1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

「ポロラルフローレン」「フェデリ」「リフィル」。スタイルのある大人のTシャツ3選【エディターズピック vol.207】

そろそろTシャツの季節。今回は大人がグっとくるTシャツ3枚をご紹介します。大人カジュアルの真骨頂「Polo Ralph Lauren」、イタリアのニットメーカーの「FEDELI」、大阪の老舗テキスタイルサプライヤー発の「LIFiLL」。

ブランドヒストリーから特徴、コーディネイトまで、ファッションが大好きなみなさんに伝えたい、スタイルのあるTシャツなんです!

ポロラルフローレン、フェデリ、リフィルのTシャツ

1枚目:「ポロ ラルフローレン」のTシャツ。上質感とファッションの楽しさを両立するアメリカンカジュアルの真骨頂

「ポロ ラルフローレン」のTシャツ

BAILAご愛読の皆さんも大好きな「ポロ ラルフローレン」。今年の2月に”きちんとしたトップスを買う”という目的で表参道店を訪れたのですが、お店を見回っていたらこのTシャツに一目ぼれして購入してしまいました。あるあるですね…!(ちなみにきちんとした半袖シャツも購入したのでそちらもまた是非ご紹介したいです)

まず、ジャージー素材のなめらかな風合いが最高です。着心地の良さに加えて、大人の女性の体につかず離れずの絶妙な素材感。

何年か前から、元気いっぱいのロゴTシャツに顔や肌がついていかなくなったな~と思っていたのですが、このTシャツは試着した瞬間にすごく肌になじんで、体もきれいに見えて即決しました。

上質感だけではなく、ブリーチプリント加工やモノグラムのロゴプリントは、ファッションとしてのTシャツの楽しさが満載。クルーネックや袖口の細めのリブや少し短めな丈感も、1枚で着てサマになります。

ファッション好きに刺さるストーリー、スタイルが感じられる袖口の刺繍ロゴも注目!

  • ポロ ラルフローレンのTシャツのタグ
  • ポロ ラルフローレンのTシャツの袖口

このTシャツ、じつは2016年に終了し「ポロ ラルフローレン」に組み込まれた「デニム&サプライ」のシリーズ。

今も根強いファンがいるそうで、私も大好きでした!(じつはお店にて、「デニム&サプライ」の中でも、Tシャツとデニムのロングシャツ両方試着して迷ったのです)

袖口のロゴが刺繍というところも、ポロ ラルフローレンのスタイル。神は細部に宿る、ですね。Msize/¥15400

【「ポロ ラルローレン」のTシャツコーデ】ジャケット+デニムでロゴをポイントにしたハンサムカジュアルに

ポロラルフローレンのレディースTシャツの着こなし

ジャケットやジレなど、クールな顔のはおりものにあわせたいのがこのTシャツ。

カタく見えがちなアイテムをちょっとハズして着たいときにぴったりです。ボトムは色落ちデニムが好相性。

短め丈なので、ワイドシルエットのデニムもバランスよく合わせやすいです。

2枚目:イタリアの老舗ニットブランド「FEDELI」のTシャツ。色み・シルエット・ディテール全方位で「素敵な大人」を演出

FEDELIのGizaオーガニックコットンTシャツ

着ていて「どこの?」と聞かれる率ナンバーワンなのが、「FEDELI(フェデリ)」のTシャツです。1934年にイタリアで誕生したニットブランドで、80年以上の歴史に裏付けられたハイクオリティなものづくりが特徴。


このTシャツは、コットンの中でも稀少な「GIZAコットン」を使用したもので、まずはこのイエローの発色が素晴らしい。深みのあるイエローが少し褪せたような発色で、単調でなく、表情のあるイエローなんです。

ジャストサイズを選んだ場合、シルエットは肩から身頃まで体のラインに沿うけれどピタっとはせず、腰のあたりでボトムにややフィットする感じ。袖は短めで肩ラインからきれいな落ち感とともに広がります。

背中のラインや二の腕が気にならず、着るだけで「なんだか素敵」に。

特徴的な襟ぐりや袖口の縫い方、スリット入りの裾などなど表情豊か

  • FEDELIのGizaオーガニックコットンTシャツの襟ぐり
  • FEDELIのGizaオーガニックコットンTシャツの裾部分

襟ぐりや袖口、裾のステッチはダブルになっていて、このあたりの表情も「なんだか素敵」な印象につながります。裾はスリット入りなので、アウトにしても動きやすいし、ポイントにも。

ちなみにこちらのTシャツは、F-1「Anna」のイエロー、46サイズです。私の身長は162㎝で中肉中背。この46でジャスト、というサイズ感でした。価格は¥19800。

ウィメンズコレクションはほかにも展開があり、スーピマコットン素材・クルーネックで長め半そでの「Nara」や、ボートネックの長袖「Giulia」も素敵です。そちらもぜひチェックを!

【「FEDELI」のTシャツコーデ】イエローと相性のいい無彩色+ロングカーディガンできれいめに

FEDELIのGizaオーガニックコットンTシャツのコーディネイト

イエローと相性のいいグレーや白、ベージュを組み合わせて、着こなしに立体感やリズムをプラスします。

「ユニクロ×マメ クロゴウチ」のコラボのリブロングカーディガンは、ホールガーメントの大人顔。カジュアルアウターよりも、こういったきれいめのはおりものが似合うTシャツです。


ブルーデニムをあわせるときは、ストライプのシャツを斜め掛けのようにしてアクセントにするのもいいな、と思っています。

3枚目:大阪の老舗テキスタイルサプライヤー発「LIFiLL(リフィル)」のTシャツ。なめらかな猫の背中に匹敵する肌ざわり!

「LIFiLL」の白のコットニーティー

1864年創業の繊維専門商社「スタイレム瀧定大阪」は、普段はアパレルメーカーやブランドに生地を供給している会社。昨年「リフィル」ブランドのスタートにあたって、オリジナル生地「COTTONY(コットニー)」を開発しました。

何よりも「優れた肌ざわり」を追求し、柔らかな風合いと強度を両立する独自の製法で紡績。そこから丁寧に編まれた生地を、風合いを引き出すべくあえて非効率な工程で加工し、究極の生地が完成!



フラッグシップモデルであるこちらの「コットニー ティー」なのですが、究極のシンプルな白Tで、とにかく風合いが美しいです。

そして触ってみると、繊維感ゼロで、何かに似てる…そう!猫のなめらかな毛並みの背中をなでている感触にそっくりなんです!猫好きのマニアックな感想がすぎるかもしれませんが、ほんとに似てる…。素肌に着ると、最高に気持ちがいいのです!

襟ぐりは繊細かつ洗練された印象を演出。肩のラインの柔らかさも特別です

  • 「LIFiLL」の白のコットニーティーの襟ぐり
  • 「LIFiLL」の白のコットニーティーの袖

襟ぐりは浅めで、コンパクトで伸縮性の高いハイゲージフライスを採用。リブ目の幅を少し太くしてあり、洗練された印象です。袖口や裾はほつれにくく丈夫!

肩のラインが柔らかいのもこのオリジナル素材ならでは。軽やかで、働く大人の女性にぴったりだと思います。ちなみに、購入時には洗濯ネットと「HOW TO CARE BOOK」がついてきます!価格は¥8580。

【「LIFiLL」のTシャツコーデ】メンズライクなブルーのパンツに、柔らかいピンクの小物をミックス

「LIFiLL」の白のコットニーティーの着こなし

今季なら、明るいブルーのボトムにベルトをしめてジャケットを合わせ、ちょっとメンズライクに着こなしたいです。そこに、ピンクのフラットパンプスやスカーフをプラス。

端正で美しいシルエット、かつ柔らかさがあるTシャツなので、コーディネイトもTシャツに合わせています。

白Tなので何でも合う、のですが、まず素材自体がとても美しく映えるので、お仕事Tシャツにも最適。

大人になったら、「されどTシャツ」

大人のTシャツの世界は掘れば掘るほど深く、ブランドのストーリーやスタイルが凝縮されていて、取材魂が止まりません。


今回、後から気づいたのですが、ブランドが3か国にわかれていました!色やデザイン含め、それぞれのお国柄が出ている1枚を選んでいるような…? 3ブランドとも、デザインの種類やカラバリなどがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください!

また、「FEDELI」に関しては、ブランドの日本ECサイトではメンズのみでした。実店舗では、日本橋三越や和光に豊富にラインナップされているとのことです!

ラルフ ローレン公式サイトはこちら
「FEDELI」取り扱いの「TREMEZZO」公式サイトはこちら
「リフィイル」公式サイトはこちら

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK