まだ、およばれにブランドの紙袋持ってってるの?【30代の結婚式参列装いマナーを考える】

2018-09-27 20:30
  • 今年は、教会・神社やハイクラスなホテルなど、挙式と披露宴がセットになったきちんとフォーマルな結婚式に参加させていただく機会が多い沖島です。職業柄、参列する女性ゲストのおよばれスタイルをついじっくり拝見してしまうのですが(すみませぬ)「よく見かけるけれどイマイチだと思ってしまう、気になる30代ドレスアップ問題」が、ズバリ
    サブバッグがハイブランドの紙袋
    ...なこと。紙の質も持ち手も厚手でしっかりしていますし、何よりブランドネームのパワーで高級感が出るので、ナシではないとは思うのです。でも「大切な人のハレの舞台に、買い物後のショッパーを再利用ですか...」と、ちょっぴり残念に思ってしまうんです。大人世代としては、サブバッグもきちんとした上質なものを持つべしでは?
    そこでぜひ30代のみなさまにご活用いただきたいのが、大好評発売中のバイラ10月号特別付録「セルフォード(CELFORD)×バイラ」コラボおよばれサブバッグです。
  • マナー的にもおしゃれ的にも◎な付録サブバッグを実際に使ってみた!
  • ドレスアップにぴったりのたたずまい
    最近およばれスタイルに愛用中なのは、NYブランド「シー ニューヨーク(SEA NEW YORK)」の総レースセットアップに「TOMASINI(トマジーニ)」のチェーンショルダーバッグ、「ユナイテッド ヌード(UNITED NUDE)」シルバーパンプスの3点セット。これに付録サブバッグが4点めとしてジョイン。

    和洋どちらのスタイルにも合う!
    この秋沖島が参列した結婚式のひとつは、大阪城は豊國神社での神前式。和の式場にもすんなりなじみ、メインバッグと重ね持ちしても浮かずうもれずの上品なデザインが◎。和装のサブバッグに持っても素敵だと思いました。

    メインバッグの中身公開
    「トマジーニ」のバッグには、ミニ財布、ご祝儀+(受付前にアタフタご祝儀を準備する超多忙友に貸すための)黒の筆ペン、マイケル・コースのハンカチ、お化粧直し用のリップ、お祝いスピーチのスクリプトを入れます。マチが5㎝程度あって自立するので、挙式中も披露宴中も背中と椅子の背の間に挟んでおけるからとってもスマート!

    メインバッグに入りきらない荷物はサブバッグへ!
    挙式&披露宴で履く本番パンプス(会場への行き帰りはフラットシューズ)、コスメ&ティッシュポーチ、スマホ用ポータブルバッテリー、折り畳み傘、デジカメはサブバッグへ。インナーポケットにはパスケースや名刺入れ、おうちのカギなどが入っています。

    クロークに預けるときもスマート!
    披露宴会場に持ち込むのはメインバッグとデジカメ。ほかはすべてサブバッグのほうにまとめクロークに預けます。パリッと厚手の生地なので、こまごましたものをぎゅっと詰め込んでも、ご覧のとおりすっきりスマートなたたずまい。

  • いかがでしたか? 色も黒なので(「CELFORD」のロゴもわざわざインナーポケットにつけたのです)、お通夜やお葬式などおくやみの席や、お子さまの学校行事など、きちんと装いたいシーンにぴったり。これだけのハイクォリティなバッグがもれなくついてきて、しかも秋のファッション&ビューティ&カルチャー情報がモリモリのバイラ10月号。まだ間に合いますので、ぜひ書店orコンビニorオンラインでお買い求めいただけますと、必ずやあなたのお役に立つと思います!!!
取材・文/沖島麻美
※掲載されているのはすべて私物です。
※梱包の状態によって、バッグにシワが入っている場合がありますが、以下をご推奨いたします。
・なるべく早く梱包資材から取り出してください。
・吊り干しをしてシワを伸ばしてからご使用ください。
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords