Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. 3度の飯よりメイク好き!KIDOSAYAの大人のプチプラコスメ

フェイスラインのたるみにおさらば!‟整形テープ”こと 「小顔キツネリフトテープ」なら60秒でV字輪郭に【KIDOSAYAの大人のプチプラコスメ】

韓流女優並み⁉ フェイスライン専用の整形テープが斬新すぎる♡

プチプラコスメ、「小顔キツネリフトテープ」

こんにちは! 3度の飯よりメイクが好き! な美容ライターの木土さやです。

デパコス系からプチプラコスメ系まで、コスメに対するオタ熱は尽きることなく、むしろ加速していくばかり。
そんな私が、大人になった今だからこそ、自信をもっておすすめしたい! プチプラコスメ界の逸品を紹介していくこのコーナー。

 

今回は、瞬時に輪郭を引き上げてくれる整形テープこと、“小顔キツネリフトテープ”をご紹介します。

たるみが気になるなら…物理的に引き上げればいいじゃない! スゴ腕の「リフトアップテープ」とは

小顔キツネリフトテープの裏面には使い方が書いてあります

年齢を重ねるにつれ、小ジワやシミといった肌悩みだけでなく、たるみやフェイスラインのもたつきが気になり出した…という人も多いかもしれません。

 

私も普段メイクをしながら鏡を見ているぶんには、そこまでたるみは気にならなかったのですが…あるとき、ふと子供の写真に写り込んだ自分の横顔を見て驚愕…! 

メイク中は、鏡越しに自分フィルターがかかっていたようです。(涙)

それからというもの、頭皮マッサージやリフトアップ効果のある美容液を投入しましたが、イマイチ即効性を感じられず…。

 

もっと、物理的に引き上げたい! と思っていたときにコスメパトロールで出合ったのが、“貼って引っ張るだけ V字輪郭に♡”というポップアップ。

V字輪郭といえば、韓流女優やアイドルが頭をよぎります。そして次の瞬間には、レジへ直行! こうして手に入れたのが、「小顔キツネリフトテープ」です。

 

「小顔キツネリフトテープ」は、薄さ0,03mmの透明テープで、頬のたるみなど気になる箇所に貼るだけで、グッと引き上げリフトアップして見せてくれるという、ユニークなアイテム。

 

■商品情報

小顔キツネリフトテープ ¥880/コジット

「小顔キツネリフトテープ」の使い方は?

プチプラコスメ、「小顔キツネリフトテープ」の使い方は?

1.洗顔後、フェイスラインの水分・油分を拭き取る。

2.シートからテープをはがし、Aの粘着面をエラあたりに貼り付け、約5秒指で押さえる。

3.透明フィルムをはがし、Aを押さえながら、もう片方の手で皮膚とともにBを耳のほうに引き上げる。

4.伸ばしたテープを押さえながら、Bのはく離紙をはがし、耳の後ろあたりに貼り付け、約5秒指で押さえて固定させる。

たるみを強力に引き上げ! 「小顔キツネリフトテープ」を試してみた

プチプラコスメ、「小顔キツネリフトテープ」を実際に試してみた

実際に、「小顔キツネリフトテープ」を試してみます。

 

4cmほどの小さなテープですが、引っ張るとぐ~んと伸び、アイテープのような印象です。

 

プロセスの1~3はすぐに出来たのですが、いかんせん4が難しい。成功するまでに数回練習が必要でした…!

 

ですが、テープの位置がバチッと決まると、頬の位置が上がり、両手で顔をV字に持ち上げているかのようにリフトアップして見せてくれます。

韓流女優やアイドルのような、くっきりV字輪郭とまではいきませんが、もたついたフェイスラインがすっきり! 

 

5歳、いえ8歳は若かった頃の小顔をよみがえらせてくれました…!

プチプラコスメ、「小顔キツネリフトテープ」がオススメ

「小顔キツネリフトテープ」を使用した日は、鏡を見るのが楽しくなりました♪ 

髪を思いっきり束ねたときの、あのフェイスラインが引き上げられてキュッと引き締まって見える感覚に似ています。

 

ユニークかつ、強力な助っ人アイテムで、フェイスライン激変を楽しんでみて下さいね。

 

今日もプチプラコスメに心から敬意を…♡

木土さや

美容ライター

木土さや


学生時代の失恋から自他ともに認めるコスメマニアに。モデル・芸能界の仕事を機に、美容好きに拍車がかかり、トータルビューティーを本格的に学ぶ。「美容は女性に生きるパワーを与え、恋愛にまで作用する」をモットーに、ただいま産後老けから絶賛リカバリー中。(社)ジャパン・パーソナル・ブランディング協会認定イメージコンサルタント取得。

コジット公式サイトはこちら

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン