導いて」。パンツ¥23000(アンドアールシー)・バッグ¥53000(スタウド)/カレンソロジー青山 タンクトップ¥9600/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 靴¥68000/ロペ エターナル(マルティニアノ)

撮影/後藤啓太、水野美隆〈zecca〉 ヘア&メイク/ANNA.〈SHIMA〉、犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/小川ゆう子、佐藤佳菜子 モデル/中村アン、絵美里 ※BAILA2018年8月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords