Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【30代スタイリストが私服でアンサー!Q&A 9】マスクのおしゃれ、差がつくプロの技をチェック!

 旬と日常感を両立したスタイリストの私服にはマネしたいテクニックが満載! 個性の異なる3人が、同世代の共感でお悩みを解決します! 今回はマスクのおしゃれをレクチャー。彼女たちはマスクコードやテープを使ってアクセ感覚で楽しんでいるよう。

吉村友希さん

吉村友希さん


身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。

石田 綾さん

石田 綾さん


身長160cm。旬アイテムや話題のブランドをキャッチし、日常のおしゃれに落とし込むのが上手なスタイリスト。ハイ&ローMIXも得意、猫2匹と暮らし、愛称は“あやちゃん”。

門馬ちひろさん

門馬ちひろさん


身長167cm。元セレクトショップスタッフの経験を生かした、まねしやすく好感度の高いフェミニン提案が得意なスタイリスト。愛称は“もんちゃん”、体型悩みにも親身に対応。

《必需品で気分を上げるなら》

Q.「マスクのおしゃれ」プロの選択が知りたい

A.なじんで使いやすいベージュのマスクコードを使い始めました(吉村さん)

ベージュのマスクコードを使用する吉村さん

「コードのベージュの色みが自然で、ニュアンスベージュのマスクとも服ともなじむのが選んだ理由。仕事上、マスクはロゴなど主張するものをつけづらいので、さりげなく、便利な新アイテムに自分らしさを投影して。“ミュラー”のマスクコードは、過去のコレクションの材料から再利用されて作られたもの。そんな生産背景にも共感」。マスクコード/ミュラーオブヨシオクボ マスク/エニー ロンT/オーラリー チェーンブレス/ハム

A.顔まわりがシンプルなときにはマスクのテープをアクセ感覚で(門馬さん)

マスクのテープをアクセ感覚で楽しむ門馬さん

「耳の後ろで結んだテープの先端が、長くたれる布マスクを、シンプルなニットワンピのポイントに。普段は白い不織布マスクを選びがちですが、デザインが控えめでカジュアルな服なら、少し存在感のあるマスクを合わせても素敵。30代におすすめなのはシックさと華やかさのバランスがとれているもの。サラッとした生地感のベージュは、顔にも服にもなじみやすいと思います」。マスク/プラージュ ワンピース¥29000/ティッカ

A.シルク素材の花柄マスクは肌当たりのやさしさもうれしい(石田さん)

シルク素材の花柄マスクを使用する石田さん

「初夏ごろにオンラインで購入した、花柄のマスク。フランスのシルクランジェリーブランド“バサラ”のもので、肌ざわりやつけ心地のよさはさすがのひと言。マスク自体に光沢もあり華やかなので、シンプルなブラックのニットに合わせました。手抜き感が出ないよう、中に白Tを仕込み、きゃしゃなゴールドのネックレスをプラスして」。マスク/バサラ ニット/ジェームスシャルロット Tシャツ/ヘインズ ネックレス/ココシュニック

撮影/中田陽子〈MAETTICO〉 ヘア&メイク/TOMIE〈nude.〉(吉村さん)、沼田真実〈ilumini.〉(石田さん、門馬さん) 構成・原文/三橋夏葉〈BAILA〉 ※プライス、クレジットのないものは私物です ※BAILA2021年1月号掲載

【BAILA 1月号はこちらから!】

【30代スタイリストが私服でアンサー!Q&A 9】マスクのおしゃれ、差がつくプロの技をチェック!_4
【30代スタイリストが私服でアンサー!Q&A 9】マスクのおしゃれ、差がつくプロの技をチェック!_5

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン