通勤⇔カジュアル両方着回せる! おじさん風味な【チェック柄ジャケット】30代に人気の14選

2018-09-26 11:00
  • ブリティッシュムード満点の【チェック柄ジャケット】が全盛期! 狙い目は万能ダークカラー! ボクシーな長め丈×シックなテーラードタイプなら、通勤にもカジュアルにも着回せて、きちんと見えるのに女っぽい。30代のおしゃれの相棒をワードローブに迎えて。
  • ONもOFFもOK♡【チェック柄ジャケット】30代のためのイチ推しリスト
  • NOTほっこり! なスマートなシルエット
    ブラウンにうっすらとブルーをきかせた、しゃれ感のあるチェック。身幅がややタイトになったシルエットでスタイリッシュに着られる。¥98000/ショールーム セッション(サヤカ ディヴィス)

    しなやかな質感で女らしさも着心地も
    肌なじみのいいグレーベースのチェック。ポリエステル混の落ち感のある素材を使用しているため、堅苦しさがないのがうれしい。取り外し可能な共布ベルトつき。¥38000/ミミ&ロジャー

    ダークカラー同士の配色なら大きめチェックもシックな印象
    ネイビー×グリーンという落ち着いたトーンの色合わせ。格子がやや大きめだけれどコントラストが強すぎない2色だから意外に合わせやすい。¥33000/バナー バレット 渋谷ヒカリエ シンクス店

    ブラウンで今年らしさを加味。着回し力抜群のグレンチェック
    ベースが赤みブラウンになるだけで、グレンチェックもぐんと今年らしく。ウール素材だからコートに移行する前の軽めアウターとして活躍。¥84000/サードマガジン(オフィシン ジェネラル)

    まじめになりすぎないボクシーなシングルタイプ
    着丈を長めに設定した細身のシングルジャケット。前を開けても閉めてもきれいに見えるうえ、ほんのりストレッチが効いているから着ていて疲れにくい。軽やかな配色も素敵。¥59000/セオリー

    グレー×ブルーの上品なウィンドーペン
    グレーを基調にさりげなくブルーをきかせたチェックがほかにはない雰囲気で印象的。ヒップが半分隠れるぐらいの長めのレングスが今っぽさをプラスして。¥29000/ドロワット・ロートレアモン

    色使いやディテールにほんのりモードを香らせて
    注目ブランドから登場した一着はほどよいビッグシルエットが魅力。ボタンがついていない、着流せるデザインが気負わない空気を演出。¥110000/ユナイテッドアローズ 横浜店(アンスクリア)

    感度高めのフォルムで一歩先のしゃれ感を
    肩の部分は大きめに、ウエストから裾にかけては少しだけ細身に仕立てた絶妙なシルエット。起毛したウールのグレンチェックがヴィンテージライクなたたずまい。¥58000/アルファ PR(CNLZ)

    クラシックなウィンドーペンも軽やかな配色と旬の形でモダンに
    グレー×ネイビーのベーシックカラー配色は合わせるものを選ばず、好感度も上々。袖のロールアップもしやすい薄手の素材だから、秋の始まりから活躍するはず。¥30000/エストネーション

    親しみやすいチェックにピークドラペルで洗練を
    辛口なグレンチェックにピンクのラインを加えることで、女らしく着こなしやすい表情に。6つボタンながらスレンダーな形が優秀。¥43000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー)

    体の動きにすっとなじむ肌ざわりのいいソフトな素材感
    身幅や袖幅、ラペルをほっそり仕上げて、着丈を今っぽくやや長めにした美シルエット。さりげない落ち感がある素材は、肩が張っている人におすすめ。¥24000/シティーヒル(ペルルペッシュ)

    きゃしゃなボタンがメンズっぽさを中和
    ブラウンと赤を効果的に使ったクラシカルなチェック柄。小さめのボタンがジャケットの無骨さをやわらげ、ほのかな女らしさを醸し出して。自宅で手洗いできるのも高ポイント。¥36000/ベガ

    深いVの鋭角なら、重ね着もすっきり映える
    グレー×イエローの新鮮なカラーコンビネーション。深めのVあきは首が詰まったトップスもすっきりと見せてくれる。¥50000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(デザイナーズ リミックス)

    こだわりが凝縮したコートライクな一着
    厚手のウール生地を使ったジャケットはヒップが隠れる長めの着丈だからコート感覚で楽しめる。トラッドなガンクラブチェックや太めのラペルがハンサムなムードを高めて。¥68000/オーラリー

撮影/坂田幸一 スタイリスト/佐藤佳菜子 ※BAILA2018年10月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords