Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. Lifestyle

【無印良品】耐熱ガラスピッチャー、一人暮らしで買うなら0.7Lがおすすめ!便利&インテリアシフトも楽々。

おうち時間が増えているから、冷蔵庫の飲み物はマスト。気温が上がってきて、喉の渇きを頻繁に感じる季節ですよね。

大きいペットボトルを買うのは荷物になるし、ネットで箱買いしたら置き場所に困ることも…。とはいえ、飲みきれないからと小さいサイズを買うのはエコじゃない。そんな悩みを解決してくれるのが、無印良品の耐熱ガラスピッチャーです。

無印良品の耐熱ガラスピッチャーは、1Lと0.7Lのサイズ展開。0.7Lは一人暮らしにちょうど良いサイズ。冷蔵庫が小さくても、0.7Lなら冷蔵庫の中で場所を取りません。

好きな飲み物を作って冷やしておけば、いつでもリラックスタイムのお供に。飲み物だけでなく、出汁を入れておいて料理に活用したり、花瓶の代わりに花を飾ったり。

幅広く活躍してくれる耐熱ガラスピッチャーは、一人暮らしの心強い味方です。

【無印良品】コンパクトが嬉しい♡耐熱ガラスピッチャー

分解した耐熱ガラスピッチャー

無印良品の耐熱ガラスピッチャーは、0.7Lが絶妙なサイズ感。新鮮なうちに飲みきれる量ですよね。

1Lのガラスピッチャーより高さがないので、冷蔵庫の中に立てて置けるのが便利。冷蔵庫のポケットがいっぱいでも大丈夫です。

耐熱なので、熱いお湯を気にせず注いでも安心。冷蔵庫に保管するときは、常温になるまで冷ましてくださいね。

ガラスピッチャー本体は手を入れられるので、洗うときも簡単。蓋とパッキンが分解できて衛生的です。

【無印良品】耐熱ガラスピッチャーでドリンクを冷やしてティータイム♪

紅茶を入れたガラスピッチャー

アイスコーヒーやハーブティーを作って、冷蔵庫で常備しておくのに最適な耐熱ガラスピッチャー。ペットボトルで飲み物を買うより、お財布にも環境にも優しい。

友達が遊びに来たときは、冷蔵庫からテーブルへさっと移動させるだけ。見た目がスタイリッシュなので、生活感がなくおしゃれです。

時間が無いときには、水出しのアイスコーヒーや紅茶の活用を。出勤前にティーバッグと水を入れて冷蔵庫へ。仕事から帰ってきたら、すぐにお気に入りの飲み物でほっと一息付けますよ。

 

【無印良品】料理の味をワンランクアップ!ガラスピッチャーで出汁を常備

出汁を入れたガラスピッチャーとそうめん

耐熱ガラスピッチャーは、保存容器としても大活躍。出汁を作って冷やしておけば、お蕎麦やそうめんを食べるときの麺つゆをグレードアップできるんです!水で割るより出汁を使った方が本格的。旨みが強くなって、お蕎麦やそうめんがどんどん進みます。

出汁を常備しておけば、料理を作るときにも便利。肉じゃがや親子丼、味噌汁などの和食がお店の味に近づきますよ。

【無印良品】ガラスピッチャーにお花を飾っておしゃれなインテリアに♡

花を生けた耐熱ガラスピッチャー

耐熱ガラスピッチャーは、蓋を取るとおしゃれな花瓶に変身。フラワーショップにある花瓶のようなフォルムなので、お花との相性はばっちり。

一人暮らしをしていると、プレゼントでお花を貰ったときに、花瓶がなくて困ることも。そんなときにはガラスピッチャーを花瓶として使いましょう。

お花好きなら、あえてお花用に1つ購入しておくのも◎490円なので、花瓶よりリーズナブルです。お花を飾ってテーブルやチェストに置けば、スタイリッシュなインテリアに。コンパクトで場所を取らないので、扱いやすいですよ。

一人暮らしの強い味方♪無印良品の耐熱ガラスピッチャー

無印良品の耐熱ガラスピッチャーは、一人暮らしのお役立ちアイテム。0.7Lの小ぶりなサイズで、運ぶのも楽々♪分解して洗えるので衛生的です。

暑い日は、映画やドラマを見たり、本を読んだり、おうち時間を充実させたいもの。好きな紅茶やコーヒーをガラスピッチャーに入れて冷やしておけば、ティータイムがすぐにスタート。サイドテーブルに置いてもコンパクトですよ。

耐熱ガラスピッチャーが気になった方は、無印良品の店舗かオンラインストアをチェックしてみてくださいね。

 

耐熱ガラスピッチャー 約0.7L

490円



取材・文/大江佳子

※記事中の価格はすべて税込み表記です。
※テキストには私物・個人の感想が含まれます。また、価格や在庫状況を含む商品情報は2021年6月17日時点でのものです。
※商品もしくは店舗によって取り扱いのない場合があります。

無印良品 公式サイト
大江佳子

Webライター

大江佳子


「心と体が喜ぶ生活」を心がけるライター。便利なアイテムを収納や料理に取り入れるのが得意。息抜きは旅行やラグジュアリーなシティホテルへのお泊まりです。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン