Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. ヘアスタイル

【プロセスつき】夏イベントで男子ウケ確実♡ ”モテくるりんぱ”ヘアの作り方

もはやモテ女子の定番となりつつある”くるりんぱ”ヘア。
デイリーにも取り入れやすいけど、下の写真のように、およばれワンピースにもぴったり。
ゴージャスになりすぎないから、結婚式の二次会などで自然体のドレスアップができます。
自分でやっても粗が目立ちにくいのが嬉しいポイント。

これからのジューンブライドの季節、およばれシーンでも全方位ウケを狙うなら、「くるりんぱ」をマスターしない手はない!
【プロセスつき】夏イベントで男子ウケ確実♡ ”モテくるりんぱ”ヘアの作り方_1
左【写真①】・右【写真②】

デイリーにもおよばれにも使える!「基本のくるりんぱ」プロセス

まずは、バイラおすすめの「基本のくるりんぱ」のプロセスを詳しくご紹介。
【プロセスつき】夏イベントで男子ウケ確実♡ ”モテくるりんぱ”ヘアの作り方_2
ほどよく手をかけた感が生まれるから、コーデに"女子足し"したい日にぴったり。【写真③】
【プロセスつき】夏イベントで男子ウケ確実♡ ”モテくるりんぱ”ヘアの作り方_3
①事前にアイロンで全体をねじり巻きしてクセづけ。下めひとつ結びを作ったあと、ゴムをゆるめて通り道を作り、毛先をくるり。
②毛先を通したら、きゅっと毛束をつかんで左右にひっぱり、ゆるみを整えて。後ろから見たとき、この状態がくるりんぱのゴール。
③最後にサイドに流した前髪の一部をつまんで、外巻きにくるくる。毛先をピンで留めて、編まずにねじるだけで可愛げ急上昇!
【プロセスつき】夏イベントで男子ウケ確実♡ ”モテくるりんぱ”ヘアの作り方_4
左【写真④】・右【写真⑤】
(左)およばれには2段のくるりんぱで、手の込んだ印象に見せて。華やかながらもこなれた雰囲気で、今どきドレスアップの完成度が上がる!

(右)男子目線をもっと意識するなら、同世代男子の大好物「ささっとまとめた感じ」と「うなじ見せ」を実践。1回くるりんとした後、毛先をラフに巻き込んでアップにし、自然にうなじ見せ。後れ毛を出して、さらに色気をプラス。

髪が短くてもできる「くるりんぱ」もあり!

ボブヘアでもOKの"くるりんぱ"もあるんです。
髪が短くてもできる「2段くるりんぱ」で女らしさをプラスすれば、普段とのギャップで男子をドキッとさせられるかも!
【プロセスつき】夏イベントで男子ウケ確実♡ ”モテくるりんぱ”ヘアの作り方_5
【写真⑥】
プロセスはこちら。
①髪の根元から全体的にワックスをなじませたあと、耳寄り上の髪を後ろでひとつに結んでハーフアップにし、くるりんぱ。
②その毛先と残りの髪すべてをひとつにまとめ、再度くるりんぱ。
③さらにその毛先をくるりんぱの下にしまい込むように、ピンで留めれば完成。
いかがでしたか?
上で紹介したラフな"くるりんぱ"の毛先をきれいにしまい込んでスッキリ見せれば、水着や浴衣のときのヘアとしても最適。

夏イベントで、女子に”おしゃれ”と思わせつつ、男子にモテたいなら、今こそ「くるりんぱヘアマスター」を目指すべし!
【写真①】撮影/水野美隆<zecca> ヘア/Sayuhda<S-14> メイク/水野未和子<3rd> スタイリスト/福田麻琴 モデル/比留川游
【写真②】撮影/遠藤優貴<MOUSTACHE> モデル/加藤あゆみ(スーパーバイラーズ)
【写真③】撮影/内藤啓介 ヘア&メイク/笹本恭平<ilumini.> スタイリスト/辻村真理 モデル/絵美里
【写真④・⑤】撮影/松永大樹 ヘア&メイク/笹本恭平<ilumini.> スタイリスト/高垣鮎美<LOVABLE> モデル/垣内彩未
【写真⑥】撮影/内藤啓介 ヘア&メイク・モデル/毛利仁美<Tierra>

Feature特集