Magazineマガジン

BAILA8・9月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. 服・コーディネート
  4. 「セオリーリュクス」が目指すのは“気負わ…

「セオリーリュクス」が目指すのは“気負わず女らしい人”。エフォートレスな夏服をまとって

夏、ゆるりと心地よく過ごしたいけど、きれいな印象も備えていたい。エフォートレスな女らしさを提案する「セオリーリュクス」で、私たちが求めるスタイルを見つけて。大政絢が4つのスタイルを着こなします。

Flared Skirt

軽やかなのに主役級。ふんわり空気をまとうスカート

軽やかなのに主役級。ふんわり空気をまとうスカート
ウエストで贅沢にとったタックが広がり、ドラマチックなラインを描くスカート。シンプルなニットやTシャツに合わせるだけで、華やかなスタイルが決まる。ゆるりと肌離れよく風を通すフレアシルエットが夏に嬉しい。ニット¥26400・スカート¥34100(ともにセオリーリュクス)・バッグ¥19800(メアリ オル ターナ)・靴¥31900(ペリーコ サニー)/リンク・セオリー・ジャパン

Color Gradation

優しくなじむ色使いが心地よいムードを誘う

優しくなじむ色使いが心地よいムードを誘う
ゆったり着るオーバーサイズのニットに、セオリーリュクスらしい美脚パンツを合わせたコーディネート。シンプルながらやわらかな色のグラデーションで全身をなじませることで、クリーンな着映えとゆるやかなムードを兼ね備えて。ニット¥29700・パンツ¥26400(ともにセオリーリュクス)・バッグ¥49500(ア ヴァケーション)・靴¥31900(ペリーコ サニー)/リンク・セオリー・ジャパン

Vest Style

なにげないカジュアルベーシックがベストでモダンに見違える

なにげないカジュアルベーシックがベストでモダンに見違える
着こなしが単調になりがちな夏。ジャケットよりもイージーに着られて、きちんときれいに見えるベストは、「気負わず女らしい」スタイルを作る救世主! パンツと同素材でそろえておけば、セットアップとしても使えてコーディネートの幅がぐんと広がる。ベスト¥44000・パンツ¥26400・カットソー¥9900(すべてセオリーリュクス)・靴¥33000(ピッピシック)/リンク・セオリー・ジャパン

Color One-piece

ゆるりとリゾートライクにまとう 夏色ワンピースを一枚

ゆるりとリゾートライクにまとう夏色ワンピースを一枚
こっくり濃厚なアースカラーが夏の日差しに映える一着。たっぷり身幅のあるデザインは着心地も抜群。前後に入ったタックと適度なハリ素材で、華やかで軽やかなAラインシルエットに。ワンピース¥39600(セオリーリュクス)・靴¥29700(エーティーピー アトリエ)・バッグ¥17600(マニプリ)/リンク・セオリー・ジャパン

撮影/土屋文護〈TRON〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/大政 絢 取材・原文/東原妙子 ※BAILA2022年6月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA8・9月合併号 試し読み

当サイトでは当社の提携先等がお客様のニーズ等について調査・分析したり、お客様にお勧めの広告を表示する目的で Cookieを利用する場合があります。詳しくはこちら