Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【大人のTシャツコーデ】Tシャツが今年顔になるパンツ&スカートのトレンドコーデまとめ!

簡単に今っぽくなれて、ストレスフリーで過ごせる、“賢い”Tシャツが一枚あれば、もっとカジュアル上手になれるはず! スタイリスト石関靖子さん&エディター伊藤真知さんが選ぶ大人に似合うTシャツは「黒T」と「フォトT」。きれいめに着られるのでテレワーク時代の頼れる味方に!

<目次>

1.Tシャツに合うスカートコーデ

【黒Tシャツ】ハンサムな黒T×可愛い白ボトムで春に新鮮なモノトーンカジュアルに

《トクするPOINT》

「白と比べるとカジュアル度が低めで、お仕事にも着やすい黒。一枚ではもちろんインナーとしても大活躍するからこそ、長い目で見て“ちょっといいもの”を」(石関さん)

「透けず、ひびかず、着やせて見えたりと、実用性の上でもやっぱり黒は安心! 地厚すぎず、ほんのり光沢を感じるようなきれいめな質感が大人にはぴったり」(伊藤さん)

スローンのTシャツコーデの山本美月

《T-SHIRT》SLOANE(スローン)
こだわりのコットンで仕立てた上質な黒だからこそ、白スカートと合わせても幼く見えず、ちょうどいい甘さとカジュアルさに。「ボリュームボトム合わせなら、Tシャツはややタイトめなほうが好バランス。SLOANEはサイズが豊富で、自分に合うものが見つけやすいのも魅力です」(石関さん)。Tシャツ¥9680/スローン スカート¥45100/ポステレガント カットソー¥7700/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) ピアス¥35200・ネックレス¥38500/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥64900/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ポーチ(オレンジ)¥6930/エイチ ビューティ&ユース(マリア ラ ローザ)

【フォトTシャツ】メンズっぽさ漂うフォトTは、あくまで女っぽい味つけで

《トクするPOINT》

「大人気のフォトTは、一瞬で着こなしを今年っぽく変えられるトレンドアイテム。モノクロの風景画くらいの控えめなものが初心者にも取り入れやすく、おすすめ」(石関さん)

「そのまま着るだけで“映える”からこそ、マスク&テレワーク時代には頼れる存在。大きすぎないフォトを選んでおけば、インする日もバランスよく着こなせます」(伊藤さん)

ティッカのフォトTシャツコーデの山本美月

《T-SHIRT》TICCA(ティッカ)
「今年らしいゆるめのフォトTは、細身のスカートにインしてルーズに見せないのもコツ。アクセは女っぽさが高まるゴールド一択で」(伊藤さん)。Tシャツ¥9790/ティッカ ジャケット¥30800/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) スカート¥19800/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥96800/デミルクス ビームス 新宿(ヒロタカ) ネックレス¥14300・ブレスレット¥11000/カレンソロジー 青山(ローラ ロンバルディ) バッグ¥29700/ショールーム セッション(mica della valle) 靴¥85800/イウエン マトフ 横浜店(プロエンザ スクーラー)

【ネイビーTシャツ】好感度抜群のネイビーTは、おちゃめなムードで一歩差を

《トクするPOINT》

「黒と同じく、きちんと感がありつつよりフェミニンに仕上がるネイビーT。きれいな色とも相性がいいので、コーディネートの幅が広がるというよさも」(石関さん)

「ロゴや洗いがかかった素材など、デザインで遊べるのも上品なネイビーだからこそ。旬のブルーと合わせてワントーンコーデが作りやすいので、今季は出番も多いはず」(伊藤さん)

 

マディソンブルーのネイビーTシャツコーデの山本美月

《T-SHIRT》MADISONBLUE(マディソンブルー)
「ネイビーそのものに充分品のよさがあるので、無地ではなくロゴT、アクセもゴールドとシルバーを混ぜて動きを出したりと、初夏らしいアクティブなムードを取り入れて。一見カジュアル感が強く、難しそうなバケットハットも実はフェミニンな服に似合い、バイラ世代にも使いやすいトレンドなのでひとつ持っておいても」(石関さん)。Tシャツ¥27500/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(MADISONBLUE) スカート¥52800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥13200/アダム エ ロペ(メゾン ド リリス) ピアス¥63800・ネックレス¥204600・バングル¥148500/ホワイトオフィス(GIGI) バッグ¥107800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

2.Tシャツに合うパンツコーデ

【イエローTシャツ】ほぼワントーン感覚のイエロー〜白で淡色Tを大人っぽく

《トクするPOINT》

「まろやかな“たまご色”も合わせる色を選ばない万能色。一枚持っているだけで、手持ち服が新鮮に着られます」(石関さん)

「ブラウスやニットでは難しいこともあるイエローもTシャツなら身近に。顔まわりがパッと華やぐので薄メイクでいきたい夏日にも重宝」(伊藤さん)

 

ビューティ&ユースのイエローTシャツコーデの山本美月

《T-SHIRT》BEAUTY&YOUTH(ビューティ&ユース)
「目線アップとメリハリに効く柄シャツや大ぶりアクセもアクセントに効果的。スニーカーでもスタイルよく」(伊藤さん)。Tシャツ¥4950/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) パンツ¥28600/トゥモローランド(BACCA) 肩に巻いたシャツ¥28600/エイチ ビューティ&ユース(インディビジュアライズドシャツ) ピアス¥97900/エスケーパーズオンライン(SOPHIE BUHAI) バングル¥94600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥13200/アダム エ ロペ 靴¥6380/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

【グリーンTシャツ】新顔のオリーブ色に挑戦! ジレを使えば、冒険カラーも簡単に

《トクするPOINT》

「気分を上げてくれる冒険カラーこそ手ごろなユニクロ ユーが狙いめ。カラバリが多く、サイズも豊富なので毎シーズン何枚も買っています」(石関さん)

「その年らしさを象徴する“新色”は定番ボトムのリフレッシュに最適。1000円ジャストとは思えないほど高見えする素材もお気に入り」(伊藤さん)

 

ユニクロ ユーのグリーンTシャツコーデの山本美月

《T-SHIRT》Uniqlo U(ユニクロ ユー)
初めての色を着るときやそもそもTシャツが苦手など、一枚では心もとないという場合は+ジレがおすすめ。「羽織るだけで洒落て見えるし、単純に色の面積が減らせるのでカラーTも着やすくなるはず。一枚目ならベージュや黒のひざ上丈がベスト」(石関さん)。Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) ジレ¥28600/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジャーナル スタンダード レサージュ) デニム¥20900/トゥモローランド(レッドカード) サングラス¥14300/スローブ イエナ 自由が丘店(AIM×スローブ イエナ) イヤリング¥6600/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ネックレス¥20900(ivi)・靴¥52800(ネブローニ)/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町 ブレスレット¥23100/エストネーション(ペリーヌ タヴェルニティ) バッグ¥53900/アマン(ア ヴァケーション)

【ロゴTシャツ】遊び心あふれるカラーロゴでまじめなジャケットを日常に

《トクするPOINT》
「ジャケットやトレンチといった堅いものを和らげて、着やすくしてくれるロゴT。今年は断然カラーロゴが推しですが、秋冬まで使うことを見据えてシックな色を」(石関さん)

「ラクに羽織れてきれいめなジャケットを春アウターに選ぶ人も多い今季は、ロゴTもセットで持っておくと便利。主張しすぎない細めの書体が大人向き」(伊藤さん)

 

ヨランダ エドワード フォー ロンハーマンのロゴTシャツコーデの山本美月

《T-SHIRT》YOLANDA EDWARS for Ron Herman(ヨランダ エドワード フォー ロンハーマン)
「色使いや書体のちょっとした差がセンスを分けるロゴTは、一度に見比べられるセレクトショップが狙い目。特にカジュアルが得意なお店は頼りになります」(伊藤さん)。Tシャツ¥9900/ロンハーマン(ヨランダ エドワード フォー ロンハーマン) ジャケット¥101200/ポステレガント パンツ¥55000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) メガネ¥37400/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥24200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス(パール)¥29700/カドー伊勢丹新宿店(カドー) (チェーン)¥17600/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(フィリップ オーディベール) (コイン)¥30800/ホワイトオフィス(GIGI) バッグ¥37400/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) 靴¥17050/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)

ロゴTシャツコーデの山本美月

【白Tシャツ】ときにはショーパンで潔く! 着慣れた白こそ、今年らしいスタイルで

《トクするPOINT》

「シーズンレスで万能な白は、長く使える上質な素材がマスト。メンズも含めて幅広いサイズ展開も嬉しいATONは多少値段は張りますが、その価値は大!」(石関さん)

「前後差のある長めのラウンドヘムでアウトして着てもサマになるデザイン。リブのない丸首で重ねやすかったり、アレンジのしやすさも白Tには不可欠」(伊藤さん)

 

エイトンの白Tシャツコーデの山本美月

《T-SHIRT》ATON(エイトン)
「何にでも合い、どんなふうにも着こなせるのが白Tの醍醐味。せっかくならきれい色のアウターやショーパンといった“流行りもの”と合わせて、今年ならではのアップデートを」(石関さん)。Tシャツ¥15400/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) ジャケット¥137500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ショートパンツ¥36300/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥30800・バングル¥61600・リング¥46200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥42900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(へリュー) 靴¥41800/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジェーン スミス)

二人が厳選!
石関靖子さん

スタイリスト

石関靖子さん


雑誌や広告のほか、モデルやタレントからの指名も殺到の超人気スタイリスト。遊びのある上品カジュアルに定評が。

伊藤真知さん

エディター

伊藤真知さん


本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーディネートが好評で、私服スタイルも人気。

撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/石関靖子 モデル/山本美月 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年5月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン