Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

30代がデニム感覚ではける「ちょい太ブルーパンツ」、こんなに着回せる!

どんなトップスにも違和感なく合わせられて、印象チェンジも簡単。そんな実力派パンツをこの春のおしゃれの盛り上げ役に。着慣れたカジュアルをアップデートするなら「ちょい太ブルーパンツ」がおすすめ。

今どきカジュアルに有効!《ちょい太ブルーパンツ》

なじみのいい淡めのブルーとちょっぴりゆとりのあるシルエットが着慣れたカジュアルを新鮮な表情に刷新。デニム感覚で楽しめる新生カジュアルパンツ。

AURALEE《オーラリー》

オーラリの《ちょい太ブルーパンツ》

きれいな落ち感を実現する上質なサマーウールを使用。ツータックで腰まわりをカバー
腰まわりはゆったりと仕上げ、ひざ下から裾にかけてゆるやかにしぼった絶妙なテーパード。深めの股上で脚長効果も期待できる。春夏用に作られた繊細なウールは軽く、シワになりにくいところも高ポイント。¥37400/オーラリー

+ネイビーカーデ

ブルーのテーパードパンツとアンサンブルとスニーカーのコーデ

くすみブルーの洒落感で、はっとするほど鮮度高く
レディなアンサンブルとスポーティなスニーカー。テイストの異なる二つのアイテムは、カジュアルだけど上品なブルーパンツを橋渡し役に。パンツ/上と同じ カーディガン¥26400・ニット¥20900/スローン カチューシャ¥18700/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) ピアス¥25850・ブレスレット¥46200/ロードス(ドーラ) バッグ¥97900/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥31900/ティースクエア プレスルーム(デイト×ウィム ガゼット)

辛口カジュアルが今っぽく!

ボーダーTと太めのテーパードパンツコーデ

ゆるボーダーで今っぽさが漂うフレンチシックを満喫
オーバーサイズが今年らしいボーダーTとコーディネート。ブルー×白の爽やかな色合わせを、太めのテーパードシルエットがスタイリッシュな表情に導いて。マリンキャップやミニバッグなど大人に似合うカジュアル小物で味つけすれば洗練感アップ。パンツ/上と同じ カットソー¥17600/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) 帽子¥9680/ストラ バッグ¥31900/ベータ(エド ロバート ジャドソン) 靴¥57200/シップス 有楽町店(ペリーコ)

太めのテーパードパンツとロゴTに薄手のジャケットを重ねたコーデ

ジャケット×ロゴTのレイヤードにちょうどいいこなれ感を
ロゴTに薄手のジャケットを重ねた休日仕様の着こなしに。メンズライクなバランスもやわらかなブルーのおかげで、女らしさがほんのり際立って。パンツ/上と同じ ジャケット(4月上旬入荷)¥47300/ebure GINZA SIX店(ebure) Tシャツ¥6600/ゲストリスト(アッパーハイツ) ストール¥36300/RHC ロンハーマン(スロー フォー RHC) バッグ¥25300/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥74800/シップス グランフロント大阪店(マルティニアーノ)

撮影/渡辺謙太郎(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/宮田聡子 取材・原文/野崎久実子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年4月号掲載

【BAILA 4月号はこちらから!】

30代がデニム感覚ではける「ちょい太ブルーパンツ」、こんなに着回せる!_5
30代がデニム感覚ではける「ちょい太ブルーパンツ」、こんなに着回せる!_6

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン