Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【2019年名品ニット8選】プロお墨付きのクオリティと人気がすごい!

BAILAきってのおしゃれプロたちをうならせたハイクォリティのニットとは? ベーシックの定番として毎年買い足す人が多いハイゲージニットや、すっきりとしたシルエットで誰でもバランス美人になれるショート丈ニットなど名品が続々。今年の秋冬ワードローブを更新する前に要チェック!

「SLOANE(スローン)」のシルクハイゲージニット

シルクハイゲージニット

「ベーシックなのに絶妙なバランスで決まる。コーディネート力の高さに信頼を寄せています」(ライター 東原妙子さん)
最高級シルク100%の上質感とベーシックを極めたフォルムで、トレンドに左右されない普遍性に人気集中。新色が出るたびに買い足す人も。ほのかな透け感がさりげなく女らしく見せてくれるのもうれしい。¥29000/スローン

「GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー)」のオーバーサイズタートルニット

オーバーサイズタートルニット

「ゆるシルエットなのに女っぽく映える名品中の名品。後ろ姿のきれいさにもほれぼれ」(ライター 野崎久実子さん)
ブランドを代表するベストセラー。ゆったり感としっかり立ち上がるハイネックのバランスにこだわり、体型問わず着映えする。立体的な美ラインで、後ろ姿にも自信。¥28000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)

「ebure(エブール)」の袖コンニット

袖コンニット

「ボリュームスリーブでも甘すぎないバランスはさすが。大人のフェミニンを表現できます」(スタイリスト 川上さやかさん)
素材や編み方、シルエットをアップデートし、今季3シーズン目のヒット作。ボリューム袖が華やかで、フェミニン派にもピッタリ。イタリアの高級ウールの質感や少しコンパクトなボディが、洗練見えに直結。¥29000/ebure

「YLÈVE(イレーヴ)」のショート丈ニット

ショート丈ニット

「着丈短めでハイウエストとも合わせやすい。身長が高くても迫力が出ず、すっきり見えるんです」(編集 Y)
ボトムを選ばないショート丈ときれいに首に沿うネックラインで、誰でもバランス美人に。袖をたくし上げるとシルエットが変わり、着こなし方で新鮮なバランスが生まれるのも魅力。¥48000/アングローバル(イレーヴ)

「AURALEE(オーラリー)」のウールリブVネックニット

ウールリブVネックニット

「毎シーズン買い足すほど好き。浅めのVと心地いいフィット感で体がきれいに見えます」(スタイリスト 天水沙織さん)
毎シーズン人気絶大なウールリブニットは、新色のミントグリーンが素敵。こだわりのシルエットはもちろん、首もとをきゃしゃに見せるVネック、裾や袖口のスリットによって驚くほど細見えすると評判。¥29000/オーラリー

「Deuxième Classe(ドゥーズィエム クラス)」のハイネックニットワンピース

ハイネックニットワンピース

「ボディラインを美しく見せ、計算いらずで女っぽい。リッチ感のある色出しもこのブランドの真骨頂!」(編集 K)
糸からこだわったカシミヤタッチ素材がラグジュアリー。ストンと落ちるドレープがかったシルエットと、ムードのあるベージュが女らしさの要。¥36000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス)

「ATON(エイトン)」のファーカシミヤロングカーディガン

ファーカシミヤロングカーディガン

「コート感覚で着られる暖かさ。毛足が長く、コーデをリュクスに仕上げてくれます」(スタイリスト 松村純子さん)
ファーカシミヤシリーズのしっとりとした肌ざわりが、デビュー以来おしゃれプロを虜に。無縫製のホールガーメントで編み立てたなだらかなフォルムは、着流しただけで絵になる。¥55000/エイトン青山(エイトン)

「HYKE(ハイク)」のミドルゲージクルーネックニット

ミドルゲージクルーネックニット

「体に沿う編みの技術や肩の落ち感など、ミニマルななかにこなれて見える要素が凝縮!」(スタイリスト 斉藤くみさん)
絶妙な立体感が評判を呼び昨年ヒットしたニットが、今年も登場。肩から袖口にかけて細く施されたリブ編みによって、体にきれいになじむのが特徴。クリーンな存在感が大人の日常にジャスト。¥39000/ボウルズ(ハイク)

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/川上さやか 取材・原文/榎本洋子 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載