【ユニクロ×J.W.アンダーソン】メンズのトレンチコートが使える理由3

2017-10-09 17:00
  • この秋最も注目すべきコラボレーションのひとつである「UNIQLO×J.W.ANDERSON(ユニクロ×J.W.アンダーソン)」。先月末に発売されましたが、みなさまはもうチェックされましたか? イギリスを代表するデザイナーで、自身のブランドのほか、LOEWE(ロエベ)のクリエイティブ・ディレクターもつとめるモード界の寵児、ジョナサン・ウィリアム・アンダーソンさんの大ファンであるわたくし。彼が「イギリスの伝統的なアイテムやモチーフを、ユニクロの高品質なものづくりに反映させたら、どれだけ素晴らしいだろうとわくわくしました!」とうれしそうに語っていた今回のコレクションに、大いなる期待を抱いて、発売日当日にいそいそとショップへ向かったのでした。
    ユニクロにおいては、レディースだけでなくメンズもくまなくチェックするのが我が流儀。というわけで今回も徹底的にウロウロ&いろいろ試着しまして、購入に至りましたのがこちら、メンズのトレンチコートです。
  • 3つの理由から、あえてメンズサイズを購入。さて結果は?
  • トレンチコート¥14900/ユニクロ
  • ベージュとネイビーの2色がありましたが、ベージュはすでに持っているのでネイビーをチョイス(BAILA11月号の巻頭ファッション特集でもイチ推しの色ですし♡)。袖を通すと背筋が伸びるようなぱりっとした着心地はもちろん、肩についたストームフラップや、ウエストベルトの細部のディテールなど“トレンチコートらしさ”をしっかりキープ。何より、裏地にあしらわれたタータンチェックと表地とのコントラストが実に美しいですね♡ しかも、実はリバーシブルで着られる2WAY仕様なんです。これで¥14900って、最強の高コスパ&高バリュー!!! ありがとうユニクロさま(嬉)!!!
    「でも、メンズのコートって、女性が着てもサイズは大丈夫なの?」と不安に思われたあなた、わたくしがあえてこのコートを選んだ3つの理由をお話しします。着回しコーデ写真とともにご覧ください。ちなみにわたくしは身長166㎝で、肩位置を確認のうえ、Sサイズを選びました。
  • あえてメンズトレンチを選んだ理由3
  • 【理由①:オーバーサイズトップスにはおってもゆとりがある】袖にボリュームのあるトップスが大ヒット中ですが、手持ちのコートでは腕まわりがパツパツに(涙)。その点、コートが大きめだと窮屈な思いが軽減されます。ちなみに、ボーダーならタータンチェックと合わせても定番柄同士でうるさくならないので、柄on柄のミックススタイルも、大げさにならずにさりげなく楽しめます。

    【理由②:リバーシブルだから2倍着回せる!】メンズ・レディースともに、今回のコラボトレンチは裏表両面で着られます。ベージュは赤ベースのタータンチェックなので不慣れな方はちょっと派手に感じるかもしれませんが、ネイビーのほうは青ベースなので、チェック面を表に着てもさりげない感じになるんです。デニムと合わせてネイビーのワントーンスタイルにまとめて。

    【理由③:チェック同士のミックスコーデも上手くいく!】こちらも大ヒットアイテムのグレンチェック柄パンツ。「コートまでチェックだとうるさいかな?」と思いきや、実際着てみると意外とすんなりなじみました♡ シックな色合い同士だからですね。ソックスもギンガムにしてみて、遊び心のある休日スタイルに。

    【タータンチェックはブルーベースが大人っぽい】カラフルな色づかいのタータンチェックは「少々子どもっぽいかも?」という印象があるかもしれませんが、生まれ故郷のスコットラントやイギリスでは、老若男女が誇りとともにまとう伝統ある柄。この品格あふれる華やかなムードを、日本で働く私たちアラサー女子のおしゃれにも存分に活用したいところ。青ベースがいちばん取り入れやすいと思います。

  • いかがでしたか? このJ.W.アンダーソンとのコラボアイテム、トレンチコートのほかにもさまざまなタイプのニット&カーディガン、シャツ、スカートやマフラー、バッグなどの小物まで、全33型が揃っています。いずれも、ジョナサンさんがベースとするイギリスの伝統的なウェアをモダンに昇華した、ベーシックでありながら着回しのききそうな珠玉のアイテムばかり。すでに品薄のものもあるとのことなので、ユニクロにお立ち寄りの際はぜひチェックしてみて下さいね。
取材・文/沖島麻美
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up