Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い
  4. 12星座別・2021年下半期~2022年の運勢

〈蟹座〉の2021年下半期~2022年の運勢は?【鏡リュウジの星座占い】

〈蟹座〉の2021年下半期の運勢と来年の見通しを、鏡リュウジさんの星占いで駆け込みチェックしよう。気になる仕事運も必見。

12星座別・2021年下半期~2022年の運勢 TOPページ
蟹座

自分を変えることを恐れず前向きに楽しんで

《駆け込みラッキーアクション》
✔ 集中する時間をつくる
✔ 趣味を極める
✔ 渡されるものを大事にする

運気グラフ

運気グラフ

《8月》
金運が好調。欲しいものを確実に手に入れたいならこの夏に動いて。衣食住の満足度が気持ちも左右しそうです。

《9月》
恋愛運がうなぎ上り。モテ期です。ただ、仕事などで低迷しやすいため、モヤモヤすることもありそうです。

《10月》
周囲と比べると運気低下。家で楽しむ時間を増やすと心が穏やかに。下旬からは運気も上がってくるでしょう。

《11月》
好調期。結婚運に恵まれ、仕事でもかなり注目される月です。落差が激しくなるので、平常心を大切に過ごして。

《12月》
地道に頑張っていると運気が上向きに。目立たない努力が実を結びます。結婚運は引き続き好調。いいご縁が。

《2022年1月》
結婚チャンスはピークに。トラブルがあってもめげることなく、お互いを信頼し、絆を確かめ合えるでしょう。

《WORK》足もとを見つめ、基盤を固めると運が向いてくる

仕事の基盤を固めることで実力がつく星回り。固めるべき基盤となるのは、仕事上の人間関係のより強固な構築であり、あなた自身のスキルアップでもあります。

それは、まるでなかなか表に出せない長期プロジェクトのように、あなた自身を取り巻く環境を粘り強く変えていく作業。周囲が華々しい結果を出すのを見るたびに、自分は少しも前に進んでいない気がして、ときどき布団の中で歯がみをしてしまうかもしれません。

しかし、星たちはここで焦ってはいけないと伝えてきています。特に10月までは腰を据えて頑張るべき期間。自分の仕事ぶりを見つめ、穴があればペタペタとそれを埋め、乗り越えるべき課題があれば、それに挑むために頑丈なはしごを作っていかなくてはなりません。やっている最中は、自分だけ損をしている気がして、不平不満が顔を出してしまいそう。でも、穴を埋め、課題を乗り越えて大きな山を越えてみれば、あなたは驚くほどゆるぎない実力がついたことに気づくはずです。

それを実感するのは、11月頃になるでしょう。運気が高まり、あなたを表に出そうとする動きが強まるときです。これも一時的なことですが、以前の自分ならとてもやり遂げられそうにない仕事を振られる可能性大。でも、勇気をふりしぼってチャレンジしてみたとき、少し不思議な気持ちになるはず。

というのも取り組んでいる最中に、あなたは「あれ、できる」という感覚を得るから。ここでようやく、積み重ねがもたらす力を実感することができるでしょう。

覚えておきたいのは、そうした華やかな運気は一瞬で、冬には再び努力の時期がやってくること。もう大丈夫だと思うと、肩透かしを食うので慎重になっていてください。自分のテリトリーを出ないようにし、その中で最善を尽くすことがこの下半期に力をつける秘訣だといえるでしょう。

後輩の面倒は、時間の許す限り見てあげましょう。過去に自分も困ったことがあれば、手助けしてあげたり、参考になるような資料を教えてあげたりして。後輩の成長速度が早まっていくはずです。短期的な見返りはあまり期待できませんが、長い目で見れば、あなたを慕ってくれる後輩が増え、何かあったときは支えてくれる存在になるでしょう。

気をつけたいのは、保守的になるあまり、改革を訴える人や気が合わない人に対する陰口を言ってしまうこと。ちょっとした意見のつもりでも、まわりまわって本人の耳に入ったり、上司に聞かれたりする危険があります。思うことがあっても、この下半期はグッとこらえてください。

もし、どうしても目に余ることがあるようなら、上司と相談するか、チームミーティングなどで率直に意見を言うといいでしょう。個人攻撃にならないように配慮しながら、全体の利益になるような提案をすれば、スムーズに受け入れられるはずです。

【2021年下半期~2022年】蟹座の恋愛運は?
鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト:itabamoe ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン