Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

【 #SexyZone #菊池風磨 】Sexy Zone 菊池風磨スペシャルインタビュー<後編>【BAILA × Jの鼓動】

類いまれなほどにまっすぐで男気にあふれ、自然体。妄想家でもありながら俯瞰する力もあって、引きが強い男。飾らない素の自分で魅せるSexy Zone 菊池風磨さんのインタビュー、今回は後編です。 

Sexy Zone 菊池風磨スペシャルインタビュー<前編>

Sexy Zone・菊池風磨

BAILA×Jの鼓動 菊池風磨(Sexy Zone)

菊池風磨


きくち ふうま●1995年3月7日生まれ、東京都出身、A型。Sexy Zoneのメンバーとして、2011年11月にCDデビューを果たす。正義感が人一倍強く、男らしい兄貴肌でグループを支える。現在、「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系 土曜20時~)にレギュラー出演中。

“嫌われてもいい”精神で多くの人から慕われる、素の生き方!

相手の立場にかかわらず、媚びることもおもねることもしない。苦しいことがあっても、負けず嫌いがゆえ言い訳もしない。菊池さんはデビューから一貫して、自分の中のポリシーを守り続けている。

「僕はちょっと変わっていて、“誰からも嫌われてもいい”と思って人と接しています。嫌われることに臆してないんですよ(笑)。もちろん、人づきあいをするなかで、礼儀や失礼にならないように気をつけていることはたくさんあります。ただ、媚びたり、相手の顔色をうかがったりするのはすごく苦手……。無理をして交友関係を広げる必要はないし、自分のことをわかってくれる友人、先輩方が何人かいてくれれば充分なわけで。ただ、直感で興味深いと思える人と出会ったときは別。自分のすべてを見せるようにしています。信頼関係を築くためには、自己開示が必要だと思ってるんです。まずは相手に信用していることを伝えないと。その気持ちが届けば自然と距離が縮まっていくからね」

義理人情に厚く、丁寧に綿密に向き合って、受け入れて、自分の一部にしていくのが菊池流。

「いろんな方に会う機会が多い仕事をしているわりに、実は人見知り……。そのくせ人が好きだから、やっかいでして(笑)。バラエティ番組は、台本や流れもあるので、スイッチをONモードに自然とできる。それよりも初めての美容院や、番組の打ち上げでとかのほうが緊張しまくり。結局小心なんですよね。普段うろたえたりしないのに、そこだけはなんか動揺しちゃいます。とはいえ、社会人になって、人見知りは通用しない。言葉のキャッチボールを大切にしながら、いい空気感をつくれるような男になっていきたいです」

「人が大好きだからこそ、慣れない人にも100倍エネルギーを使ってでも分かち合いたい」

ドラマ「書けないッ!? 〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜」

テレビ朝日系 土曜23時30分〜放送中
出演/生田斗真、吉瀬美智子、菊池風磨(Sexy Zone)、小野武彦、梅沢昌代ほか

細々と執筆を続けながら、ベストセラー作家の妻や子どものために家事全般を担う吉丸圭佑(生田)に、ひょんなことから千載一遇のチャンスが。執筆と家事・育児に奮闘する家族の絆を描くマイホームコメディ。さらに、菊池さん主演の配信オリジナルストーリー「書けないッ!?スピンオフドラマ ~大学生 仙川俊也の筋書きのない人生~」が、動画配信プラットフォーム・TELASA(テラサ)で配信決定!

取材・原文/山中ゆうき 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 撮影協力/TITLES〉※BAILA2021年3月号掲載

【BAILA 3月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン