PR

『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』波瑠&西島秀俊インタビュー

2018-10-23 10:00
  • 日々仕事に奮闘中の働く女性にオススメの映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』で、初共演した波瑠さんと西島秀俊さん。2人が演じたのは遊園地の職員ということで、熊本県の遊園地・グリーンランドで実際に長期ロケを敢行、その仕事の奥深さを実感したと言う。波瑠さんが演じるのは、思い描いていた職場の理想と現実とのギャップにショックを受ける新入社員の波平久瑠美。西島秀俊さんは、久瑠美の上司で数々の企画を成功させてきたカリスマ・小塚慶彦を好演。2人が語る、映画にちなんだ仕事の向き合い方は働く全女性が共感できるはず。
  • 波瑠と西島秀俊が語る、仕事の選択肢とスタッフや先輩俳優への感謝の思い
  • 何ごとにも受け身だった久瑠美が、小塚の下で働いたことで、仕事にやりがいを見出していく。今、それぞれの世代でトップランナーとして活躍している2人は、仕事選びや、仕事のスタンスをどんなふうに捉えてきたのか。

    波瑠さんの出演作はすべて彼女のマネージャーが決めているそうで、そのことが功を奏したよう。「これまでマネージャーが『これを私にやらせてみよう』と思ったものを演じてきましたが、そのことはすごく意味があることだと思っています。きっと自分で作品を選び出したら、好き嫌いが出て選択肢が狭くなってしまい、仕事が広がっていかなかったのではないかと」。さらに「私は特に事務所でレッスンを受けたことはなく、急に台本を渡されて、ロケ場所に『いってらっしゃい』と出される感じでしたが、今となっては、現場の人とのコミュニケーションのとり方を覚えるきっかけになったし、現場を知る勉強にもなったので、逆に良かったなと思います」と感謝している。
  • 西島さんも同様で「出演作は基本的にマネージャーが全部決めています。僕はやれるんだったら全部やりたいのですが、身体は1つしかないので、もう何十年も任せています」とのこと。デビュー当時、ドラマ「はぐれ刑事純情派V」で共演した藤田まことさんからもらった言葉が忘れられないそう。「一番最後に、藤田さんが色紙に『本業をゆっくりと』と書いてくださって、それが今でもすごく心に残っています」。日本映画界を牽引するポジションの俳優となった今、演者としての考え方にも変化が。「僕はとにかく現場が好きなので、以前は自分自身がただただ楽しくやっていただけなんですが、今はせっかく観客のみなさんが観てくださるなら、少しでも楽しんでいただけるような作品に出演したいと思うようになりました。その作品を観たら、少しだけ世の中の見え方が変わるような体験をしてもらえたら、というような思いが、以前よりも強くなりました」
  • 仕事にポジティブになれる魔法とは? 波瑠と西島秀俊が女子たちにエール
  • 波瑠と西島秀俊が初共演した映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』は、仕事や恋に奮闘する女子にパワーを与えてくれる快作。原作は、熊本県に実在する遊園地「グリーンランド」をモデルにした小森陽一の小説『オズの世界』。波瑠が演じるのは、順風満帆に生きてきた都会育ちの女の子・波平久瑠美役。恋人と同じ超一流ホテルチェーンに就職した久瑠美だったが、入社早々、地方の遊園地に配属され、恋人とも遠距離恋愛となってしまう。しかし、そこで出会った"魔法使い"と言われているやり手の上司・小塚慶彦との交流や、個性的な従業員たちのサポートを経て、久瑠美は仕事へのやりがいを見出していく。

    仕事や恋に悩む等身大のヒロイン・ 久瑠美には大いに感情移入できるし、極上のスマイルを連発する西島秀俊と、久瑠美の恋人・トシ君役の中村倫也というWイケメンの好演も冴える本作。人との出会いはまさに宝物で、少し思考を切り替えるだけで、ここまで人生が輝き出すのか!と、爽やかな感動に包まれる。

  • ■上映情報■

    『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

    【出演】波瑠 西島秀俊
    岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
    中村倫也 濱田マリ / 橋本愛 / 柄本明

    原作:小森陽一 『オズの世界』(集英社文庫刊)
    監督:波多野貴文 脚本:吉田恵里香
    配給:HIGH BROW CINEMA/ファントム・フィルム

    ★10月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー★

    Ⓒ小森陽一/集英社 Ⓒ2018 映画「オズランド」製作委員会

  • 波瑠と西島秀俊の、スタッフへの感謝の思いとパワーの充電法とは?
    ムビチケプレゼント、プレミア上映会レポートも!
撮影/藤澤由加 取材・文/山崎伸子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る