丹波篠山のリノベーションカフェ&ギャラリー。秋のお出かけは兵庫・篠山へ①【関西のイケスポ】

2016-09-16 18:30
  • 時間が止まったようなノスタルジックな空間
  • 大阪市内から車や電車で約1時間、兵庫県の中東部に位置する篠山(ささやま)市は、豊かな自然に恵まれた田舎町。
    黒枝豆や篠山牛、篠山米など、食材の豊富さでも有名で、毎年10月の週末に開催されるグルメイベントは、最寄りの高速道路の出口から渋滞ができるほど!

    2011年頃から移住者も増え、マルシェなども開催されるようになって、第一次篠山ブームが到来。今回ご紹介するギャラリーカフェ「コリシモ」は、まさにその先駆者的存在の店なんです。
  • 絵に書いたようなかわいい木造の建物。小学校の向かいにあります。
  • 篠山の西の端、丹波焼で有名な今田町に「colissimo(コリシモ)」がオープンしたのは2012年の春。旧郵便局舎をリユースした週末だけのギャラリーカフェです。

    誰かに届けるための大切なものを預かり、引き継ぐために人が集い、通った郵便局。だからコンセプトは「次世代へつなぎ、残したいもの」、「colissimo」という名前はフランスの郵便小包から名付けられました。

    2階のギャラリースペースでは、写真や絵画、陶芸などの展示をはじめ、トークショーや料理教室など多くのイベントを開催してきました。2013年には近所に姉妹ギャラリー「rizm(リズム)」もオープン。元米蔵という広さを活かしてライブや上映会など、「colissimo」での展示とリンクしたイベントを開催。

    小さな里山にある雰囲気あるギャラリーは、アーティストにとっても面白い展示空間で、年を重ねるごとに「え?こんな人が篠山で個展を?」というような、名の知れたビッグなクリエーターも訪れるように。
  • 急な階段を上がるとギャラリーが。展示内容によって印象がガラリと変わる。
【colissimo(コリシモ)】
住所:兵庫県篠山市今田町下小野原3の7 
営業時間:11:00〜18:00 月〜木曜休
☎079(506)3101 

取材・文/天見真里子 写真/佐藤純子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords