【手土産どうする?】大人数だっておまかせ♡ 東西美味あんこ

2018-05-22 20:00
  • 楽しみな予定とともに頭をよぎる、"手土産どうする問題"。中でも悩むのが、集まる人数の多い日。金額が高くなると気を使わせてしまうし、切り分けたり配るのが大変だと時間もかかってしまいますよね。

    大人数への手土産は「手頃な値段で・分けやすく・何より美味しい!」を満たしたい。気を使わせず、ちょいとつまめてワイワイ盛り上がれる、カジュアルな集まりにピッタリの東西2店をご紹介します!
  • 東西の"東"は、錦糸町に本店のある「山田家」の人形焼き。目を引く可愛いタヌキは1個108円というお手頃価格♡ 卵とハチミツがたっぷり使われたカステラと、軽くてさらりとしたこし餡(でもしっかり甘い!)の組み合わせが最高。多めに買っていったはずなのに、気づけば箱が空……ということもしばしば。(狸と三笠は餡あり・紅葉は餡なしなので、ミックスだと餡子の苦手な人も手を伸ばしやすいと思います。餡子好きな集まりなら、狸だけ詰めた箱も可愛い)

    開ける前の包装はこんな感じ。ファンも多いお店なので、開ける前から「山田家! 好き!」と盛り上がることも。フォトジェニックなんて言葉が流行るずっと前から、フォトジェニック狸たちがずらりとお店に並んでいたと思うとなんだか微笑ましい(笑)。本店以外だと錦糸町テルミナやスカイツリータウンなどでも購入できるようなので、気になったら公式サイトをチェックしてみてくださいね。

    東西の"西"は、大阪堂島にある「出入橋 きんつば屋」。父から、子供のころ祖父が買ってくるこのきんつばを楽しみにしていた、という話を聞いてふと調べてみたら、創業がなんと1930年! 山田家のファニーな狸に比べると可愛さは半減? いえいえ、この質実剛健なビジュアルもまた良いんです。松竹座や新歌舞伎座など、舞台に立たれる方がスタッフ差し入れとして大量購入することもあるそう。中は甘さ控えめの粒餡なのですが、これがもう、本当に何個でも食べられる美味しさ。食べる日はいつも、「今日はダイエット休みってことで」と言っています。10個1100円。

    歴史を感じさせる化粧箱も、食べる前から期待がふくらみます。材料は小豆、砂糖、小麦粉、塩、寒天のみ。パリっとした薄皮のなかから大きな粒を残した餡があらわれ、ほろっと口のなかでほどける食感は、一緒に食べている人みんなで盛り上がること確実! 店内に食べられるスペースがあるので、手土産分+1個買って食べていくのも楽しい時間。賞味期限は当日中なので、買ってそのまま持参するのがベストです。

  • ともに保存料や添加物などは一切なし。最初に挙げた「手頃な値段で・分けやすく・何より美味しい!」を軽々クリアするこの2店。大人数への手土産に迷ったときは、候補リストに入れてみてくださいね。(編集やまみ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords