毎月、一日のお愉しみ。朔日餅って?

2016-05-01 18:00
  • GW、昨日より帰省しております。地元は三重県伊勢市なのですが、この時季の青々と生い茂る緑と青い空のコントラストが美しく、また早朝にお伊勢参りをするにもベストなシーズンです。もしまだGWどこへ行くか決めていない、どこかへ行きたいけど決まっていない方は是非!

    そして今日は5月1日。朝から親戚が素敵な土産を持ってきてくれたのでご紹介。

  • 花菖蒲を描いた伊勢千代紙の包装も素敵
  • 皆さんご存知の赤福が毎月一日だけ販売している朔日餅(ついたちもち)です。普段より早く起きて、神宮へお参りする「朔日参り」というならわしが残っており、無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお祈り。この朔日参りに合わせ販売されたのが「朔日餅」です。発売開始は昭和53年のこと。元日を除く毎月朔日(ついたち)に限り販売しています。
  • 新葉が育つまで親葉が枯れないという柏
  • 5月の朔日餅は柏餅。こどもの成長と子々孫々の繁栄を祈る意があるそうです。赤福らしい甘さ控えめのこし餡が入り、とっても美味しかったです!

    (編集K)

  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords