Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

スタイリスト佐藤佳菜子さんの夏スタイルが素敵すぎる♡  シンプル派必見の小物使いをチェック!

今の空気が漂うベーシックスタイルが得意な“さとかな”ことスタイリストの佐藤佳菜子さん。“シンプルだけど、なんだか素敵”な女性像に近づける、さとかな流小物テクとは? シンプル服に遊びの効いた小物…さとかなのワードローブをお手本に!

Characterized Accessories

「印象的になりたいけど、奇抜にはなりたくないのが大人心。だからこそ、シンプル服にキャラ濃いめの小物でトレンドをちょい足し、くらいがちょうどいいんです。顔まわりのアクセは重心を高く見せる効果もあり、小柄な私には必要不可欠」

さとかなの小物1

(右から)スニーカー/デイト×ウィム ガゼット 茶メッシュベルト/アルテア 黒ベルト/エルメス ベージュミュール/ロランス オレンジサンダル/ネブローニ 配色クラッチ/ベアトリス ビーズバッグ/ヌキテパ(すべて私物)

さとかなの小物2

(上から)キャップ/ジャーナル スタンダード レリューム べっ甲風サングラス/アイヴァン 7285 オレンジサングラス/アンドアザーストーリーズ カーキカチューシャ/ザラ カラフルネックレス/トゥモローランドで購入したインポート フープピアス/ロンドンの雑貨屋で購入 シルバーチョーカー/オーダーメイド 球体ピアス/ソワリー チェーン状イヤカフ/アンセム フォー ザ センセズ シルバー楕円形イヤカフ・ゴールドイヤカフ/スタージュエリー(すべて私物)

Simple Wardrobe

「長年スタイリストとして多くの服とふれあうなかで信念にしているのは、“普通の服に飽きない”自分でいること。読者の皆さんが仕事に着ていけるような、日常をベースにした品のあるスタイルを提案し続けたいと思っています。私自身のワードローブも、シーズンによってフォルムを更新することはあれど、ベーシックでコンサバな服が中心だし、色合わせもワントーンが定番。そこに、小物で遊ぶ余裕が生まれるんです」

さとかなのワードローブ1

(右から)ワンピース/ユナイテッドアローズ ベージュパンツ/アンクレイヴ グレーチェック柄パンツ/イザベル マラン(すべて私物)

さとかなのワードローブ2

(右から)ショートパンツ・白ブラウス・ベージュ半袖ニット/アンクレイヴ 黒×白メランジニット/ブラミンク ボーダーカットソー/オーラリー(すべて私物)

“シンプル服に小物で遊ぶ”さとかなのワードローブがお手本!

遊び心たっぷりのカラーバッグも色をつないで洗練コーデに
by SATOKANA

カラーバッグの色をつないで洗練コーデのさとかな

「このバッグは一見カラフルで派手だけど、黒と白とベージュが使われていて、実はすごく合わせやすいんです。インパクトのある小物も、自分にとっての基本色を含むデザインなら絶対使えるので、ぜひトライしてみて。服に白、帽子にベージュ、足もとにはオレンジと、バッグの色をちりばめるのが統一感アップのコツ」。カーディガン/アニエスベー カットソー/ノーク パンツ/ボールジィ ハット/プラステ ピアス/コス バッグ/ベアトリス 靴/ネブローニ

旬度も女らしさも盛り上げる上品カチューシャが万能です
by SATOKANA

サッとつけてスッキリ小洒落るカチューシャが活躍

「マスク生活の今、特に活躍しているのが、サッとつけてスッキリ小洒落るカチューシャ。髪を切ってより身近になりました。可愛らしさのあるアイテムなので、マニッシュなパンツ×ローファーのスタイルに効かせるくらいが大人っぽくて好き」。トップス・パンツ/アンクレイヴ サングラス/アイヴァン 7285 カチューシャ/アレクサンドル ドゥ パリ ピアス/ソワリー バングル/グリン 時計/カルティエ バッグ/フルラ 靴/J.M.ウエストン

カチューシャスタイルのさとかな

顔の近くは“コンパクト”に。ワンピスタイルがスラッと決まる
by SATOKANA

小物で視線を上に誘いワンピの縦ラインを強調したスタイルのさとかな

「球体ピアスとイヤカフ、首もとに沿うチョーカーで視線を上に誘い、ワンピの縦ラインを強調。これなら華やぎもバランスアップもかないます」。ワンピース/ユナイテッドアローズ チョーカー/オーダーメイド ピアス/エナソルーナ イヤカフ/スタージュエリー バングル/グリン 時計/カルティエ バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/ピッピシック(すべて私物)

球体ピアスとイヤカフ、首もとに沿うチョーカー
教えてくれたのは
佐藤佳菜子

スタイリスト

佐藤佳菜子


さとかなの愛称でおなじみの敏腕スタイリスト。ジュエリーや小物使いに卓越したセンスが光る、洒落感たっぷりのベーシックを提案。156cmと小柄ながらバランスのとれたスタイルも注目の的。

撮影/金谷章平(人)、魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/佐藤佳菜子 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※プライスのないものは私物です ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン