「○○みたい」とツッコまれない、バンダナスカーフの巻き方

2016-05-29 18:00
  • この春育休から復帰した編集イモ子32歳(ジャストバイラ世代)です。
    復帰早々、同期との飲み会の席で全身コーディネートがまるかぶり!(笑)
  • 同期女子と、示し合わせたかのようにコーディネートが丸かぶり。
  • 久しぶりに会った同期女子H嬢と、なんと全身オソロで、「何か出し物するの!?」「ドレスコード?」」とツッコまれまくる始末。
    全く同じトラディショナルウェザーウェアのボーダーシャツに、写真には写っていませんが黒パンツまで全く同じ(ちなみにスカーフは、向かって左のイモ子はシンゾーンのバンダナスカーフ、右のH嬢はセリーヌ)。

    しかし二人で話してみたら、H嬢も私も、その日出掛ける前、夫にかなり辛辣なコメントをもらっていたことが発覚。
    H嬢のダンナさんは「セーラー服着た、ちびまるこちゃんみたい」。
    うちの夫は「(苦笑)ボーイスカウト風だけど・・・バンダナ取ったらポイント無くなるんでしょ? じゃあ、そのまま行ったほうがいいんじゃない?笑」。

    く、くぅ~。女子のおしゃれ心をくじく辛口コメントにも負けず、飲み会に参上したわけですが、、、
    オソロ写真を撮られ客観的に見返して、はたしてこのスカーフの巻き方は正解だったのか?と、私はちょっと悩み始めてしまいました。
    そこで、この春のバイラ数号をひっくり返して、バンダナ巻きを研究した改善案がこちら!!
  • まずは、フロント結びの改善案。
  • 改善案①
    正面でひと結びする場合は、プチスカーフのほうが水兵さんっぽくならない!
    ※私のバンダナスカーフは大きいので、別のヴィンテージバンダナで代用。

    特にボーダーシャツに巻く場合は、このバランスのほうが「セーラーカラー」感が軽減できて良いかんじ。
    ちょっとねじりながら巻くといい、ともバイラで勉強したので実践してみたところ、よりこなれさせることに成功した気が!(喜)

    →次ページ、さらなる改善案に続きます。
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords