Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. 大人のプチプラコスメ

空想バスルームの入浴剤「恋する果実と三日月と」が最高にうっとりなイイ香り♡【プチプラコスメハンターKIDOSAYA】

可愛いイラストに一目惚れ♡ 空想バスルーム「恋する果実と三日月と」

プチプラコスメ空想バスルームの入浴剤、「恋する果実と三日月と」

こんにちは! 3度の飯よりメイクが好き! な美容ライターの木土さやです。

デパコス系からプチプラコスメ系まで、コスメに対するオタ熱は尽きることなく、むしろ加速していくばかり。

そんな私が、大人になった今だからこそ、自信をもっておすすめしたい! プチプラコスメ界の逸品を紹介していくこのコーナー。

 

今回は、体も心もほっこり温まる、“スウィートな入浴剤”をご紹介します。

どこにトリップしちゃう? 空想バスルーム「恋する果実と三日月と」

プチプラコスメ空想バスルームの入浴剤、「恋する果実と三日月と」をパッケージから出して試してみた

日ごとに気温が下がり、朝晩の凍てつくような寒さがしんどい…という人も多いのではないでしょうか。

 

私自身も年々寒さに弱くなっており…家までの帰り道は、“早く家に帰って、お風呂で温まりたい! ”と思うばかり。そのため入浴剤のラインナップも一気に増えたのですが、永遠にリピートしたくなるほど、愛してやまない香りを発見!

 

それが空想BATH ROOMの「恋する果実と三日月と」です。

空想BATH ROOMは、“バスルームをもっと自由に。イマジネーションふくらむ自分だけの時間”をコンセプトとした入浴剤シリーズ。どの商品も素敵なイラストと目を引くネーミングで、入浴剤売り場でひと際存在感を放っているのです!

 

「恋する果実と三日月と」は、ティーバッグのような袋型。バスソルトにリンゴ果実エキス、グレープフルーツ精油、さらにドライアップルやパパイヤなどの天然ドライフルーツやハーブを加えた、甘くフレッシュなミックスフルーツの香りが特徴です。

 

■商品情報

恋する果実と三日月と ¥165

 

使い方は? 入浴剤「恋する果実と三日月と」を試してみた!

プチプラコスメ空想バスルームの入浴剤、「恋する果実と三日月と」を実際に試してみた

実際に、「恋する果実と三日月と」を試してみます。

 

封を開けると、ドライフルーツがそのまま入ったバスバッグがお目見え。お風呂に入れると、徐々にクリアゴールドの色みが出てきます。

 

そのままバスバッグを軽く揉みほぐしていくと、バスルーム一面にジュワっとジューシーな香りが広がります。まるで、ピーチティーの中に入っているような甘酸っぱく、心ときめく香り♡

 

深呼吸をしてリラックスしながら、湯に身をゆだねていると…ネーミングと、甘酸っぱい香りのせいでしょうか。なぜか思い出すのは、学生時代の恋。それも好きだったの彼のことではなく、当時、彼に夢中で恋をしていた自分のことなのです。あ~あんなこと、あったな。デートの前は必死でメイクしたよね、当時の流行はベージュのリップだっけ? と思い出しながら、ひとりでクスクス。

 

ちなみに、「恋する果実と三日月」のパッケージの後ろには、香りとともに想像の翼を広げ、日常から解放された自由な旅をお楽しみくださいと記載があります。

私の今回の旅は、恋に全速力だった学生時代のようです(笑)

 

ふと気がつけば、お湯はいつの間にか、リンゴジュースのような色みに! 人工的ではなく、自然由来の香りが本当に心地よくて、まさに香りの効能でリフレッシュするような感覚です。

 

お風呂を出る頃には、冷え切った体も芯からぽかぽかと温まり、心身共に癒やされました♪

プチプラコスメ空想バスルームの入浴剤、「恋する果実と三日月と」がオススメ

あまりにもステキな香りだったので、次の日さっそくストックを買いに行った私。

 

年末は、「恋する果実と三日月と」をお風呂に入れ、たまにはお酒でも飲みながら、ゆっくりバスタイムを楽しもうと計画中です♪

 

 今日もプチプラコスメに心から敬意を…♡

木土さや

美容ライター

木土さや


学生時代の失恋から自他ともに認めるコスメマニアに。モデル・芸能界の仕事を機に、美容好きに拍車がかかり、トータルビューティーを本格的に学ぶ。「美容は女性に生きるパワーを与え、恋愛にまで作用する」をモットーに、ただいま産後老けから絶賛リカバリー中。(社)ジャパン・パーソナル・ブランディング協会認定イメージコンサルタント取得。

空想BATH ROOM(空想バスルーム)公式サイトはこちら

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン