1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. アイテム・コーディネート

【脚長効果も! ウエストコンシャスパンツ4選】トップスをINして今っぽくスタイルアップ!

ハイウエストやベルルトマークデザインなど、ここ数年ですっかり定番化した「ウエストコンシャスパンツ」。女性らしさだけではなく、今っぽくあか抜けるコツををスタイリストの福田亜矢子さんに教えていただきました!

AYAKO FUKUDA

STYLIST

AYAKO FUKUDA


ベーシックを軸に都会的でフェミニンなエッセンスを盛り込んだスタイリングにファン多数。人気ブランドN.O.R.Cのディレクターとしても活躍。

【ウエストコンシャスパンツ】腰高=女っぽい!

「ハイウエストやベルテッドなど、ここ数年ですっかり定番化したウエストにポイントがあるデザイン。女らしさとスタイルアップに即効性があって、今らしさも盛れると、いいことずくめです」(福田さん)

AYAKO's SELECT POINT
☑思い切ったハイウエスト 
☑ウエストにベルトorストリングつき 
☑肉感を拾わないやや太シルエット
手っ取り早く上半身を短く、脚を長く見せるなら、みぞおちの下あたりまでカバーするスーパーハイウエストが狙い目。余裕のある腰下と緩急がつくようにウエストをギュッとしぼると、より腰高でほっそり見えます。

INして今っぽく! “ウエストコンシャスパンツ”最高の組み合わせ

「このパンツの強みを最も生かすことを考えると、トップスはINするのがおすすめ。INが苦手な方は、この春旬のショート丈トップスを代用して」(福田さん)

1.白Tシャツ+ウエストコンシャスパンツ

こなれ感抜群のドロストパンツで着慣れた白Tを無難に見せない  

こなれ感抜群のドロストパンツで着慣れた白Tを無難に見せない  
ググッとハイウエストにドロスト仕立て、華やかなマスタードカラーと、着こなしを盛り上げる要素を凝縮したパンツが、マンネリしがちな白Tコーデに一歩差をつける切り札。すっきりまとめた上下をロング&リーンなアウターで包み込めば、脚長効果も最高値に。パンツ(4月中旬発売予定)¥18920/アンクレイヴ(アンクレイヴ ホワイト) コート¥61600/インターリブ(サクラ) カットソー¥17600/マスターピースショールーム(サイ) ブレスレット¥39600/マリハ バッグ¥237600・靴¥83600/トッズ・ジャパン(トッズ)

2.短丈トップス+ウエストコンシャスパンツ

トップスIN以外の選択肢。クロップト丈ニットがとびきり新鮮! 

トップスIN以外の選択肢。クロップト丈ニットがとびきり新鮮! 
トップスはできるだけ短く、パンツはできるだけ股上が深く。体型を問わず、計算いらずでたちまち最旬バランスがつくれる黄金コンビ。ググッと脚長に見えて、ノーヒールでも自信のもてるスタイルが完成。パンツ¥14300/ラ トータリテ 有楽町マルイ(ラ トータリテ) ニット¥30800/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥45100/ロンハーマン(ハルポ) バッグ¥70400/サードカルチャー(ミチノ・パリ) 靴¥14300/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)


3.フォトT+ウエストコンシャスパンツ

同系色ブルゾンとセットで着てフォトTコーデの洗練度アップ  

同系色ブルゾンとセットで着てフォトTコーデの洗練度アップ  
フォトTはタックインしてさりげなく効かせるくらいが大人にちょうどいい。パンツ¥8250/バロックジャパンリミテッド(スタイルミキサー) ジャケット¥104500/マディソンブルー Tシャツ(3月中旬入荷予定)¥9900/マルティニークルコント ルミネ有楽町(マルティニーク) メガネ¥36300/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥11000/フラッパーズ(メラキ) バッグ¥50600/ebure GINZA SIX店(ebure) 靴¥40700・タッセル¥3300/サードカルチャー(シャテル)

4.ボリューム袖ブラウス+ウエストコンシャスパンツ

ワンツーでこんなにもドラマチック! 腰高パンツ×袖コンのいい関係 

ワンツーでこんなにもドラマチック! 腰高パンツ×袖コンのいい関係 
春も人気継続中の甘顔トップスを目新しいテンションで着たいときこそ、スタイリッシュなハイウエストパンツの出番。シャキッとしたセンタープレスやドライなカラーで凜とした表情を引き出せば、照れることなく日常でドレスアップ気分を味わえる。パンツ¥42900/エイトン青山(エイトン) ブラウス¥14000/ノーク ブレスレット¥23100/ルーム3138(ローラ ロンバルディ) バッグ¥68200/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥27500/デュプレックス(カルチェグラム)

撮影/渡辺謙太郎(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 ※BAILA2022年3月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK