春に【ちょっといい白T】を買うべき7つの理由って? Tシャツマニアが解説します

2019-03-27 10:00
  • おしゃれな人ほど、3月からフル活用している白Tシャツ。おしゃれな人のコーディネートには、季節問わず白Tシャツが欠かせないという事実! ベーシックだから、というだけじゃないその理由を、Tシャツマニアのスタイリスト斉藤くみさんが解説します。

    教えてくれたのは……スタイリスト 斉藤くみさん
    幅広いテイストを網羅する確かなセンスと審美眼に、多くのモデルや女優が信頼を寄せる。スタイリストとして活躍する一方、新ブランドNORC by the lineのディレクションも手がける。
  • 春に「ちょっといい白T」を買うといい理由

  • 白T
    白T-2
    白T-3
    白T-4
    白T-5
    ユニクロ ユー
    白T-7

    理由1 新顔アウターにチェック柄。トレンド要素をまとめてくれるから
    スポーティなマウンテンパーカと、レディなチェックスカート。テイストの違うアイテムをかけ合わせたMIXコーディネートも、合わせる服を選ばない白Tを介せば失敗なし。新顔アイテムを、身近に引き寄せてくれる。Tシャツ¥12000/エイトン青山(エイトン) コート¥55000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ザ リラクス) スカート¥35000/ebure ピアス¥24000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング)

    理由2 旬のレイヤードをすっきり見せてくれるから
    パーカやジージャンなど、レイヤードスタイルが新鮮な今季。いちばん下に着た白Tで、顔映りをクリーンに。Tシャツ¥3500/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ヘインズ) ジャケット¥42000/ボウルズ(ハイク) パーカ¥21000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) デニム¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥171000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥69000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

    理由3 流行の色アウターとも好相性だから
    冬から春への端境期。薄手の春アウターや、春色のロングカーデともマッチする白Tはインナーに大活躍。また、トレンドのサロペットやジャンパースカートをモダンに大人っぽく着こなしたいときにも、白Tは定番にしてベストなチョイス。下に着るなら、ほどよい厚みとフィット感のあるものを選んで。Tシャツ¥2500/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) コート¥160000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) サロペット¥22000/スピック&スパンルミネ有楽町店(スピック&スパン) ピアス¥188000/ハム伊勢丹新宿本店(ハム) サングラス¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥135000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

    理由4 盛り上がっているサロペットのインナーにもベストだから
    サロペットやジャンパースカートをモダンに大人っぽく着こなしたいときにも、白Tは定番にしてベストなチョイス。Tシャツ¥2500/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) コート¥160000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) サロペット¥22000/スピック&スパンルミネ有楽町店(スピック&スパン) ピアス¥188000/ハム伊勢丹新宿本店(ハム) サングラス¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥135000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

    理由5 ニットからちらっと見せるだけで今っぽいから
    ニットの下に白Tを重ねて、襟元からほんの少しだけ、チラリとのぞかせる。それだけで、手持ちのニットがなんだか今っぽくこなれて見えるから不思議。Tシャツ¥7500/オーラリー ニット¥12000/トゥモローランド(マカフィー) サロペット¥14000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ピアス¥578000・リング¥212000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) ブレスレット¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 時計¥22000/ダニエル・ウェリントン 原宿

    理由6 フェミニン服の甘さを中和してくれるから
    白Tだからこそ、主役のスカートのフェミニンさを邪魔せず、それでいて気負わないムードをプラス。甘さをちょうどよく引き算してくれる。Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) カーディガン¥19000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) スカート¥22000(ノーブル)・靴¥52000(ディ ミリ)/ノーブル コレド日本橋店 ピアス¥19000(マリア ブラック)・リング¥400000(マリハ)/ショールーム セッション バングル¥28000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ) 時計¥22000/ダニエル・ウェリントン 原宿 バッグ¥40000/コード(ヴァジック)

    理由7 一枚で勝負するときも、体がきれいに見えるから
    白T×デニムのベーシックも、シルエットや質感でひとさじのアップデートが必要。体のラインを拾わない適度なゆとりと生地の厚み、上品なしなやかさ、そして首もとのスカーフとも相性がいい詰まりぎみのネックライン……大人が一枚で着てサマになる、"今"の白Tの条件を備えて。Tシャツ¥5900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニム¥18500/ショールーム セッション(サージ) スカーフ¥19800/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ドニー) ベルト¥7000/フラッパーズ(レフィエ) ピアス¥152000・バングル¥216000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 時計¥420000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥40000/コード(ヴァジック) 靴¥74000/ジミー チュウ

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/中村アン 取材・原文/東原妙子 ※BAILA2019年4月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords