都心から40分でタイムスリップ! 小江戸「川越」にてグルメ散策

2017-06-21 18:00
  • 久しぶりに友人たちと休みが合い、「せっかくだからどっか行きたいね~」という話に。気軽に行けて、かつ小旅行気分の出る場所ということで、なんとなく気になっていた川越に向かうことが決定。西武新宿駅から特急に乗って約40分、さらにそこからバスに5分ほど揺られるとそこにはまるでタイムスリップしたかのような蔵造の街並みが広がっていました! 
    今回はそんな川越で見つけたおいしいものを紹介させてください。(ちなみに肝心の街並みの写真を全く撮影していなかった私たち……。素敵な街の様子は添付の「小江戸川越観光協会」のHPからご覧ください……。)
  • 到着するやいなや、私たちが真っ先に買いに走ったのがこちら。
  • 東京の飲食店でもチラホラ見かける、川越のクラフトビールCOEDOです。さすが本場、街のあちこちで注ぎたてのものが売られておりました。こちらは”毬花”というお味。シトラスが軽やかに香るいっぽうで、ほどよく苦みもあり、暑い季節にぴったりの飲み心地でした。これを片手にしばし街をプラプラ。
  • ちょうどお昼時になり、どこからかいい匂いが……。実は川越には老舗のうなぎ料理店がたくさんあるのです。そのうちのひとつ「林屋」さんに入ってみることに。
  • 迷わずうな重を注文。薄すぎず濃すぎないタレとしっかりとした焼き加減が絶品でした! ああ、今すぐにでもまた食べたい。
  • もう一つの川越名物が「さつまいも」。あちこちで大学芋やさつまいもアイスを見かけました。そんななか、向かったのは亀屋栄泉という和菓子のお店。
  • こちらのお店はいもけんぴが有名だそう。糖蜜味や塩気が強いもの、チップス状のものなど種類も豊富でした。お土産にもちょうどいいですね。
  • と、思わず食べ物のことばかり書いてしまいましたが、その他にも魅力的なものがたくさんあり、大満足のおでかけになりました。
    急に思い立ってちょっとした旅行感が味わいたくなったとき、小江戸川越を訪れてみてはいかがでしょうか。(編集W)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords