Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. ヘアスタイル

【30代の新・巻き髪お悩みQ&A】ちょうどいいコテの太さって?マスク時代のポイントは...?

今の時代を反映したおめかし方法として再注目の“巻き髪”。旬のムードが手軽にかなう、最新メソッドをヘア&メイク輝・ナディアさんが伝授します! 今回は「いつもトップがぺちゃんこ…」「ちょうどいいコテの太さがわからない」etc.のお悩みにアドバイス。

<目次>

Q.巻いてもトップがぺちゃんこで決まらない…

A.ドライヤーの当て方が間違ってます!
「寝グセなどで根元がつぶれたまま髪を巻いても、ふんわりとしたボリューム感は出ません。とはいえ、コテで無理に根元部分を動かそうとするとやけどしてしまうので×。巻く前に一度根元をウェットにしてドライヤーを当て、しっかりと立ち上げをつけましょう」

根元に向かって風を当てること

《1》ハチ上のトップ部分に指を通してつかむように毛束を持ち上げ、引っぱりながらドライを。根元に向かって風を当てること。

顔まわりは上から風を当てて下方向に乾かして

《2》顔まわりは上から風を当てて下方向に乾かして。地肌をこするように指を動かすと、根元のクセがとれて毛流れが整う効果が。

Q.ちょうどいいコテの太さと温度がわかりません

A.太さは26mm、温度は180℃がおすすめ
「細いほうが動きが出やすくもちもいいので、26mmを推奨。また、コテは髪に触れると温度が50℃ほど下がるため、手早くしっかり巻くには180℃に設定を。ただし、コテ初心者、ハイダメージ毛、毛が細い人は120〜130℃で」

クレイツ エレメアカール 26mm

ミネラルを含むプレミアムクレイツイオン®が水分バランスを整えながらカールを作成。エレメアカール 26mm ¥13200/クレイツ

パナソニック カールアイロン 26mm イオニティ EH-HT12

マイナスイオンで表面をコーティングし、つややかな巻き髪に。カールアイロン 26mm イオニティ EH-HT12 オープン価格/パナソニック

Q.髪が傷みそうで怖いです

A.保護剤をしっかりつけることで防げます
「髪の水分が不足した状態でコテを当てるとパサつきの原因に。表面をコートする保護剤や内側に潤いを与えるミストを塗布してドライダメージの予防を。オイル系は高温になりやすいので、熱を加える前に塗るのは避けて」

ナプラ N. ベースヘアスプレー 1

熱から髪を守り、スタイルを保持。ツヤ出し効果も。N. ベースヘアスプレー 1 160g ¥1760/ナプラ(美容室専売品)

コーセー スティーブンノル ハイドロリニュー ミスト モイスチュアリペア

髪を補修して潤いをキープする美容液ミスト。スティーブンノル ハイドロリニュー ミスト モイスチュアリペア 250ml ¥1430(編集部調べ)/コーセー

Q.スタイリング剤を使ってもうまく決まりません

A.毛先や表面だけでなく、くしゃくしゃと中までつけて
「内側までワックスをつけないと、動きがつぶれてボリューム不足に。ワックスを手にのばし、襟足から上に向かってクシャッとかき上げるように塗布を。スプレーは全体が固まると不自然に見えるので、顔まわりのみオン」

マンダム ギャツビー ムービングロックスプレー エクストラハード

ゴワつくことなくディテールをキープする優秀スプレー。ギャツビー ムービングロックスプレー エクストラハード 170g ¥880/マンダム

フィッツコーポレーション オーシャントリコ ヘアワックス クレイ

少量でものびがよく、立体感のある動きを作成。オーシャントリコ ヘアワックス クレイ 80g ¥1650/フィッツコーポレーション

Q.マスク時代のポイントは?

顔まわりの毛は耳にかけるのがベター

A.顔まわりの毛は耳にかけるのがベター
「マスクで顔の見える範囲が狭まるため、顔まわりの毛束を耳にかけて抜け感を出しましょう。片耳だけor両耳、毛先を後ろに流すor毛先は前に残す、などのバランスによって印象が変わるので、気分に合わせてアレンジを」

教えてくれたのは
輝・ナディアさん

ヘア&メイクアップアーティスト

輝・ナディアさん


ヘア&メイクアップアーティスト。旬を反映した柔軟な感性に明確な理論を携え、本誌をはじめ様々な媒体で活躍中。

(モデル)トップス¥12100/トゥモローランド(ボールジィ) ピアス¥38500/UTS PR(ルフェール) インナー/私物

撮影/イマキイレカオリ(人)、新谷真衣(物) ヘア&メイク/輝・ナディア〈Three PEACE〉 スタイリスト/内堀悠香 モデル/佐藤さき 取材・原文/真島絵麻里 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン