Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い
  4. 12星座別・2021年下半期~2022年の運勢

〈乙女座〉の2021年下半期~2022年の運勢は?【鏡リュウジの星座占い】

〈乙女座〉の2021年下半期の運勢と来年の見通しを、鏡リュウジさんの星占いで駆け込みチェックしよう。気になる仕事運も必見。

12星座別・2021年下半期~2022年の運勢 TOPページ
乙女座

手探りしながらも、大きなチャンスに手を伸ばしていく下半期に

《駆け込みラッキーアクション》
✔ 毎日のストレッチや散歩など体にいいことをする
✔ 計画を立てる

運気グラフ

運気グラフ

《8月》
全体的には落ち込みがちですが、恋や仕事などそれぞれの運が頑張って支えています。小さなことに幸運が。

《9月》
運気はじわじわと上向き。新しい物事にトライすると、状況が好転します。何か新品を下ろすことでも開運に。

《10月》
10月中は土台をしっかりしたものにする努力月。その成果が11月の幸運へとつながっていきます。粘って。

《11月》
恋愛運が爆上がり! 軽妙な会話とともに恋もたちまち進展していくでしょう。噂話に邪魔されるかも。要注意。

《12月》
地に足を着けて進んでいくうちに、手にする幸運の数も増えていくときです。恋も仕事も上り調子。楽しんで!

《2022年1月》
上旬に少し落ち込みますが、すぐ持ち直すので安心。仕事では後輩の面倒を見てあげて。慕われるでしょう。

《WORK》あなたの実力を多くの人に知らしめるとき

確実に進めていける順調運。この下半期は、大きな浮き沈みに惑わされることなく、しっかりと仕事を進めていけるでしょう。

もしかしてチャンスかも、という出来事が8月中旬頃にありそうですが、この好機は消えてしまいやすいかも。一瞬のきらめきに終わりやすく、それを定着させるには地道な努力が必要だという暗示が出ています。もし、まだ機が熟していないと思うようなら、無理せず手放すのも一案。でも逃したくない、これをものにしたいと思える仕事をする機会がやってきたのであれば、入念な準備と本格的な態勢を整えて挑んでみてください。星を味方につけ、新しい芽を根づかせることができそうです。

また、上司や同僚、後輩などの雰囲気を察するのがうまくなり、困っていそうなときにはすぐサポートに入れそう。的確な判断力が信頼を高めそうです。注意しておきたいのは、頼られすぎること。あなたの確かな仕事ぶりを見て、あれもこれもと言ってくる人にはきっぱりと断りを入れることも大事。際限なく仕事を振られて大変な目に遭う可能性がありそうです。きつく言うのは角が立ってしまいそうと心配なときは、謝りつつも決して仕事を受け取らない処世術を身につけること。資料やデータを渡すと言われても「ごめんなさい、とてもできそうにないからほかの人に渡してください」と笑顔で言い続けて、うまくかわしましょう。どんな仕事も「余裕でできる範囲」にとどめることが大切です。

何があってもしっかりと乗り切っていける下半期の乙女座ですが、冬が本格化する直前、一時的にパワーダウンする可能性があります。頑張ろうと思っても意欲がわかず、いつもならすぐに片づけてしまえる仕事も後回しにしてしまいやすいでしょう。そんなときは、予定を組み直して無理をしないようにして。ここで頑張りすぎると燃え尽き症候群に陥って、回復までに時間がかかりそう。逆に、早めに休息をし、張り詰めた心の糸をゆるめておくと、エネルギーを取り戻しやすくなります。どうしてもというときは頑張る必要はありますが、調整できるときは1時間早めに仕事を切り上げ、その日は早寝を。睡眠をとると頭の中も整理され、ずっと考えていても思いつかなかった問題への解決策がパッと浮かびそうです。

パワーアップしてからのあなたは意欲を取り戻し、前のように頑張れるでしょう。年末にかけては生活サイクルを乱さないようにし、計画的に働きましょう。午前中はこの仕事、午後からはこれとおおまかに決めておくと迷いなく仕事を進められます。

また、年明け以降は大きな仕事を任されるようになるかもしれません。慎重派の乙女座は、せっかくの話にも尻込みをしてしまいがち。しかしこの時期ばかりは人にチャンスを譲らず、あなた自身で引き受けてください。身近にいる人たちはすでに認めている実力を広く知らしめられるでしょう。

【2021年下半期~2022年】乙女座の恋愛運は?
鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト:itabamoe ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン