千と千尋の神隠し、もしくはAlways3丁目の世界。江戸東京たてもの園

2016-05-08 23:30
  • 前回も紹介した、「江戸東京たてもの園」。
  • もう一方のエリアでは、昔懐かしの下町が広がっていました。
    まずは、情緒あふれる銭湯!
  • 昔懐かし銭湯
  • こんな富士山の壁画がある銭湯…映画の中でしか見たことがない!
  • お風呂につかりながら富士山を眺める
  • 天井がすごく高い脱衣所。カゴがレトロ
  • ここからは、個性豊かなお店が。
    傘屋、乾物屋、化粧品店、花屋と続きます。
    それぞれ、門構えから外観まで全然違っていて、まったく飽きません。
  • 傘屋さん
  • 乾物屋の店頭
  • 化粧品店
  • 花屋さんの中から。ここだけあまり現代と変わらない…?
  • どの建物も、大正~昭和に建てられ、そのまま移築されたもの。
    残された写真や資料を基に、細部まで復元された様子が本当に素晴らしいです。
    実際にお店の中に入ってつい「こんにちは~!」と声をあげたくなってしまうくらい。

    ほかにも、高橋是清邸や三井財閥系のお屋敷も、これまた豪華で見逃せません。

    GWは今日で終わりですが、まだまだお休み&旅行気分が抜けない方は、次の週末に足をのばしてみてはいかがですか?
  • (編集カゲモン)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords