Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【2021春トップス】「甘めブラウス」を30代が楽しむには?糖度の調節はこう!

久々に明るい色やワクワクするようなデザインが豊富なこの春、真っ先に買うべきはトップス! バイラ世代の伊藤真知さん&加藤かすみさんがおすすめするのは「甘めブラウス」。デニムやメンズライクな小物と合わせて糖度を調節すればきちんと大人っぽく着られます。

大げさなくらいが個性になる。あえての糖質ONな《甘めブラウス》

MADISONBLUE《マディソンブルー》

Kasumi's point
「デザインが甘くて色も白の場合、パリッとした素材だとコンサバすぎて難しいことも。洗いがかかっていたり、カジュアル感があるほうが着やすいので、素材選びも大切」


Machi's point
「甘さのさじ加減がわからなければ、トレンド上手なブランドで探すのも近道。メンズっぽいローファーやトレンチなど辛口なアイテムも“締め役”として活用して」

レースブラウスコーデの大政 絢

潔いくらいの甘さがカッコいい。 まずは着慣れたコーデにさりげなく
古着のようなヴィンテージ調の風合いがおしゃれなレースブラウスは、ボトムもカジュアルに振ったほうが好バランス。「定番服に一つ足すだけで、今年っぽくなるのが“甘さ多め”なブラウスの魅力。デニムは基本どんな形でも合いますが、手持ちのスキニーくらいから試してみても」(加藤さん)。ブラウス¥65000/マディソンブルー コート¥52000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) デニムパンツ¥27500/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) バッグ¥84000/エバゴス ピアス¥5800・リング¥6500/ハルミ ショールーム(グレイ) バングル¥18000/ソワリー 靴¥26000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ルカ グロッシ)

Drawer《ドゥロワー》

Machi's point
「これまでになく大きなフリルが登場したり、今季は甘めというより“激甘”ムード。華やか&細見えに効くのも嬉しい」

ピンクのワントーンコーデの大政 絢

あえてボトムにもピンクを。きれい色同士が今年流
大胆な甘ディテールや構築的に進化したシルエットに加えて、この春はきれいな色も特徴のひとつ。「合わせるパンツもおなじみのベージュからピンクへ。これくらいわかりやすく全身で“色”を楽しむほうが、今っぽさには効果的。色×色のときはボトムが淡い色だと下半身が膨張して見えてしまうので、2トーンくらい深い色を持ってくるイメージで」(加藤さん)。ブラウス¥64000・パンツ¥44000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥90000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザンケッティ)

Rouge vif la clé《ルージュ・ヴィフ ラクレ》

Kasumi's point
「ビッグリボンも透け素材なら甘くなりすぎず大人向き。やわらかなトーンで合わせていっそう女性らしい印象に」

デニムと甘めブラウスのカジュアルコーデの大政 絢

頼れるデニムとなら、甘ブラウスもぐっと身近に
「存在感のあるブラウスをほどよくカジュアルダウンし、毎日に着やすくしてくれるのはやっぱりデニム。今季の人気カラーであり、優しげなピンクベージュにもなじむ明るいブルーが狙い目」(伊藤さん)。リボンは前でも結べる2way。ブラウス¥18000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) デニムパンツ¥33000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥16800/ショールーム セッション(YAHKI) ピアス¥4500・バングル¥7500/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ)

《受け皿ボトムは》

受け皿ボトムはパンツがベスト

パンツがベスト。甘さが悪目立ちしないようにトーンや表情を合わせて
上にボリュームがあるぶん、すっきり決まるパンツが◎。ただしブラウスの主張が強いからとシックな色で落ち着かせようとすると、かえって甘いディテールが奇抜に見えてしまうことも。ブラウスになじむ明るめの色やカジュアルなデニムなど、どこか軽やかさのあるものを選ぶのが正解。※モデル着用分と同じ(右から)パンツ¥44000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) デニムパンツ¥33000/サザビーリーグ(マザー) デニムパンツ¥27500/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)

教えてくれたのは…
伊藤真知さん

エディター

伊藤真知さん


本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーディネートや真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。

加藤かすみさん

スタイリスト

加藤かすみさん


本誌の特集、表紙をはじめ、広告やカタログまで幅広く手がける人気スタイリスト。センスと理論に基づいた着こなし術にはファンも多数。

撮影/魚地武大〈TENT〉(物)、渡辺謙太郎(人) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/大政 絢 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年3月号掲載

【BAILA 3月号はこちらから!】

【2021春トップス】「甘めブラウス」を30代が楽しむには?糖度の調節はこう!_5
【2021春トップス】「甘めブラウス」を30代が楽しむには?糖度の調節はこう!_6

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン