5月の【ジージャン】おしゃれな羽織りコーデ術5選

2017-05-16 10:00
  • 春→初夏へのスライド羽織りはジージャンで決まり! 【写真①】
  • 5月の羽織りもの、悩みますよね! トレンチコートやレザーライダースではもはや暑すぎるし、かといってカーディガンだけでは心もとなく、かっちりジャケットはちょっと窮屈......そんな中途半端な季節のアウターは【ジージャン】にお任せです♪ なんといっても合わないインナー&ボトムが見当たらないくらいの着回し力の高さと、腕を通しても肩掛けしても決まるコーディネートの幅広さがポイント。そこで今回は、春から夏へのスライドシーズンにぴったりな最新【ジージャン】コーデ、5スタイルをご紹介します。
  • 春→夏のスライド【ジージャン】コーデ5スタイル!
  • 【ストンとプリーツスカートの甘さを中和】着やせ度&女っぽさNo.1で大ヒット中のスカートのメリットを損なうことなく、絶妙なカジュアル感をプラスします。ジージャン¥32000/ボウルズ(ハイク) スカート¥30000/アストラット 新宿店(アストラット)

    【ボクシータイトに休日感を】コンサバに見えがちなタイトスカートをデニムでカジュアルダウンしオフスタイルに。インディゴブルーなら大人っぽさキープ! ジージャン¥32000/ボウルズ(ハイク) スカート¥19000/デミルクス ビームス 新宿店(デミルクス ビームス)

    【セットアップで着て70年代風に】レトロ感が最高に今っぽい、ジージャン×デニムのセットアップスタイルもおすすめ。デニムブルーとシュガーピンクのパステルトーン配色コーデが可愛いんです♪ ジージャン¥17000/メゾン イエナ(イエナ) パンツ¥40000/シック(ザ ダラス) ニット¥19000/クリップ クロップ(オーラリー)

    【水着の羽織りにもできちゃう♪】ばさりと無造作に羽織るだけで、小花柄のノスタルジックなスイムウェアも洗練されて見えるから不思議! 冷房対策にも心強いので、リゾートバカンスにお出かけの際はぜひジージャンを一枚。¥137000/ステラ マッカートニー ジャパン(ステラ マッカートニー)

    【ビビッドカラーも気負いなく着られる!】一枚だけでは「ちょっと派手かも!?」と不安な鮮やかピンクのスカートも、着慣れたデニムの力で手の届くカジュアルスタイルにシフト。きれい色コーデを思いっきり楽しめます。ジージャン¥17000/メゾン イエナ(イエナ) スカート¥16000/サロン ド バルコニー ルミネ新宿店(バルコニー アンド ベッド)

  • THE SHINZONE (シンゾーン)デニムジャケット ¥29,000+税

  • MUVEIL(ミュベール)ブドウ刺繍Gジャン ¥72,000+税

  • Le minor (ルミノア)Gジャン ¥18,000+税

  • DRWCYS (ドロシーズ)Gジャン ¥16,000+税
【写真①】ジージャン¥26000/ゲストリスト(レッドカード)
撮影/竹内裕二<BALLPARK>、鈴木 新<go relax E more>、黒沼 論<aosora>、佐藤航嗣<TRON>、三宮幹史、彦坂栄治<まきうらオフィス> ヘア&メイク/木部明美<PEACE MONKEY>、佐藤エイコ・YUMBOU<ilumini.>、中村未幸<Lila>、ANNA.<SHIMA> スタイリスト/加藤かすみ<TRON>、小川ゆう子、佐藤佳菜子、吉村友希、室井由美子 モデル/竹下玲奈、絵美里、オードリー亜谷香、マギー、中村アン
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up