Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い
  4. 12星座別・2021年下半期~2022年の運勢

〈天秤座〉の2021年下半期~2022年の恋愛運は?【鏡リュウジの星座占い】

〈天秤座〉の2021年下半期の恋愛運と来年の見通しを、鏡リュウジさんの星占いで駆け込みチェックしよう。

〈天秤座〉の2021年下半期~2022年の仕事運は?
12星座別・2021年下半期~2022年の運勢 TOPページ
天秤座

《LOVE》恋する気持ちにぴたりとはまる人を見つけて

楽しみながら少しずつ恋の階段を上がっていけるときです。夏の出会いは突然ですが、心のどこかではこの人に出会うような気がしたと感じそう。直感が冴えているときなので、まるで以前から知っていたかのように恋の絆を感じられるはずです。9月にはお互いの価値観をすり合わせ、より距離を縮めていけるでしょう。

2021年下半期の天秤座は、全体を通じて何事もエンジョイすることで運を高めていくとき。ですから、恋も楽しさが最優先になります。相手のことを理解しなくちゃと我慢ばかりしていると、恋を楽しめないだけでなく、運気まで下げてしまいます。

もし、なんだか無理をしているなと感じたら、その相手とは少しの間、距離を置いてみるといいでしょう。楽しめない理由が一時的な仕事の忙しさであったり、相手に原因があることであったりする場合は、時間をあければ解決するでしょう。しかし、会話がかみ合わないとか、何かきれいなものを見ても同じように「いいね」と言い合えないのであれば、価値観の相違。天秤座は美意識の星座でもあるので、美しいものへの感覚が違うと、恋を続けるのは難しいかもしれません。

恋のチャンスは10月にも。ただ、この時期は仕事運も高まっているため、熱い恋をするか、懸命に仕事をするか、どちらに時間を割くかが運命の分かれ目になってしまいそうです。恋の星・金星はコミュニケーション力を高めてくれていますから、会えなくてもSNSで頻繁に連絡をとる、面白いスタンプを押し合って笑い合える関係にしていくなど、工夫をすると恋を育てていけるでしょう。

冬が近づくにつれて、恋したい気持ちはあるものの、自信が失われがちに。素敵な人と出会うためにあれこれ頑張るというよりは、身近にいる落ち着ける誰かと一緒にいたいと思うようになっていくでしょう。この流れは、恋の星・金星がそのポジションを変える、2022年3月頭まで続きます。

ですから、ドキドキするような恋がしたいと思うなら、行動を起こすのは早めに。もし、あまりテンションを上げて恋をするつもりはないというなら、10月くらいからエンジンをかけ、11月から次の春にかけて、ゆっくりと恋を探してみるとよさそうです。

下半期前半は、恋愛への意欲が高い分、あまりドキドキしたり波乱があったりしない恋は物足りないと感じるでしょう。しかし、だんだんとその思いは変化し、何もなくていいから、ずっと近くにいてくれる人もいいなと思うようになっていきそうです。

恋愛のかたちは、運気はもちろん、あなた自身の気持ちによってもぴたりとはまるピースが異なります。いつでも「今の気持ち」に素直になり、その感情に合う相手を探しましょう。ドキドキする人、穏やかな人。どちらもあなたにとっては、忘れられない恋をもたらす、運命の相手なのです。

【2021年下半期~2022年】天秤座の仕事運は?
鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト:itabamoe ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン