Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー、吸湿発熱機能つきオーガニックコットン肌着( #買ってよかったもの2020)

ニットやブラウスなどの下に着るインナー、いわゆる“ババシャツ”が手放せない極寒シーズンがやってきてしまいました...今年の冬はとくに、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅やオフィス・お出かけ先・移動の交通機関など、あらゆる場所で徹底した換気が行われており、室内にいても外気の冷たさにさらされる辛さは万人共通。アウターもインナーも、自分の生活環境にしっかり合う防寒対策を工夫する必要があります。

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー、吸湿発熱機能つきオーガニックコットン肌着( #買ってよかったもの2020)

衣服内の汗や湿気を吸収して熱に変える“吸湿発熱”性質を持つ生地を使ったインナーが各ブランドから発売され、群雄割拠の大人気っぷりを博していますが、肌の水分や油分をギュイギュイ吸い取って温感へと変える性質を持つ化学繊維タイプのものだと、超乾燥肌や敏感肌の方には少々刺激が強すぎるのか、かえって粉フキレベルに乾燥してしまったり、かゆみや肌荒れ、ブツブツ吹きでものetc.、さまざまな肌トラブルに悩まされたりしませんか...わたくしエディター沖島がズバリそんな体質なんですけれども(もともとアトピー性皮膚炎だったりしますし; "p')。しかし、同じ“吸湿発熱”性質を持っていても、吸収っぷりがマイルドなコットンやシルクなどの天然素材モノであれば症状がだいぶマシになることから、“天然素材で肌にやさしい・ちゃんとあったかくなる・着ぶくれしない・お求めやすいお値段”の4大条件をクリアする商品をあちこち探していたところ、なーんと我らが【無印良品】にあるではありませんか!!! それが今回ご紹介する「綿であったかインナー」シリーズです。
(左)綿であったか Uネック八分袖Tシャツ¥790(←¥990から価格見直し)・(右)綿であったか ハイネック長袖Tシャツ¥790(←¥990から価格見直し)/良品計画(無印良品)

【備考】店頭では、プラスチック製→紙製パッケージに絶賛切り替え中!

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー、吸湿発熱機能つきオーガニックコットン肌着( #買ってよかったもの2020) 髪パッケージ

なお、地球資源の循環化および廃棄物削減のため、さまざまな取り組みを進めている【無印良品】では、2020年春夏シーズンから、インナー商品のパッケージを、プラスチック製から紙中心のものに絶賛切り替え中。2020年12月現在、写真(↑)の紙パッケージのものと、沖島が購入したプラスチック製のものが混在している店舗もありますが、中身は同じですのでご安心ください◎。

【無印良品】「綿であったかインナー」ってどんな商品?

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー、吸湿発熱機能つきオーガニックコットン肌着( #買ってよかったもの2020)

「あったかいのにかゆくならなくて大変よき(* "p')b♡」というTwitter上での高評価を目にし、エディター沖島が購入したのは「綿であったか Uネック八分袖Tシャツ」(左)と「綿であったか ハイネック長袖Tシャツ」(右)の2タイプ。農薬や化学肥料を3年以上使っていない土壌で育てたオーガニックコットンを使用した肌着です。サイズはXS・S・M・L・XLの5サイズ、色はチャコールグレー・ライトベージュ・オフ白・ブラックの4色展開。2020年秋の価格改定対象商品で、従来の¥990から¥790にお値下げしたのもポイント高し◎。
(左)綿であったか Uネック八分袖Tシャツ¥790(←¥990から価格見直し)・(右)綿であったか ハイネック長袖Tシャツ¥790(←¥990から価格見直し)/良品計画(無印良品)

婦人「綿であったか Uネック八分袖Tシャツ」チャコールグレーを着てみた!

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー 婦人「綿であったかUネック八分袖Tシャツ」

身長166㎝の沖島、Mサイズを着てみました。
綿自体、もともと湿気を吸収して発熱する天然の機能性素材。「綿であったかインナー」シリーズは、この綿本来の力を高める特殊な加工を施し、化学繊維を使用した一般的な発熱インナーと比べて、発熱温度をなんと25%もアップさせたそう。また、綿は肌の水分や油分を過剰に吸収することがないので、乾燥しがちな冬の敏感肌に優しいんですって。さらに、綿は帯電しにくい性質があるため、ウールニットなどを重ね着してもバチバチ静電気が起きにくいのも◎。綿ってすごい!

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー 婦人「綿であったかUネック八分袖Tシャツ」

また、首裏のタグがなく、品質表示のラベルを生地裏側に直接プリント、脇の縫い目をなくすことでごろつきを抑えるetc.、肌に当たって痛めそうな箇所をなるべく減らす工夫が随所に施されています。

婦人「綿であったか ハイネック長袖Tシャツ」オフ白を着てみた!

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー 婦人「綿であったかハイネック八分袖Tシャツ」

首長族・沖島にとって必要不可欠なハイネックデザインもあって歓喜♡ こちらもMサイズを着ています。婦人(ウィメンズ)の「綿であったかインナー」シリーズにはほかにもタンクトップ・VネックTシャツ・はらまきつきショーツ・十分丈レギンスがありますが、いずれもごく薄手の生地なので、アウタートップスとして1枚で見せて着るには心もとないかも...(とくにオフ白やベージュ)。あくまで重ね着用インナーとしてのご着用をおすすめします。

【無印良品「綿であったかインナー」】SNSで大評判の“最強ババシャツ”着用レビュー 婦人「綿であったかハイネック八分袖Tシャツ」

ネックが高すぎないので、無用にたるんだりせず首にフィットさせてシャキッと着られますし、クルーネックやVネックのスウェットやニット・フーディ・シャツなどの襟もとからチラリとハイネックをのぞかせるレイヤードコーデに大活躍するんです! タートルネックを上に重ねるときは逆に表から見えないのが◎。

天然素材のダブルづかいで温かさもっと♡「綿とウールで真冬もあったかインナー」シリーズも見逃せない!

【無印良品】「綿とウールで真冬もあったかインナー」紳士 綿とウールで真冬もあったか クルーネック長袖Tシャツ」&「綿とウールで真冬もあったか ももひき」

さらに、同じ天然素材のなかでも、保温性・保湿性・吸放湿性に優れたウールを、肌ざわりのよいオーガニックコットンで包んだ「綿とウールで真冬もあったかインナー」シリーズも見逃せません! 冬場ともなると1日中、全身をあちこちポリポリ掻いている超敏感肌&乾燥肌の沖島父(70歳、親子だから似てるんだな...)「綿とウールで真冬もあったか クルーネック長袖Tシャツ」(左)&綿とウールで真冬もあったか ももひき」(右)のセットアップをプレゼントしたところ、それはもういたく気に入って(沖島母談)、自ら【無印良品】公式ネットストアで洗い替えを追加購入していたそうな。電気管理技師をしている沖島父は、氷点下での凍えるような屋外作業に励むときに、この「綿とウールで真冬もあったか」セットアップを愛用しており「使い捨てカイロがなくても耐えられるし、蒸れる感じもないし、かゆくないし、動きやすいし、洗濯しても全然痛まないからいいわ〜(* "q')」と絶賛しているので、父同様に冬場も昼夜問わず屋外でハードワークされる方にぴったりだと思います◎。婦人用もあるので、ぜひチェックしてみてください。
(左)「綿とウールで真冬もあったか クルーネック長袖Tシャツ」¥1490(←¥1990から価格見直し)・(右)「綿とウールで真冬もあったか ももひき」¥1490(←¥1990から価格見直し)/良品計画(無印良品)

以上、長時間着ていてもかゆくなりにくく温かさキープ、乾燥肌さんや敏感肌さんにうれしい【無印良品】「綿であったかインナー」シリーズのご紹介でした。意地でも風邪などひけない厳しい冬をともに乗り越える相棒として、ぜひ日々の着回しローテーションに組み込んでみてくださいね。

【無印良品】「綿であったかインナー」特集サイトへ

※本記事には私物や個人の感想が含まれます。また、掲載されているのは2020年12月23日時点での情報で、状況や店舗によっては未入荷、品切れ、取り扱いの変更、販売日が異なる場合があります。最新の情報は無印良品公式ネットストアサイトにてご確認ください。

取材・文/沖島麻美

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン