Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. みんなの婚活

本当に幸せな結婚をするために。既婚者に聞いた【結婚の条件9つのカード】

お金、思いやり、顔…。結婚したいと考えたとき、相手に求める条件は何ですか? 結婚歴の長い先輩たちから「何を条件に結婚したか」を教えてもらいました!

年収

1/9

誠実さ

2/9

顔・身長

3/9

生活力

4/9

肩書・学歴

5/9

思いやり

6/9

親・兄弟・親戚

7/9

フィーリングが合う

8/9

体の相性

9/9

【年収】お金がないと生活できない!
やっぱりお金は大事!「年収は必須。愛情だけではおなかいっぱいにならないから」(44歳・パート)、「年収は大事ですが、平均あればいいと思ってました」(43歳・事務)と、額の大きさではなく、暮らすうえで必要な年収があるかどうかを見ている人が多かった
【誠実さ】相手を信頼するために必要
「元カレが女好きだったので、浮気やギャンブルの心配がないことを重視」(35歳・マーケティング)。噓をつかないことや浮気をしないことは長く結婚生活を送るうえで最重要。「年収など努力でなんとかなることよりも、人柄を条件にしたほうがいいと思った」(37歳・営業)
【顔・身長】毎日見るものだから
見た目は好みに越したことがない!「ケンカしたとき、"でも顔が好きなんだよな"と思えればちょっと楽なので」(36歳・コンサルタント)、「自分が背が高いので自分より低い人は絶対に嫌だった、今思えばどうでもいい条件だったと思うけど」(35歳・事務)
【生活力】すべて自分頼みは困る
「共働きのため家事分担したかった」(43歳・老健職員)、「なんでも自分でできることは絶対に必要。私がいないとごはんも作って食べられない、洗濯機は回せるけど干し方がわからないような人だと困る」(34歳・パート)。すべての家事が自分負担、というふうにならないように
【肩書・学歴】努力の物差しとして
「学歴や肩書はそれなりに努力した結果だと思うので、努力ができるかの物差しにしていた」(35歳・公務員)、「結婚相手のスペックでコンプレックスを持ちたくないと思い、誰でも知ってる大学を出て、誰でも知ってる会社に勤めてることを条件に」(36歳・SE)
【思いやり】大事にし合える関係が◎
重視度1位はこちら。「相手を思いやる気持ちと価値観が同じレベルであることは譲れなかった。これだけは違ったからといって急には直せないから」(48歳・専業主婦)。大きな問題が出てきたとき、しっかり話し合い、相手のことを考えるにはお互いの思いやりが不可欠
【親・兄弟・親戚】結婚は、家と家の結びつきという側面も
家族との関係はストレスになりがち。「私が親と友達を大切にしているので、相手にもそれを求めていました。価値観のなかでも基本中の基本かな、と思って」(46歳・事務)、「親が同居を求めないような状況であること」(46歳・パート)
【フィーリングが合う】一緒に過ごすからには
一緒にいて楽な気が合う相手は、結婚生活を続けやすい!「当時は若かったので、年収や職業は特に条件に思わず、一緒にいて楽しいかが重要だと思っていました」(40歳・販売員)、「家族として長く一緒に過ごすには、お互いが自然体でいられることが大事」(45歳・専業主婦)
【体の相性】ストレスをためないため
意外と大事になってくるという体の相性も、条件に入れている人がちらほら。「体の相性は重要だと思う。相性が悪いと互いにストレスになり、セックスレスや離婚の原因になる」(35歳・パート)
年収
誠実さ
顔・身長
生活力
肩書・学歴
思いやり
親・兄弟・親戚
フィーリングが合う
体の相性

撮影/フルフォード海  イラスト/本田佳代  取材・文/東美希構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン