1000万に近づくための秘訣をレクチャー【3000円投資で目指せ1000万円!】

2019-05-01 18:00
  • 新米ライター・あやかが、3000円で始める投資に挑戦。1000万円に近づくための疑問を家計再生コンサルタントの横山光昭さんに伺いました。

    前回の記事はこちら
  • 新米ライターあやか
    スーパーバイラーズ 高橋夏果さん
    昨年BAILAでライターとしてデビュー。今年30歳。共働きの安心感からか、節約・貯金意識が低く、現在1歳の子どもの教育資金が今から心配。

  • さらに!! 1000万円に近づくためのQ&A

  • 投資
  • Q「手数料」はかからない?
    「販売手数料」と「信託報酬」が低いものを選ぶのも大切
    投資信託の主な手数料は、購入時にかかる 「販売手数料」と、運用中ずっとかかる「信託報酬」。「長期投資では、この信託報酬を安く抑えるのが、ポイントになります。その点、バランス型やインデックスファンドなら、販売手数料が無料の商品もありますし、信託報酬も1%以下がメイン。その点でも長期投資向きです」
  • Q 想定利回り3%より10%がいいのでは?
    初心者は堅実に、年3~5%での運用を狙うのがおすすめです
    投資信託の利回りとは、預金でいう金利のようなもの。年何%の利益を狙うかを決め、運用実績がそれに近い商品を選ぶのが基本。ただし、実際には想定どおりにならないケースもあるので注意。 「10%などの高利回りの商品は値下がりリスクも大。初心者は堅実に、3~5%を狙って」

  • Q できるだけ早めに貯める秘訣はある?
    貯める目的や目標額を設定するか否かで成果が変わります
    「意外と重要なのが、貯める目的と目標額を明確にすること。『15年後に教育資金を500万円』とか『老後までに3000万円』という具合。具体的な目標があれば、モチベーションが上がり、ムダ遣いが減るうえに、『今月は余裕があるから、そのぶん投資に回そう』という気にもなり、貯まりやすく」
  • 教えてくれたのは…
    家計再生コンサルタント 横山光昭さん
    マイエフピー代表取締役。これまで15000人以上の家計を再生。メディアでも活躍。著書多数で、『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)は60万部超のベストセラー!

撮影/細谷悠美 取材・文/村上早苗 ※BAILA2019年5月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords