スタイリスト村山佳世子さんに教わる"トレンチ”着こなしテクニック

2019-03-13 13:00
  • いよいよ春めいてきて、冬コートをトレンチに着替える人も多いのでは? そんななか、気になるのは、もっと素敵に着るためにどうすれば?ということ。

    人気スタイリストの村山佳世子さんにとって、トレンチコートはクロゼットでもかなりの割合を占めるもの。トレンチは日々の着こなしに欠かせない、今までもこれからも最良の相棒なのだそう。魅力を熟知している村山さんだからこそわかる、トレンチの着こなし術を教えてもらいました。

    STYLIST 村山佳世子さん
    キャリア25年以上のベテランスタイリスト。『BAILA』『Marisol』『eclat』をはじめとした女性ファッション誌から広告まで幅広く手がける。上品で女らしい説得力のあるスタイリングには根強いファンが多い。
  • トレンチコート着回しルール4選

  • バーバリー
    着回し
    トレンチ-2
    トレンチ-3
    一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート

    着回しルール1 フードがのぞくレイヤードは大人だからこそ素敵に決まる
    「トレンチの襟元からフードをのぞかせるスタイルが大好き。重ねることで、スポーティなパーカもどこかきれいめな表情に仕上がります」。トレンチ/バーバリー パーカ/エイトン デニム/ラグ & ボーン バッグ/シャネル

    着回しルール2 甘いムードを引き立てる軽やかなきれい色スカートと
    「甘めのアイテムと合わせるなら、白Tやローファーなどカジュアル感のあるアイテムでバランスアップ」。Tシャツ/スローン スカート/ドリス ヴァン ノッテン サングラス/オリバーピープルズ ネックレス/ノーブランド バッグ/ザ ライブラリー ローファー/ジェイエムウエストン 

    着回しルール3 小物でリッチ感を足すことでカジュアルすぎない雰囲気に
    「トレンチとデニム、スニーカーの組み合わせは、そのままだと男の子っぽいイメージになりがち。格のあるブランドのスカーフとバッグで、カジュアルスタイルに大人の女性らしい味つけを」。ニット/スローン デニム/リーバイス スカーフ・バッグ/エルメス スニーカー/コンバース 

    着回しルール4 ドレッシーな黒のワントーンがぐっと女っぽい表情をつくって
    「レースブラウス×とろみパンツのドレッシーなコーディネートはウエストをキュッとシェイプする女っぽい着こなしで。足もとは抜けのあるフラットが私流」。ブラウス/ロンハーマン パンツ/ルグレ バッグ/ハウス オブ ロータス ブレスレット/エルメス 靴/メゾン マルジェラ

    スタイリスト村山さんの素敵なコーディネートの数々はこちらをチェック!
    『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』村山佳世子著 集英社刊 1600円

撮影/魚地武大〈TENT〉(物)、戸松 愛(人) ヘア&メイク/TOMIE〈nude.〉 スタイリスト/村山佳世子 取材・原文/野崎久実子 ※すべて本人私物です ※BAILA2019年3月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords