【およばれ服】人気読者モデルの“インスタ映え”する華やぎテク4

2017-05-28 13:00
  • 記憶にも記録にも残るから“インスタ映え”前提のお呼ばれ服じゃなくちゃ!

    そんな可愛いワガママを、読者モデルのスーパーバイラーズたちはどうやってかなえている? 小物使いからヘアメイクまで、”いいね!”が一気に増える、4人のドレスアップ方法&顔映えテクニックをご紹介♡
  • 「ヘアとドレスをビジューで盛り上げて、赤リップで女っぽさをIN」加藤和歌子さん

    ダイアグラム グレースコンチネンタルのワンピースは落ち着いたベージュに黒のビジューがデコレートされた存在感のある一着。「ネックラインにビジューが贅沢にあしらわれたデザインは、インスタでも実際”いいね!”が多いんです。ネックレスを足すとトゥーマッチな雰囲気になってしまうので、ヘアにポイントをつくるようにしています」。

    「ショートヘアとシャープな目もと。クールビューティな横顔を意識」山嵜由恵さん

    顔立ちがはっきりしているせいか、大ぶりのアクセサリーをつけていると、年齢よりも上に見られてしまうという山嵜さん。「だからピアスもネックレスも、ビジューがさりげなくあしらわれたきゃしゃなデザインをセレクト。その代わりヘアとメイクでしっかりと顔映えを演出します」。

    「デコルテをきらめくチョーカーで印象的に引き立てます」岡田彩芳さん

    岡田さんが顔映えで最も意識している部分はデコルテ。「首もとが詰まったワンピースは童顔の私だと少し子供っぽくなってしまうため、デコルテが映えるデザインで華やかに。女らしさはもちろん小顔効果も期待できるので、ここぞいう日は必ず頼っています」。

    「ぱっと目を引くきれい色を、パールとつや肌でより華やかに」旦梨香子さん

    旦さんが選んだのはやさしげなブルーのワンピース。「定番の黒やネイビーも好きですが、より私らしくいられる気がして最近はもっぱら明るい色を選ぶことが多いです。ヘアはみんなで並んで写真を撮る場合の小顔見えを意識して、オールアップにはせず、ダウンかハーフアップに。ダウンのときはヘアをサイドに寄せて、いつもと同じに見えない工夫を」。

  • テーブル越しに上半身の写真を撮ることも多いお呼ばれシーンは、ヘアメイクや顔まわりのアクセサリーで盛り上げて。自分の顔立ちを知ってコンプレックスをフォローし、長所を上手く生かしているのもおしゃれに慣れたアラサーならでは。読者モデルのリアルなテクニック、参考にしてみてくださいね。
  • NOLLEY’S 【a.v max/エーヴィーマックス】 チョーカーネックレス (5023N) ¥8,500+税

  • France Luxe パステルエナメルキャスケード ¥9,500+税

  • Mila Owen 【BAILA6月号P209絵美里さん着用】タッセルチャームピアス ¥3,800+税
撮影/佐々木文哉 ヘア&メイク/YUMBOU<ilumini.> 取材・文/野崎久実子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up