おしゃれプロ9名がキープしているコート&とっておき妄想コーデ9選

2018-10-30 10:00
  • バイラで活躍するおしゃれプロたちも、この冬着たいコートはすでに決定ずみ。どんなコーディネートと合わせるのか最新プランをチェック!
  • おしゃれプロがキープしたコート&コーデプラン
  • ピーコートを今の気分にアップデート!
    ライター東原妙子さん
    今年は柄や色のアイテムに合わせるベーシックなピーコートを更新したくて、オーラリーのものをセレクト。今年の秋冬に着たいロングボトムと相性のよさそうな、たっぷりとした形とマキシ丈に惹かれました。素材にしっかりとハリがあるから、インには軽やかな質感で、動きの出るようなヴィンテージワンピースを。コート¥87000/オーラリー

    ビッグなシャツコートはシルエットにメリハリを
    スタイリスト・小川ゆう子さん
    アンスクリアのチェックコートは、ビッグシャツのようなゆったりとしたフォルムがお気に入り。女らしさをプラスするために襟を抜いて着たいです。さらに合わせるアイテムは、ぴったりシルエットのタートル&デニムにヒールのブーツで、縦長を意識しました。コートとそのほかのアイテムにメリハリをつけて女っぽさも忘れずに。コート¥69000/アマン(アンスクリア)

    ブラウンコートでトレンド顔に
    スタイリスト松村純子さん
    旬のブラウンかつ、ノーカラーでゆるりこなれた雰囲気に惹かれました。今回のようなマキシ丈のワンピースにはベルトをしないでラフに。ほかにも、インを黒でシンプルにまとめたスタイルにはベルトをキュッと結んでコートを主役に。着こなし次第で印象が変わるので、コーディネートの想像がふくらむ楽しさがあるコートだと思います。コート¥46000/カレンソロジー青山(カレンソロジー)

    旬のチェックをシックなコートで
    ライター榎本洋子さん
    今季はチェックのコートを必ずゲットしたいと思っていて、見つけたのがこちら。さりげない柄と黒とのリバーシブルで2パターン楽しめるのもうれしいところ。ざっくりニットにスウェットパンツのちょっぴりラフな装いにトライしたいので、大人っぽいムードが出る色みとゆったりとしたシルエットのコートはマストになる予感です。コート¥74000/ザ・ウォール ショールーム(リト)

    沈みがちな秋冬の色も白のコートで軽快に
    スタイリスト松野裕子さん
    寒い時季はどうしても落ち着いた色みのコーディネートが多くなるのですが、そんなときに軽さを出してくれる白のボアコートを発見。合わせはスカートよりパンツ、足もとはスニーカーよりカッチリ感のある靴をチョイスして、明るい印象のあるコートとのバランスをとっています。モノトーンで全体をまとめてスッキリと統一感を出しました。コート¥56000/ボウルズ(ハイク)

    きれいめシルエットでカジュアル服を女らしく
    スタイリスト吉村友希さん
    トレンチ型のウールコートはイレーヴで。折り返し部分からのぞくチェックがポイントです。このくらいの柄使いなら、普段のワードローブにも相性がよく使いやすそうなところがお気に入り。中はパーカとスキニーのカジュアルな組み合わせなので色みをシックにまとめて、きれいめな空気もキープできるようにしました。コート¥120000/アングローバル(イレーヴ)

    カジュアルなインをコートと小物で格上げ
    スタイリスト石田 綾さん
    白すぎない色みがちょうどいいボアのコートはレザー使いが大人の女性らしい印象。ヒールの靴とベロアのバッグでその雰囲気を引き継ぎつつ、インにはTシャツとデニムを合わせてカジュアルな要素も。女らしさとラフさのバランスがちょうどいいコーディネートで、大人の余裕を演出したいです。コート¥69000/アマン(アンスクリア)

    クラシックさと今っぽさを両立させて
    スタイリスト高橋美帆さん
    クラシックな色合いで落ち着いたムードがありながら、肩の落ちたシルエットが今年らしい。そんなコートを今年はワードローブに加えたいです。トップスはコットン素材のモックネックでラフさを。そしてパンツで黒を取り入れることでコーディネートを引き締めています。コート¥36000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)

    合わせのアイテムを選ばない優秀なデザイン
    スタイリスト門馬ちひろさん
    ノーカラーのガウンタイプでシンプルなデザインだから、幅広いコーディネートに合わせることができるところがポイント。サイドにはスリットが入っていて、ロング丈でも重い印象にならないんです。この秋はクラシカルなスタイルが気分なので、全体的にシックな雰囲気でまとめつつ、お気に入りのスカートで女らしく色をきかせてみました。コート¥110000/ebure

撮影/さとうしんすけ ※BAILA2018年11月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords