Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【捨哲学】トレンド重視のワードローブを自分らしいスタイルにシフト

スーパーバイラーズ下里朋美さんのワードローブをスタイリスト吉村友希さんが徹底的に仕分け! トレンドを追いかけ、スタイルが定まっていなかった下里さんのワードローブ。トレンドアイテムとベーシックアイテムを同じくらいの割合で残すことで、抜け感のある大人っぽいスタイリングがしやすくなったようです。

ひざ丈フレアスカート

「いろいろなテイストがあり洋服好きとわかります」と吉村さん。「合わせを考えずにトレンド服を買ってしまうんです」

目指すはトレンド要素をしぼってスタイルある女性に

【仕分けポイント】

アウターやスカートなど旬な丈感はキープ

①アウターやスカートなど旬な丈感はキープ

「今季は引き続きアウターもスカートもロング丈がメイン。このアウターはビッグなシルエットも丈感も今っぽいので残しましょう」

下里朋美さんのワードローブ

②シーズンごとに手放すトレンドをチェック!

「トレンド好きであれば、過ぎたトレンドも把握を。少し前にはやったエスニック柄は処分し、きれい色スカートはキープ」

トレンド服とベーシック服を1:1にする

③トレンド服とベーシック服を1:1にする

「オフショル&プリーツスカートなど、上下トレンドアイテムで固めず、ベーシック服を混ぜるなどさじ加減が必要です」

【手放すワードローブはこちら】

OUT

「エスニック柄ワンピやオフショルトップス、切りっぱなしデニムにチュールつきプリーツなど、流行が過ぎたものは手放して。白スカートは素材が厚く春らしくないため処分」

【クローゼットに残すワードローブはこちら】

Keep

「今シーズンも人気のベージュアイテムは、アウターも含めすべてキープ。華やかな色合いやタイトなスカートも残し、下里さんの持つ女らしさが生きるクロゼットに」

残した服だけで、よっしーがスタイリング!

ワントーン

軽快なワントーンで洗練された着こなしに

「ニットのセットアップを上下でまとめたら、ビッグトレンチをサラッと羽織ってこなれ感を底上げ。服に色がないぶん、大きめの柄バッグで大人ならではの遊び心を」(コメントすべて吉村さん)

スウェットとスカート

華やかなスカートの甘さをスウェットとスニーカーで中和

「スカートとあえてテイストが異なるスウェットを投入し、カジュアルダウンさせて抜け感を楽しんで。ハズしのスニーカーも、下里さんの持つしゃれた雰囲気を引き立ててくれます」

ジャケットでハンサム

さりげなく肩かけしたジャケットがハンサムな女らしさへと導く

「ジャケット自体がトレンドのシルエットなので、決めすぎると“頑張ってます感”が前面に出てしまいます。ボトムは挑戦せずに、シンプルなタイトスカートを合わせると素敵」

下里さんの感想は?

「あまり得意ではなかったベーシックなアイテムを合わせることで今までしたことのない力の抜けた大人っぽさが出ました!」

撮影/目黒智子(人)、坂田幸一(物) ヘア&メイク/KITA〈nord〉、YUMBOU〈ilumi.ni 〉 スタイリスト/吉村友希 取材・原文/道端舞子 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※クレジットのないものは本人もしくはスタイリスト私物です ※BAILA2020年3月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン