Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【時産ワントーン】繊細なエクリュカラーを盛り上げる小物使いをマスター!おすすめの5アイテムはこれ!

今季のワントーンは「エクリュ」が旬。優しいエクリュワントーンは小物テクで盛り上げて。ゴールド&パールアクセ、シルクスカーフ、白ローファー、クリアフレームメガネ、シルバーアクセ。エクリュスタイルをリッチにクラスアップするための小物テクをご紹介。

ゴールド&パールアクセの佐藤晴美

ゴールド&パールアクセをガツンと盛ってリュクス感を極める
優しいエクリュのワントーンをリッチに引き上げたいときに効果的なのが、ゴールドとパールアクセサリーの合わせワザ。色の上品さが土台にあるから、いつも以上に大胆に盛ってもOK! 無骨なチェーンに優美なパールとテイストも自由にミックスして、高感度な華やぎを。シャツ¥25300/サンスペル 表参道店(サンスペル) ニット¥9900/アンクレイヴ パールネックレス¥39600・チェーンネックレス¥12100・リング¥15400・ブレスレット¥14300・ピアス¥17050/ソワリー

マニプリのスカーフ

ひと巻きで瞬間クラスアップ
シルク100パーセントならではのニュアンスのある光沢となめらかな質感がワンランク上の華やぎを添えるスカーフ。エクリュトーンに合わせるなら、なじみつつアクセントになるゴールデンベージュが正解。首に、ヘアアレンジに、バッグのハンドルやストラップにと、フレキシブルに使える65㎝角がいちばんのおすすめ。スカーフ¥13200/マニプリ

ジェイエムウエストンの靴

さし色は“ツヤめく白”、という選択肢
単調になりがちなエクリュのメリハリアップにはダークな小物が正攻法だけど、“NEXT”はノーブルさを保ちつつ抜け感アップに即効性がある白の足もと。クリアな白のパテント素材がモードに映えて、着こなしにリズムが生まれる。大人もとっつきやすいローファーからトライしてみて。靴¥121000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

モスコットのクリアフレームメガネ

洒落感と知性を欲張るクリアフレームメガネ
第一印象をスマートに彩るメガネは、柔和なエクリュワントーンを凜と大人っぽく仕上げるキーアイテム。黒縁だと対比が強すぎてしまうので、やわらかなベージュやブラウンのクリア素材に狙いを定めて。フレームも細いほうがフェミニン。メガネ(上)¥29700/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) (下)¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット)

フォーティーン ショールームのシルバーアクセサリー

シャープなシルバーでモダンさが加速
印象をモダンに引き立てたい日は、ソリッドなシルバーアクセサリーの出番。上品なエクリュコーデに“あえての”辛めデザイン、というギャップも新鮮。ネックレス¥35200・フープイヤカフ¥26950/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) チェーンつきイヤカフ¥6600(イン ムード)・ブレスレット¥6600(エイチアッシュ)/フォーティーン ショールーム

撮影/倉本ゴリ〈​Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 ※BAILA2022年1月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン