Magazineマガジン

BAILA8・9月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. どんなジュエリーと合わせても浮かず埋もれ…

どんなジュエリーと合わせても浮かず埋もれず。絶妙な存在感が頼もしい【10年計画で楽しむリング②】

スタイリスト福田麻琴さんが選んだマリッジリングはカルティエのトリニティリング。出産祝いや誕生日プレゼントを機に仲間入りしたリングと合わせたジュエリー使いを披露してくれました。結婚後もなお、輝き続ける素敵先輩のリング選びを参考にして!

スタイリスト 福田麻琴さん
女性誌からタレント、CMまで多岐にわたり活躍中。パリへの留学経験もあり、小粋なシンプルカジュアルは根強い人気を誇る。

マリッジリングはこれ

どんなジュエリーと合わせても浮かず埋もれず。絶妙な存在感が頼もしい【10年計画で楽しむリング②】_1
カルティエのトリニティリング
「トリニティをマリッジに選んだのは『愛・忠誠・友情』を表現したというストーリーのあるデザインに心惹かれたから。3色の地金は女らしく仕上げたい日の手もとにも似合うし、ボリュームのあるフォルムはメンズライクなジュエリーと合わせても負けないんです。子どもの出産記念として数年前にパリで手に入れた、ダイヤのリングといつもセットで着用しています」

+デイリースタイル

どんなジュエリーと合わせても浮かず埋もれず。絶妙な存在感が頼もしい【10年計画で楽しむリング②】_2
シルバーをベースにしたモードな辛口カジュアルに
「カジュアル派なので夏はレザーやシルバーで手もとを盛ることが多いのですが、太めのトリニティはそんな組み合わせにもすんなり。ゴールド×シルバーのミックスもバランスよく決まります」。(右から)カルティエのタンク、エルメスのリヴァル ドゥブルトゥール、ハルポのバングル、エルメスのシェーヌ ダンクル/福田さん私物

+オケージョンスタイル

どんなジュエリーと合わせても浮かず埋もれず。絶妙な存在感が頼もしい【10年計画で楽しむリング②】_3
きゃしゃなジュエリーと合わせてギャップを楽しむ
「ドレスアップする日は日常ではあまりつけないパールのリングを登場させて。ボリュー ムのあるリニティと繊細なパール、雰囲気がまったく異なる二つのジュエリーを対比させることで新鮮なおしゃれ感が生まれます」。(右から)ディンヴァンのブレスレット、カルティエのタンク、タサキのパールリング、神保真珠商店のパールリング/福田さん私物
撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・文/野崎久実子

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA8・9月合併号 試し読み

当サイトでは当社の提携先等がお客様のニーズ等について調査・分析したり、お客様にお勧めの広告を表示する目的で Cookieを利用する場合があります。詳しくはこちら