1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ファッションまとめ
  4. 【デニムスカートで夏を始める〈まとめ〉】…

【デニムスカートで夏を始める〈まとめ〉】スタイリスト百々千晴さんが今の着こなしをナビ!

ほんのり懐かしさを感じさせる「デニムスカート」が、この夏、気になるトレンドとして舞い戻ってきた。大人らしく取り入れるためのアイテム選びと着こなし術を、大人気スタイリスト百々千晴さんがナビ!

目次

  1. タイトなロング丈ならパンツ気分のまま旬なデニムスタイル
  2. フレアシルエットならテクニックいらずでカジュアル上手に
  3. ホワイトデニムで爽やかに、新鮮に夏を始めたい

タイトなロング丈ならパンツ気分のまま旬なデニムスタイル

「いちばん簡単に挑戦できるのがロング丈のタイト。パンツとほぼシルエットが同じだから、手持ちのアイテムをそのまま最旬スタイルにアップデートできます。スリット入りやブラックデニムなど、ひとクセあるものを選ぶとさらにこなれて仕上がるはず」(百々千晴さん)

シアー×デニム、夏の2大トレンドはこんなにも相思相愛

emma シアー×デニム、夏の2大トレンドはこんなにも相思相愛

ひざ上からはじまる深いスリットが特徴的な一枚は、シンプルでスタイリッシュなアイテムがそろう人気デニムブランドから。「体のラインをきれいに見せてくれるタイトさと、動くたびにのぞく素肌が大人らしく色っぽい。ボリューミーで品のいいブラウスが、スカートのハンサムさを和らげる。まじめなスウェードローファーとワンハンドルバッグで優等生にまとめて」(百々さん)。スカート¥29700/ゲストリスト(アッパーハイツ) ブラウス¥46200/ヘンネ カスタマーサポート (ヘンネ) バッグ¥214500/マルベリージャパン(マルベリー) 靴¥29700/ザ シシクイ

ブラックデニムのスパイスが、モード気分を盛りあげる

emma ブラックデニムのスパイスが、モード気分を盛りあげる

黒のタイトスカート気分ではけるブラックデニム。白糸のステッチがアクセントになり、黒が持つ重さを緩和してくれる。「ストライプ見えするセンシュアルなシアーニットも、デニム合わせだから成立するほどよい女っぽさ。小物もモノトーンで統一させれば、モダンな大人の着こなしに」。スカート¥28600/ロンハーマン  ニット¥11000/バロックジャパンリミテッド(ブラック バイ マウジー) ピアス¥385000・リング(右)¥143000・(左)¥58300/リトルリーグ(スピネリキルコリン) バッグ¥56100/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥36300/クルーズ ショールーム(ヒューン)

抜けがあるのにきれいめなのは、デニムスカートだからこそ

emma 抜けがあるのにきれいめなのは、デニムスカートだからこそ

「鮮やかなブルーと薄手で軽い生地が、夏の着こなしに心地よく最適。テーラードジャケットをIラインシルエットでまとめたコンサバスタイルも、デニムスカートならきれいめのまま、力が抜けたこなれ感を与えてくれる」。スカート¥42900・カットソー¥14300/ebure GINZA SIX店(ebure) ジャケット¥15400/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ジャーナル スタンダード レリューム) ピアス¥385000・リング¥58300/リトルリーグ(スピネリキルコリン) バッグ¥179300/マルベリージャパン (マルベリー) 靴¥108900/ロンハーマン(フランチェスコ ルッソ)

主張のあるデザインで、鮮度の高いワンツースタイルを

emma 主張のあるデザインで、鮮度の高いワンツースタイルを

フロントについたポケットやボタンが個性的で目を惹く一枚。くすみのない爽やかなデニム地と、うっすらキナリがのぞく自然な色落ちがワンツーコーデに奥行きをもたらしてくれる。「ベーシックなボーダートップスを合わせて、この夏はデニムスカートで大人のフレンチシックを楽しみたい」。スカート¥20900/アダム エ ロペ(ローラス) トップス¥14300/ゲストリスト(ルミノア) サングラス¥23100/ロンハーマン ピアス¥385000・リング¥58300/リトルリーグ(スピネリキルコリン) バッグ¥64900/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥69300/アマン(ペリーコ)

フレアシルエットならテクニックいらずでカジュアル上手に

「もともとデニムパンツがカジュアルすぎて苦手な方には、スカートらしい甘さがあるフレアシルエットがおすすめです。一枚で華やかに着こなせる上、デニムらしいカジュアル要素も簡単に取り入れられるはず。ワンツーコーデが多くなる夏にかけて重宝する予感」(百々千晴さん)

インディゴのフレアなら、気負わないのにレディなまま!

emma インディゴのフレアなら、気負わないのにレディなまま!

「動きのあるマキシ丈のフレアデニムスカートは、トップスをコンパクトにまとめてメリハリを意識して。夏先は今季トレンドのレイヤードスタイルではじめて、暑さが盛り上がってきたらアメスリなどを合わせても可愛い!」。子ども見えを避けるために、ベーシックなインディゴを選ぶのが◎。スカート¥17600/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ベスト¥41800/マディソンブルー  Tシャツ¥7480/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)  バッグ¥132000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 靴¥143000/ロンハーマン(フランチェスコ ルッソ)

デニムのセットアップも、スカートならこなれつつもなじみやすい

emma デニムのセットアップも、スカートならこなれつつもなじみやすい

七分丈や裾のフレンジディテールは可愛らしさもあるけれど、立体的で上品なシルエットが大人だからこそ似合う絶妙な一着。「同シリーズのデニムジャケットを合わせて、おしゃれ上級のセットアップスタイルに。リサイクルコットンを使用したサステナブルな生地だから、環境に配慮できるのも嬉しい」。スカート¥45100・ジャケット¥58300/ロンハーマン(ユニオン ランチ) 中に着たTシャツ¥4950/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイスⓇ)  ネックレス¥10230/デミルクス ビームス 新宿(ジュール クチュール) 靴¥33000/クルーズ ショールーム(ヒューン)

ホワイトデニムで爽やかに、新鮮に夏を始めたい

「デニムスカートの中でも、私が特に気になるのがホワイトデニム。ほっこりしてしまうのを避けたいデニムスカートコーデを、簡単に鮮度高くクリーンな印象に引き上げます。合わせによっては、きれいめにもモードにも振れるのが最高に気分に合う」(百々千晴さん)

デニムなのに上品、真っ白がもたらすピュアな清潔感 

emma デニムなのに上品、真っ白がもたらすピュアな清潔感

職人による丁寧な裁縫が特徴的な「ユニオン ランチ」のマキシフレアスカート。デニムならではのハリのある生地が、ロマンチックでサマになるフレアシルエットをキープする。「オールホワイトで合わせても、デニムの軽やかさが全体を柔和にまとめてくれる。小物はコントラストのつく黒を選んで、バランスをとって」。スカート¥45100/リトルリーグ(ユニオン ランチ) シャツ¥47300/マディソンブルー サングラス¥25300/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥96800/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 靴¥29700/ザ シシクイ

ディテールが効いたデザインも、ホワイトだから挑戦しやすい 

emma ディテールが効いたデザインも、ホワイトだから挑戦しやすい

信頼のデニムブランドの新作は、カーゴパンツ風のサイドポケットが特徴的な一枚。後ろに入った大胆なスリットなど、全方位どこから見ても美しく印象的な着姿を演出。「洋服は上下、淡いトーンで落ち着きを持たせて、インパクトのあるボリューミーなネックレスと足もとでカラーをさして」。スカート¥58300/リトルリーグ(マザー) カットソー¥20900/ebure GINZA SIX 店(ebure) ネックレス¥86900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ベルト¥17600/アマン(アトリエ アンボワーズ) 靴¥23100/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)

可愛げブラウスに、大人の余裕とクールさをひとさじ

emma 可愛げブラウスに、大人の余裕とクールさをひとさじ

’90年代風のデザインを意識したタイトスカートは、シルエットの美しさを引き立てるミッドライズ。「ノンストレッチの硬い生地でカジュアル感が強いので、ほんのり甘さが効いた黒ブラウスとの相性抜群」。スカート¥11000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイスⓇ) ブラウス ¥33000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥104500/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)  リング¥52800/ショールーム セッション(コールムーン) ベルト¥15400/エイチ ビューティ ー&ユース(ロエフ) 靴¥141900/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

教えてくれたのは
百々千晴さん

スタイリスト

百々千晴さん


どど ちはる●シンプルでありながら、絶妙なバランスを極めたスタイリングが圧倒的支持を集める。自身のブランド「THE SHISHIKUI」や、飾らない人柄が垣間見られるYouTubeチャンネル「DODOTUBE」も大人気。

「デニムパンツは毎年人気ですが、今年は多くのブランドでデニムのスカートを見かけました。バイラ世代はデニムスカートの流行を一度経験しているからこそ、懐かしくどこかヤボったい印象を持つ方もいるかもしれません。大人らしく着こなす最大のポイントは、合わせるアイテムをシンプルにすること。デニムスカートを主役に、ほかは引き立て役に徹して」(百々千晴さん)

撮影/土屋文護〈TRON〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/百々千晴 モデル/emma ※BAILA2024年6月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

当サイトでは当社の提携先等がお客様のニーズ等について調査・分析したり、お客様にお勧めの広告を表示する目的で Cookieを利用する場合があります。詳しくはこちら