Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. メイク

【イガリシノブさんの溺愛コスメ】メイクの常識をアップデートできるコスメ5選

毎日のようにリリースされる美容の新商品。その中でも、美容のプロたちが一目置く、私的名品コスメとは? ヘア&メイク イガリシノブさんが「冒険心を持ってアップデートを」とおすすめする愛用コスメはこちら!

メイクルールの常識にとらわれず冒険と発見でアップデートを

WHOMEE アイシャドウパレット R.P

Nuzzle WHOMEE アイシャドウパレット R.P

熱を持った視線を作る赤み系グラデーション
「3色を混ぜてまぶたを囲み、さらにその上から右下を重ねると、じんわりと温度感のある色っぽい目もとに。実はどんなカラーマスカラ、カラーラインとも相性バッチリ。気取った感もないので、デイリー使いもしやすい」。締め色なしの赤茶系グラデーション。自然な立体感をかなえてくれる。¥1980/Nuzzle

ジルスチュアート ビューティ ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 12

ジルスチュアート ビューティ ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 12

くすみカラー効果で抜け感も小顔も手中に
「チーク+シェーディングを同時にかなえる“チーディング”カラー。この落ち着いたくすんだプラムが、肌に血色感と同時に引き締め効果も担ってくれる! 肌の内側へとコンパクトに入れることで、顔面積を必然的に小さく見せてくれます」。大人っぽいプラム×ベージュの組み合わせ。にじみ出るようなナチュラルな発色。¥4620

BABYMEE ニュアンスカラーマスカラ ボルドーブラウン

Nuzzle BABYMEE ニュアンスカラーマスカラ ボルドーブラウン

瞳のフレームを強化しさりげなく印象的に
「茶色よりも目もとに深みや色っぽさを与えてくれるボルドーブラウン。ほんのりくすみがかっているので、肌浮きすることなくデイリー使いしやすい。瞳の色を印象的に見せる効果も」。短毛ブラシで産毛までキャッチし、根元からボリュームアップ。水や汗にも強く、お湯でするんとオフ。¥1408/Nuzzle

M・A・C ストロボクリーム シルバーライト

M・A・C ストロボクリーム シルバーライト

太陽下でも室内でも映えるツヤ肌に
「内側から発光するような透明感を、簡単に自分のものに。色つきではないので、悩みに合わせたコントロールカラーと合わせてオリジナルのツヤ肌にするのもおすすめ。おでこや頰ゾーンに入れれば、自然とメリハリ」。シルバーパール配合で、ナチュラルな立体感をかなえてくれるツヤ系下地。49g ¥4950

hince ムードインサーマット インディケート

hince ムードインサーマット インディケート

さりげないのに洒落感をかなえるニュアンスローズ
「テクなしでむっちりとした立体感をかなえるテクスチャー。この質感を生かすためにも、上唇から直塗りするのがおすすめ。頑張りすぎていないのに、きちんとメイク感も出るのがお気に入り」。深みと品のよさを演出するディープローズベージュ。ワンストロークでなめらかにのびるソフトマット質感。¥2350

教えてくれたのは
イガリシノブ

ヘア&メイクアップアーティスト

イガリシノブ


独自の視点と発想から生み出されるメイクテクは、国内のみならずアジアでも大ブーム! 化粧品ブランド、「WHOMEE」「BABYMEE」のプロデューサーも務める。

時代の変化とともに、コスメもメイクもどんどん進化していて。昔習った当たり前も、もはや当たり前ではなかったりする。だからこそ、この変化を柔軟に受け入れていくことが鮮度を高めるコツだと思うんです。たとえば、赤みシャドウ=まぶたを腫れぼったく見せることはないし、アイシャドウが締め色でなくてもいい。マスカラもアイライナーも黒である必要はないし、シェーディングを入れなくても小顔に見せられる。自分をアップデートするためにも、大切なのは冒険と発見。新色を使ってみたり、いつものメイクに足し引きをしてみたり。私にはコレと決めつけず、一歩踏み出してみる。そうすれば、新たな自分を見つけられたり、振り幅を広げられるかも!

撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/谷口絵美 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン