Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. グルメ

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #6】トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”

美のセンスは美以外の場面でも自ずと比例してしまうように、ビューティ界隈にはお料理上手さんがいっぱい。そこで、キレイなあの人たちのおうちレシピをご紹介。第6回は、トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”です。

水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”

「少しづつ残っている野菜をライスペーパーで巻いたら、気分もあがるサラダスティックができたので、鶏肉をプラスして栄養バランスとボリュームをアップさせました。カラフルな野菜はビタミン、紫キャベツはポリフェノール、鶏肉でたんぱく質、もちろん食物繊維も取れるので栄養バランスのいい一品に。生春巻きは慣れるまで崩れてしまったりするので面倒と思いがちですが、慣れてしまえば水でさっと戻せるので簡単。野菜や鶏肉をアボカドに変えたり、紫キャベツの代わりにブロッコリースプラウトにしたりと、好きなものや残り野菜でのアレンジも自在です」(水井さん) 

材料(2人前・4本分)

水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻” 材料

A)

鶏むね肉     100g
パプリカ(黄・赤)4/1個
紫キャベツ    1枚
レタス      1枚
人参       4/1
万能ねぎ     4本
ライスペーパー  2枚

B)

鶏むね肉    100g
きゅうり    4/1本
水菜      5/1束
ライスペーパー  2枚
 

作り方

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #6】トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”_3_1

1/3

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #6】トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”_3_2

2/3

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #6】トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”_3_3

3/3

1)鶏むね肉は料理酒(分量街)をふって、電子レンジで5分ほど加熱してそのまま冷まし包丁で1㎝幅程度に切り分ける。パプリカ、レタス、紫キャベツ、きゅうり、にんじんは千切りにしておく。水菜、万能ねぎは12~14㎝ほどに切る(ライスペーパーの大きさによって調整を)。ライスペーパーに水をくぐらせ、手前3~5㎝ほどをあけて、それらを並べる。
2)手前から具を押さえながらひと巻きしたら端を内側におり最後まで巻く。ライスペーパーがもどってしまうと巻きにくくなるので、野菜を並べたら手早く、がポイント
3)巻き終わったら、食べやすい大きさに切り分けて完成。スイートチリソースやゴマだれなど、お好みのソースで召し上がれ。
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #6】トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”_3_1
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #6】トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”_3_2
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #6】トータルビューティーアドバイザー水井真理子さんの“夏野菜のビューティ生春巻”_3_3

構成・文/渡辺敦子〈BAILA〉

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン