真面目にやったらホントに顔が変わる!メイク前マッサージ法

2019-01-06 21:00
  • 理系女ヘア&メイクのpaku☆chanさん直伝! 計算し尽くされた“マジで”顔が変わるマッサージを細かくレクチャー。この撮影の後日談ですが、ライターUが実践し続けたところ本当に別人のように顔が変わったそう……!(驚)

    教えてくれたのは……ヘア&メイク paku☆︎chanさん
    ThreePEACE所属。モデルや女優からの指名が絶えない人気ヘア&メイク。根拠のある理論に基づくテクニックに定評あり。
  • モデルにも評判!のメイク前マッサージ

  • マッサージ-1
  • グッバイほうれい線!ハロー重力に負けない輪郭!
  • マッサージ-2
    マッサージ-3
    マッサージ-4
    マッサージ5
    マッサージ-6
    マッサージ-7
    マッサージ-8
    マッサージ-9
    マッサージ-10
    マッサージ-11
    マッサージ-12
    マッサージ-13
    マッサージ-14

    1 あご→耳下まで指の腹を使い流す
    「クリームを顔〜首にたっぷりなじませ、中指&薬指の腹であご先→耳下に向かって流す。フェイスラインの内側に指が入るようあごを上向きにするのが◎」(paku☆chanさん以下同)

    2 耳下から首の端を通って鎖骨まで流す
    「1の指のまま、首の側面を流すように矢印方向に。最後は鎖骨のへこみをプッシュ。ここが痛い人はリンパの流れが滞っている証拠です!」

    3 人さし指〜小指を固定し親指でさらに流す
    「よりしっかりフェイスラインを流すために、人さし指〜小指をこめかみあたりで固定。1と同じ部分を親指の腹を使ってしっかり流して」

    4 手で首を包み込むように上→下へ
    「要領は2と同じ。首を包み込むように、指の腹で首の両端をプッシュしながら、矢印の方向へ流す。最後は鎖骨のへこみをプッシュしましょう」

    5 肩をもんで盛り上がりを解消
    「肩が凝っていると盛り上がり、首が短く見えるので首を流したついでに肩も。指の腹で盛り上がっている部分を押しながら後ろから前へ」

    6 鼻の横のへこみを押す
    「意外と見落としがちなのが鼻の横。ここもけっこう押すと痛がる人が多い! 中指の腹を使ってぎゅーっと押して。埋もれた鼻が出現します」

    7 頰骨からこめかみまでを引き上げ
    「次は頰にアプローチ。頰の高い位置をかるくプッシュしたら、そのままこめかみまでスーッと。チークの位置もだんだんと高くなりますよ!」

    8 外にのばした肌を内側に戻す!
    「ここがポイント! 今まで、内側→外側に流されていた肌を、いったん内側に戻す作業を。頰を手で包み込むようにして内側にキュッキュ」

    9 6〜8を何度か繰り返し行う
    「クリームが足りなくなったら随時足して、摩擦が起きるのだけは防止を。6〜8までの流れを何度か繰り返して頰やほうれい線を引き上げ」

    10 眉上→額の産毛の生えぎわに向かって流す
    「ここでも、額のクリームが乾いていたら足してから行って。眉上に指を4本当て、上のほうに向かって引き上げるように流していく」

    11 眉&額をこめかみに向かって流す
    「ここでは、親指をこめかみあたりで固定すると動かしやすい! 親指以外の指を額の中心&眉間に当てたら、こめかみに向かって動かして」

    12 眉毛をつまんでまぶたを持ち上げる
    「仕上げに、眉を親指と人さし指でつまんでまぶたを持ち上げて。実は凝り固まっている眉。ほぐしてあげると目がぱっちり印象に!」

    13 上半顔の肌も内側に戻す
    「8と同じく顔の上半分も外側に向かって肌をのばしていたので、最後はもとに戻すイメージで。これだけで肌はやわらかく、続けていると輪郭やほうれい線もどんどん変わっていきます!」

撮影/齊藤晴香 取材・原文/浦安真利子 ※BAILA2019年1月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords