1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ファッションまとめ

【頑張りすぎないのに効く、おしゃれアイディア15】「ふつうの服」のスペシャリスト・スタイリスト佐藤佳菜子が提案!

リモートワークが増え、「出社するときのおしゃれ」の度合い人がわからなくなってきた!という声が続出。目指したいのは、頑張りすぎず、気取っていないのにどこかハッとするコーデ。スタイリストのさとかなこと佐藤佳菜子さん発のおしゃれアイディアを取り入れて、理想の通勤スタイルを実現して!

1.旬度も気分も上げるならどこかに「グリーン」!

手軽に今っぽく印象を変えたいときに、効果的なさし色。中でもグリーンはベーシックカラーに溶け込みやすく、初めてでも取り入れやすいのでおすすめ。これまで人気だったセージやミントといったくすんだ色よりこれくらいパキッとしたグリーンのほうが新鮮だし、大人っぽく見えるので、通勤にも使いやすいはずです。

桐谷美玲 旬度も気分も上げるなら どこかに「グリーン」!

“黒や白に頼らない”のもグリーンをこなれて見せるコツ 
強い色はベーシックカラーと合わせるのが定説。「ただし黒や白とだとコントラストが強すぎるので、グレーやブラウンといった中間色と合わせるほうが、抜け感が出ておしゃれ見えに。全身をまろやかなトーンでそろえておけば、グリーンを重ねていても派手な印象にはなりません」(佐藤さん)。ニット¥26400/フロム スカーフ¥15180/真下商事(ヴィンセンツォ ミオッツァ) パンツ¥17600/アンクレイヴ コート¥ 75900/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) ピアス¥38500・ネックレス¥16500/マリハ バッグ¥27500/オデット エ オディール 新宿店(ジ ャンニ ノタロ キャロル ジェイ) 靴¥59400/アマン(ペリーコ)

2.今ある服を楽しく着るために「チェック柄」を投入

限られた“会社に行ける服”を少しでも楽しく、今年らしく着るために、いつもの無地ジャケットをチェック柄に更新してみるのも手。そもそもジャケットは週に何度も着ることもあるので、「また着てる」と思われないためにも、チェックは地味色くらいが妥当。自分がよく着る色がたくさん入っているものなら、まず間違いありません。

大政絢 今ある服を楽しく着るために 「チェック柄」を投入

クリーミーな配色やアクセで着こなしはとことん女っぽく
「エコレザーのスカートを合わせたり、耳もとや手もとにきちんとジュエリーをつけたり、さりげなくツヤを足すのも女性らしく着るためのひと手間」(佐藤さん)。ジャケット¥90200(コルピエロ フォー エストネーション)・ニット¥19800(エストネーション)/エストネーション スカート¥19800/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ストール¥30800/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アッパーハイツ) ピアス¥36300・バングル¥63800/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥7700/フォーティーンショールーム(イン ムード) バッグ¥42900/トゥモローランド(ヴァジック)

3.襟コンブラウスは“重ねて”春とは違った楽しみ方を

襟コンシャスといってもデザインは様々。だからこそ、冬に向けて重ね着を楽しむなら、襟の持ち味に合わせたインナーやはおりを選び分けるのが大切。同じような色や柔らかい素材など、どこか似た雰囲気でまとめて、襟を悪目立ちさせないのもポイント。そのぶんボトムはシンプルくらいでちょうどいいです。

大襟のインパクトを受け止めるボリュームカーデでバランスよく

大政絢 同系色のカーデでワントーンに

同系色のカーデでワントーンに
襟がなじむ配色も大事。「締め色のカーデを合わせると、かえって襟が目立ちすぎて子どもっぽく見えることも。オフ白~ベージュの淡いトーンで品よく仕上げて」(佐藤さん)。ブラウス¥14300/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ルージュ・ヴィフ アンナ) カーディガン¥26400/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) スカート¥20900/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) バッグ¥20900/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) ピアス¥19800/ヴァンドームヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ) 靴¥17050/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

ぴたっと“密着系”のタートルで 今年らしいレイヤードスタイルに

ぴたっと“密着系”のタートルで 今年らしいレイヤードスタイルに

ほっそりタートルをイン!
「存在感のあるセーラーカラーは、上に羽織るより中に重ねてすっきりと。タートルは薄手でタイトなほうが、レイヤードしたときの見え方もきれい」(佐藤さん)。グレーのニットを軸にパンツや靴&バッグもスモーキーな色合いで、全体をシックにまとめるのが大人流。ブラウス¥31900/ル フィルNEWoMan 新宿店(ル フィル) ニット¥33000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥42900/ロンハーマン(ザ ビューティフル) ネックレス¥57200/エナソルーナ バッグ¥62700/フルラ  ジャパン(フルラ) 靴¥16500/ル タロングリーズ ルミネ新宿店(ル タロン)

やわらかなツイードジャケットが フェミニンなフリルとも好相性

やわらかなツイードジャケットが フェミニンなフリルとも好相性

スタンドカラーをチラ見せ
控えめなフリル襟のブラウスは、ジャケットとも合わせやすいスタンドカラーでお仕事向き。「辛口なテーラードで無理に引き締めようとするのは逆効果。優しいニットのノーカラージャケットで自然な甘さを」(佐藤さん)。ブラウス¥39600/ブランドニュース(シー ニューヨーク) ジャケット¥24200/ラ トータリテ 有楽町マルイ店(ラ トータリテ) パンツ¥9460/ミラ オーウェンルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン) ネックレス¥22000/ヴァンドームブティック 伊勢丹新宿店(ヴァンドームブティック) バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥33000/ベイジュ(ピッピシック)

4.ひと手間で印象一新!時計はあえて“ニットの上”に

細身のニットと時計があれば誰でもできて、今日から使える簡単なテクニック。もちろんどちらも手持ちのものでOKですが、時計はブレスレット感覚でつけられるユニークなデザインを、手頃なものでアップデートしてみても。カラーベルト×カラーニットなど、配色で遊ぶのも気分が上がりそう!

赤茶に映えるキャメルの時計。素肌にするより印象的に

桐谷美玲 ひと手間で印象一新! 時計はあえて"ニットの上"に

ベルトが際立つカラーリングの美しさに加えて、可愛い萌え袖ニット×メンズライクな大きめ時計という意外性にも、ちょっとハッとする組み合わせ。「今はファッションの一部として気軽に楽しめる時計も豊富。高価なものでは避けがちな面白いデザインも積極的に取り入れて、細部からリフレッシュを」(佐藤さん)。時計¥14190/HIROB ルミネ新宿店(クルース) ワンピース¥30800/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ジャケット¥17000/プラステ メガネ¥38500/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥19800・ピアス¥34100/マリハ

5.時間のない朝、コーディネートに迷わない「MYセットアップ」を作っておく

なじませやすく、どう着ても正解。だからこそ意外とコーディネートに悩んでしまうニュアンスカラー。流行りの色で様々なブランドから似たような色が出ているので、私はほぼ同じ色のアイテムを見つけたら、勝手に「MYセットアップ」を作っています。“パーフェクトな二つ”があれば合わせも決めやすいし、セットアップ風ならではの今っぽさも出る。スーツを着るほどのきちんと感が求められないときでもちょっとピシッと見えるので、お仕事にも重宝します。

バターのような黄みを感じるベージュ。目新しい色の力で、シンプルな1+1でも新鮮【BUTTER BEIGE SET】

TICCAのニット CITYのパンツ

イエローとベージュの間のようなまろやかなバターカラーは、流行のニュアンスカラーの中でもとびきり今どきな色。「Vネックのふんわりニットとワイドパンツという見慣れたはずのアイテムも、どことなく目新しい表情。単品でももちろん素敵ですが、セットで着ればなおのことおしゃれに」(佐藤さん)。ニット¥35200/ティッカ パンツ¥23100/ステュディオス ウィメンズ 表参道店(シティ) ストール¥14300/マニプリ バッグ¥35200/ショールーム セッション(ミカ デラ ヴァッレ) 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック)

必ずしも上下でなくたっていい。“ほぼ同色”なコート&ニットの即席セットアップ【GREIGE SET】

FLOMLのコート LE PHILのニット

「MYセットアップを作り始めたのは、手持ちのコートと同色のニットを買い足したら、ボトム選びがものすごく楽になったから。下は基本何でもOKですが、仲間の色ならさらに洗練」(佐藤さん)。コート¥69300/フロム ニット¥37400/ル フィル NEWoMan 新宿店(ル フィル) スカート¥31900/インターリブ(サクラ) ストール¥39600/シップス 有楽町店(アソース メレ) バッグ¥52800/フルラ ジャパン(フルラ) サブバッグ¥6600/エスケーパーズオンライン(オープン エディションズ) 靴¥53900/アマン(アンスクリア)

万能でバリエも多いモカは初めての“MYセット”に最適【MOCHA BROWN SET】

桐谷美玲 JUSGLITTYのカーディガン HÉLIOPÔLEのスカート

ボリューミーなアイテム同士でも品よく着こなせる、モカブラウン。上下で質感を変えることで、ワントーンならではののっぺり感もゼロに。カーディガン¥26400/ジャスグリッティー プレスルーム(ジャスグリッティー) スカート¥16500/エリオポール代官山(エリオポール) ブラウス¥19800/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) バッグ¥44000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ピアス¥13200/エナソルーナ ネックレス¥15400/ヴァンドームブティック 伊勢丹新宿店(ヴァンドームブティック) ソックス¥2970/真下商事(パンセレラ) 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック)

6.万能で出番の多いネイビーパンツは飽きずに楽しめるひと工夫を

通勤ボトムとしては王道のネイビー。いい意味で無難で、使い勝手のいいシンプルな細身パンツは、“なんとなく”や、“お仕事だから仕方なく”着ていると、ただの地味な人に陥りがちなので要注意。まずは小さなところから旬のアイディアを盛り込んで、楽しく着るのが脱マンネリの近道!

【NAVY PANTS】

脚のラインを拾いにくいストレッチ素材は、はき心地も快適。着回したパンツ¥8990/プラステ

ネイビーと白と、赤ではなく“赤茶”。シックに楽しむ大人流のマリン

ネイビーと白と、赤ではなく“赤茶”。 シックに楽しむ大人流のマリン

同系色のカーデでワントーンに
襟がなじむ配色も大事。「締め色のカーデを合わせると、かえって襟が目立ちすぎて子どもっぽく見えることも。オフ白~ベージュの淡いトーンで品よく仕上げて」(佐藤さん)。ブラウス¥14300/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ルージュ・ヴィフ アンナ) カーディガン¥26400/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) スカート¥20900/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) バッグ¥20900/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) ピアス¥19800/ヴァンドームヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ) 靴¥17050/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

“オジ可愛”な襟ニット+スカーフで一歩先行くネイビーコーデに

“オジ可愛”な襟ニット+スカーフで 一歩先行くネイビーコーデに

足もとも少しアクティブに。「同じ黒ならパンプスよりスニーカーを選んで旬のムードを」(佐藤さん)。ニット¥28600/スローン スカーフ¥9460/シップス 有楽町店(メゾンナンバーエイト × シップス) バッグ¥121000/ヴェルメイユ パー イエナ青山店(ザンケッティ) ネックレス¥52800/ヴァンドームヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ) バングル¥275000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山) サングラス¥52800/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥34100/ティースクエア プレスルーム(デイト)

グレージャケットをつなぎ役にして今年らしいカラーニットにも挑戦

グレージャケットをつなぎ役にして今年らしいカラーニットにも挑戦

「赤のニットも注目アイテム。黒ほどコントラストが強くなりすぎないネイビーのボトムだからこそ、こんな鮮やかな色も受け止めやすい」(佐藤さん)。idea1のグリーン同様、ジャケットという大きな面積で中間色のグレーを取り入れるのも着やすくなる秘訣。ジャケット¥91300/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥26400/三喜商事(アリュード) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥6600/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ロウェル シングス) 靴¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 傘/私物

7.コンサバ感の強いネイビースカートはわかりやすく“旬”を効かせて

パンツよりも落ち着いた雰囲気のネイビーのスカートは、タイトならさらに大人っぽくコンサバな印象。着こなしまできれいにまとめすぎると制服にも似たお堅さが出てしまうので、キャッチーなトレンドアイテムを大胆に取り入れて、ほどよく肩の力を抜きましょう。

【NAVY SKIRT】

黒に近い深いネイビー。着回したスカート¥39600/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ)

“小さくても効く”流行のグリーンをセンスよく重ねて印象的に

“小さくても効く”流行のグリーンをセンスよく重ねて印象的に

羽織ったコートはカシミヤ素材。「シンプルで上質なネイビーとなら、派手色も奇抜には見えません」(佐藤さん)。まずは小物からトライ。コート¥209000/サードマガジン(サードマガジン) ニット¥20900/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ストール¥62700/シップス 有楽町店(ジョシュア エリス) ネックレス¥17600/ヴァンドームヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ) バッグ¥155000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥20900/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) タンブラー/私物

ブーツにかぶせるようにはく、重ための足もとでも鮮度がアップ

“オジ可愛”な襟ニット+スカーフで 一歩先行くネイビーコーデに

「今季人気のロングブーツで足もとを変えることで、ジャケット+スカートのよくあるお仕事スタイルも目新しく」(佐藤さん)。ネイビーのスカート+黒ブーツという安心感があるからこそ、ここでもニットはビビッドな色で冒険。マスタードイエロー&リブでこれ以上の主張はいらないので、顔まわりは潔くノーアクセに徹して。ジャケット¥30800/パブリック トウキョウ 渋谷店(パブリック トウキョウ) ニット¥24200/インターリブ(サクラ) バッグ¥52800/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥43450/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

はおりをグレーのジレに更新してジャケットとは違う洒落た装いに

はおりをグレーのジレに更新してジャケットとは違う洒落た装いに

ジレの中のブラウスも今どきなフリル襟に。「どんなトレンドがきてもトゥーマッチにならないのが、まじめなネイビースカートのよさ。着てみたかった流行にも積極的にチャレンジを」(佐藤さん)。ジレ¥30800/デ・プレ(デ・プレ) ブラウス¥36300/サードマガジン(エヴァ マン) バッグ¥17600/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 時計¥16390/HIROB ルミネ新宿店(クルース) ネックレス¥17600/ヴァンドームブティック 伊勢丹新宿店(ヴァンドームブティック) 靴¥17600/ピシェ  アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)

8.ラクでも“サボった人”に見えない「手持ちワンピ+厚底ブーツ」

一枚でコーディネートが完成されている分、足もとのおしゃれが大事なワンピース。秋冬はやっぱりブーツ合わせが簡単ですが、“重ため”がトレンドの今年は、特にトラックソールやサイドゴアといったちょっとゴツめなデザインが狙い目。初めての人も多いと思うので、まずはワンシーズンと割り切って手頃なものから挑戦してみては。

黒ほど重すぎず、こなれて見えるカーキをきれいめなシャツワンピのハズし役に

大政絢 黒ほど重すぎず、こなれて見えるカーキを きれいめなシャツワンピのハズし役に

適度なツヤ感も上品な一足。温かみのあるウールワンピもほっこりしすぎず、お仕事にちょうどいいカジュアルさに。「ブーツはデザイン的にも強くなりすぎない“黒以外”が重宝。靴と同じくストールもカーキでそろえるなど、細部にも心配りを」(佐藤さん)。靴¥12980/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ラルート) ワンピース¥74800/エスケーパーズオンライン(ポステレガント) ストール¥50600/ロンハーマン(アソース メレ×ロンハーマン) バッグ¥141900/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 

パッと見よりはるかに使いやすい白は、フェミニン派にこそ試してほしい色

大政絢 パッと見よりはるかに使いやすい白は、 フェミニン派にこそ試してほしい色

「一見難しく感じる白も、ハードさがまったくなくて実はとても着回ししやすい色。全体を淡色でまとめると、より印象がやわらぐのでおすすめです」(佐藤さん)。やや長めの丈も使いやすさを後押し。靴¥25300/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) ワンピース¥19800/アンクレイヴ バッグ¥30800/ショールーム セッション(ミカ デラヴァッレ) サブバッグ¥6600/エスケーパーズオンライン(オープン エディションズ) 時計¥14190/HIROB ルミネ新宿店(クルース) メガネ¥37400/プロポデザイン(プロポ)

9.中に一枚、重ねるだけ。おしゃれ度が上がる<「ユニクロの黒タートル」

ほのかに光沢のあるリブで、単品としてもきれいなユニクロのタートル。シンプルなデザイン&素材も薄手で重ねやすいからこそ、今年はいつものニットの“中”に重ねて、昨年とはひと味違った着こなしを楽しんで。防寒にも、おしゃれのリフレッシュにも効く¥2990なら、挑戦してみる価値は大です!

大政絢 中に一枚、重ねるだけ。 おしゃれ度が上がる 「ユニクロの黒タートル」

リラックス感あるニットと薄手のタートルを重ねた、最旬ニットONニットの着こなし。きれいめを意識したい通勤では、スカーフをさしてより女性らしく。「密着感のあるリブタートルだからこそ、スカーフの見え方も絶妙。柄は服色に近いものを選んで、さりげなくが大人向き」(佐藤さん)。中のニット¥2990/ユニクロ ニット¥36300/インターリブ(サクラ) スカーフ¥12100/シップス 有楽町店(メゾンナンバーエイト × シップス) カチューシャ¥18700/アレクサンドル ドゥ パリ GINZASIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) ピアス¥34100/マリハ バッグ¥165000/八木通商(ザンケッティ)

10.人と会う日の「コンシャスニット」の用意はある?

コンシャストップスはきちんと見えしながら華やかな印象をくれるから、人と会う予定のある日にぴったり。リモートでも対面でも活躍するから買い足して損なし。本格的な冬に向けて、ニットで取り入れるなら「色はシックに、素材は上質に」が品よく仕上げるコツ。

SLEEVECONSCIOUS

ボリュームたっぷりのスリーブに ピタッとニットで華奢見え確実

ボリュームたっぷりのスリーブにピタッとニットで華奢見え確実
袖を通すだけで気分の上がる大胆なボリュームスリーブは、落ち着いたグレーのワントーンでまとめて。身ごろはやわらかなニット、袖はシャツ素材というメリハリのあるデザインが粋。異素材MIXのコンシャスニットで華やかな印象になること間違いなし!トップス¥15400/マイストラーダ  プレスルーム(マイストラーダ) パンツ¥26400/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) ネックレス¥154000・ピアス¥30250/エナソルーナ

SLEEVE-CONSCIOUS

ミラノリブの上品なニットは、 一枚で知的なムードをつくってくれる

ミラノリブの上品なニットは、一枚で知的なムードをつくってくれる
ネイビーなら袖のデザインが甘くなりすぎず、知的な印象に。厚みのある生地が袖を立体的に見せ、肉感を拾わないから、さりげなく二の腕をカバーしてくれる。¥11000/ジャスグリッティー プレスルーム(ジャスグリッティー)

SHOULDER-CONSCIOUS

肩ギャザーのボリュームから きゅっとしぼった袖に惹かれる

肩ギャザーのボリュームからきゅっとしぼった袖に惹かれる
肩のギャザーと深くあいた背中が特徴。きゅっとしぼった袖は、細見えにも作業のしやすさにも効果的。「形が華やかなぶん、通勤にはシックなグリーンを選んで」(佐藤さん)。¥20570/スタイリング/ ルミネ新宿1 店(スタイリング/)

COLLAR-CONSCIOUS

くせのある変化球の襟が、実は肩の華奢見せに貢献

くせのある変化球の襟が、実は肩の華奢見せに貢献
安定の黒リブニットと思いきや、斜め一直線のビッグカラー。定番に加えたひとくせが頑張りすぎてない大人の余裕に。襟が肩全体を包むから、腕~肩が気になる人も着やすい。¥14300/セルフォード ルミネ新宿1 店(セルフォード) 

11.結局使える「黒コート」を2万〜3万円で探しておく!

豊富な色展開のアウターに目移りしてしまう今季ですが、どんなコーデもまとめてくれる黒コートがやっぱり通勤の頼りになる!そんな定番品こそ更新することで「なんだかおしゃれ」がかないます。シンプルかつこまやかなデザインが光るブランドから選ぶのがポイント!

UNITED TOKYOのショート丈

UNITED TOKYOのショート丈

今季復活のショート丈コートはゆったりめの美シルエットをチョイス
裾に向かって一直線に広がるゆったりした形で、重ね着しても着膨れしない。お尻をちょうど隠してくれる丈だから体型カバーをしつつ、車や自転車通勤も楽々。¥23100/ユナイテッド トウキョウ 神宮前店(ユナイテッド トウキョウ)

N.O.R.Cのダウン

N.O.R.Cのダウン

継ぎ目のないシームレスダウンできれいめ通勤服を軽快なムードに
継ぎ目のない形とツヤのある素材で、きれいめ派でも挑戦しやすい逸品。オーバーサイズで全身を優しく包み込んでくれる。「通勤のまじめさのなかにスポーティさが加わることで、モダンなコーデに仕上がります」(佐藤さん)。¥24000/ノーク

PLSTのリバーコート

PLSTのリバーコート

上品代表リバーコートは今年も万能忙しい朝はこれを羽織れば間違いなし
着くずれを防いでくれる仕立てなので、さらっと羽織っても美しく決まるのが魅力。「トレンド感がありつつ、ベーシックなリバーコートが今年の気分にドンピシャ。定番の黒でたくさん着回しを楽しんで」(佐藤さん)。¥21000/プラステ

12.“ダウンで通勤”が苦手なら、「ブルゾン+薄手コート」をレイヤード

ルールはいたって簡単で、リバーコートのような定番のウールコートの中に、秋口に買った軽めのブルゾンやジャケットを重ねて着るだけ。ぶ厚いダウンを一枚着るよりもこなれて見えるし、行く先々で温度調節もしやすいので実用的。せっかく買ったのにすぐに出番がなくなりがちな“端境期”のアウターも活用できて、一石二鳥です。

“ダウンで通勤”が苦手なら、 「ブルゾン+薄手コート」をレイヤード

中に着たのはコレ!

中に着たのはコレ!

秋に大活躍したブルゾンを冬はシャツ感覚で楽しんで
「お気に入りの秋アウターを冬まで息長く楽しむための活用術なので、中はレザーのライダースやジージャンなど、手持ちのものならどんなものでもOK。通勤なら着こなしはきれいめを意識しつつ、ちょっとカジュアルな襟つきブルゾンくらいが、抜け感が出て素敵に見えます」(佐藤さん)。ブルゾン¥57200/バブアー 渋谷店(バブアー) コート¥108900・中に着たニット¥25300/インターリブ(サクラ) パンツ¥8990/プラステ バッグ¥61600/ラルフローレン(ポロ ラルフ ローレン) ソックス¥2970/真下商事(パンセレラ) 靴¥52800/アマン(ペリーコ)

13.リモート→出社の日も慌てない、「小物セット」があるといい

リラックス服をサマ見えさせるのに必要な「小物力」。ただし服と違ってワンシーズンにいくつも買い替えるものではないので、使い回しがきいて、さりげなく“箔がつく”ような考えられたセットを、あらかじめ用意しておくと便利。最近はリモートワークも多く、書類やパソコンを持ち歩くのにしっかりしたサブバッグも必須なので、3点セットにしておくのがMYルールです。

TREND SET

TREND SET
矢印
サブバッグだから取り入れやすい レオパード柄をアクセントに

サブバッグだから取り入れやすいレオパード柄をアクセントに
テープベルトのついたバケツ型のバッグや、ぽってりしたブーツも旬度満点。どれもがブラウン系で使いやすく、ゆったりタートルが引き締まる。バッグ¥59400/フルラ ジャパン(フルラ) サブバッグ¥26400/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ × ポーター) 靴¥47300/エストネーション(チェンバー) ニット¥86900/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) スカート¥47300/イレーヴ メガネ¥36300/プロポデザイン(プロポ) イヤカフ¥14300/ヴァンドームブティック 伊勢丹新宿店(ヴァンドームブティック)

RETRO SET

RETRO SET
矢印
ジャケットのお堅さをやわらげる レトロで可愛い“三位一体”

ジャケットのお堅さをやわらげるレトロで可愛い“三位一体”
楽ちんシャツワンピにジャケットを羽織って出社モードに。そんな日はクリーム×濃茶の少しレトロ味のある小物セットで可愛げを足して。キルティング地にスカーフ柄をプリントしたサブバッグは、A4サイズもすっぽり。バッグ¥20900/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) サブバッグ¥25300/マニプリ 靴¥36300/ザ・グランドインク(ロランス) ジャケット¥44000/エストネーション ワンピース¥30800/エリオポール代官山(エリオポール) ネックレス¥57200/マリハ ソックス¥2970/真下商事(パンセレラ)

TRAD SET

TRAD SET
矢印
上質感のある素材をちりばめて カジュアルなデニムを通勤仕様に

上質感のある素材をちりばめてカジュアルなデニムを通勤仕様に
ベルベットや型押しといった素材に加えて、グリーン×ネイビーの配色もリッチ感にひと役。バッグ¥6930/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ロウェル シングス) サブバッグ¥9900/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) 靴¥53900/フラッパーズ(ネブローニ) コート¥108900/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) カットソー¥10450/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) デニム¥21780/ショールーム セッション(サージ) スカーフ¥13200/マニプリ ピアス¥37400/マリハ

14.もう、靴選びに迷わない!ソックスは「パンツと同じ色」で

ソックス好きな私があれこれ試した結果、最も簡単で失敗知らずの法則がこれ。同じ色なら素材や濃淡は多少違っても問題ないし、どんな靴を履いてもキマるという手軽さも優秀。日常的にはく冬のパンツはせいぜい多くても4~5 本だと思うので、手当たり次第いろんな色のソックスを買うよりも、“パンツと同じ色”を目標に探せば、成功率はグンと上がります!

GREY PANTS × GREY SOCKS

GREY PANTS × GREY SOCKS
薄手でなめらかなグレーなら 柄ともケンカせずスマート

薄手でなめらかなグレーなら柄ともケンカせずスマート
タイツにも似たナイロン素材のソックスは、編み地が目立たず、柄のパンツや靴とも合わせやすいのでコーディネ
ートがラク。ソックス¥1100/タビオ パンツ¥28600/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) 靴¥46200/エストネーション(ブレンタ) ニット¥31900/カオス表参道(カオス) ストール¥20900/リーミルズ エージェンジー(ジョンス メドレー) バッグ¥39600/ロンハーマン(フィールアンドテイスト) メガネ¥37400/プロポデザイン(プロポ) ブレスレット¥30800/ショールーム セッション(マリハ)

BROWN PANTS × BROWN SOCKS

BROWN PANTS × BROWN SOCKS
ブラウンで肌感ゼロにすれば 白い靴も寒々しく見えない

ブラウンで肌感ゼロにすれば白い靴も寒々しく見えない
見た目もはき心地も暖かなブラウンのウールソックス。パンツとつなぐように甲まで覆ってしまえば、白ローファーを投入しても寒々しく見えず、大人の通勤スタイルにふさわしい品のよさに。ソックス¥2200/ロンハーマン(ブルー フォレ) パンツ¥8990/プラステ 靴¥18250/ダイアナ 銀座本店(銀座ダイアナ) コート¥59400/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) シャツ¥30800/ドローイング ナンバーズ 新宿店(ドローイング ナンバーズ) バッグ¥53900/アマン(ペリーコ)

15.“なんとなく黒”から卒業するなら…スカートの日のお仕事タイツ、今年は「この4色」!

スカートの丈感や合わせる靴によって分量が変わり、印象も大きく変わってくるからこそ、“つなぎ役”となるタイツは、コーディネートに合わせてベストな一足を選び分けるのも大切。黒に負けない使いやすさと黒以上の洒落感を備えた、この4色があれば間違いなし。

MELANGE GREY TIGHTS × OFF WHITE TONE

大政絢 MELANGE GREY TIGHTS × OFF WHITE TONE
優しい素材感の杢グレーは 淡い色とコーディネート

優しい素材感の杢グレーは淡い色とコーディネート
ウール×コットンのマットな質感が上品で、色幅の広いグレーの中でも不動の人気を誇る杢グレー。「温かみがあって、優しげなメランジカラーは、白や淡色とも好相性。エコレザーのプリーツスカートなどツヤのあるアイテムも、少し落ち着いた雰囲気に」(佐藤さん)。タイツ¥6050/RHC ロンハーマン(ブルー フォレ) ニット38500/シップスプライマリー ネイビー レーベル(ユリ・パーク) スカート¥19800・コート¥39600/アンクレイヴ バッグ¥62700/アマン(エレメ) 靴¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

DARK CHARCOAL GREY TIGHTS × KHAKI TONE

大政絢 DARK CHARCOAL GREY TIGHTS ×KHAKI TONE
表情豊かなあいまいグレーを 辛口なカーキの中和役に

表情豊かなあいまいグレーを辛口なカーキの中和役に
透け感のある25デニールで、肌の色にのるとカーキのようにも見えるチャコールグレー。「スカートと靴をつなぐようにして楽しむ、カーキのグラデーションコーデ。薄手で奥行きが出るので、スニーカーも洒落て見えます」(佐藤さん)。タイツ¥1210/タビオ シャツ¥26400/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) ニット¥20900/カオス表参道(カオス) スカート¥23100/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥53900/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥34100/ティースクエア プレスルーム(デイト)

NAVY TIGHTS × NAVY TONE

大政絢 NAVY TIGHTS × NAVY TONE
タイツとしては新鮮なネイビー。 ボトムと合わせる鉄板法則で

タイツとしては新鮮なネイビー。ボトムと合わせる鉄板法則で
初めてのネイビータイツなら、青みを抑えたダークトーンがお仕事向き。「使い方は右ページのパンツ+ソックスの法則と同じ。スカートとタイツをネイビーでそろえれば、靴は遊べるという好例」(佐藤さん)。タイツ¥5500/サザビーリーグ(ウォルフォード) コート¥82500・ニット¥30800/ドゥーズィエム クラス シンジュク(ドゥーズィエムクラス) スカート¥20900/アルページュストーリー プレスルーム(アルページュ ストーリー) バッグ¥23100/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) 靴¥52800/アマン(ペリーコ)

CHARCOAL BROWN TIGHTS × BROWN TONE

大政絢 CHARCOAL BROWN TIGHTS ×BROWN TONE
ほんのりくすんだブラウンは グレーにも茶にも合う万能色

ほんのりくすんだブラウンはグレーにも茶にも合う万能色
防寒タイツほど厚すぎず、ストッキングほど薄すぎず、きれいな発色が楽しめる40デニールのタイツ。「靴色を拾ったブラウンタイツは、スモーキーなニュアンスがあってグレーにもなじむ色。迷ったら“濃いめの中間色”が無敵」(佐藤さん)。タイツ¥1320/タビオ コート¥96800/オーラリー ニット¥33000/ティースクエア プレスルーム(テラ) スカート¥19800/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) メガネ¥29700/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) 靴¥68200/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ/私物

教えてくれたのは
佐藤佳菜子

スタイリスト

佐藤佳菜子


さとう かなこ●“さとかな”の愛称でおなじみの敏腕スタイリスト。「ふつうの服」をこよなく愛し、色合わせやサイジング、小物使いで「なんだか素敵」な印象に仕上げるテクニックはバイラスタッフからも絶大な支持が。

〈サムネイル写真〉コート¥33550・ニット¥19800・スカート¥25850/アンクレイヴ バ ッグ¥37400/オデット エ オディ ール 新宿店(オルセット) サブバ ッグ¥25300/マニプリ 時計¥85 800/セイコーウオッチ(セイコールキア) ピアス¥27500/ショールーム セッション(マリハ) ネックレス¥17600/マリハ 靴¥64900/ザ・グランドインク(ロランス)

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉  ヘア&メイク/シバタロウ〈p-cott〉(絢)、桑野泰成〈ilumini.〉(美玲) スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/大政 絢、桐谷美玲 取材・原文/伊藤真知 ※BAILA2021年12月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK