Magazineマガジン

  1. TOP
  2. EDITOR'S PICK

『血、汗、涙』リリースイベントで【防弾少年団】に恋しちゃった話

『血、汗、涙』リリースイベントで【防弾少年団】に恋しちゃった話_1
『血、汗、涙』と『Spring Day』の2曲を披露! (C) UNIVERSAL MUSIC / Virgin Music
@BAILA読者のみなさまは【防弾少年団(BTS)】、ご存知ですか? 約300ともいわれるグループが熾烈な群雄割拠を繰り広げる韓国音楽界のなかでも絶大な人気を誇る、今いちばん注目すべきチームです。今年2月に行われた韓国・ソウル公演を皮切りに、チリ・ブラジル・アメリカ・タイ・インドネシア・フィリピン・香港・オーストラリアそして日本と、10カ国32公演・約40万人を動員する怒涛のワールドツアーを展開中の彼らが、日本語でのニューシングル『血、汗、涙』をドロップすると聞きつけ、六本木ヒルズアリーナのリリースイベントへお邪魔してきました。
『血、汗、涙』というすごいタイトルのこの曲は、昨年10月に韓国で発売され、約2カ月で75万枚を売り上げたモンスターアルバム『WINGS』のリード曲『Blood Sweat&Tears』の日本語バージョンです。2014年にデビューしてから通算7枚めのシングルとなります。
防弾少年団 – 血、汗、涙 -Japanese Ver.- (Official MV)
イベントでは、『血、汗、涙』と『Spring Day』の2曲を日本語でお披露目! ファンであるA.R.M.Yのみなさんをはじめ、激レアパフォーマンスをひとめ見てみたいと集まったマスコミ関係者(=私)の熱気であふれかえり、ものすごい盛り上がり! 華麗に舞い踊るBTSのみなさんがまとっていた、シルクのような質感のなめらかなシャツに目を奪われておりましたら、あっという間に夢のパフォーマンスタイムが終了してしまいました......もっと見たいし聴きたいぞ、防弾少年団!!!
『血、汗、涙』リリースイベントで【防弾少年団】に恋しちゃった話_2
会場に集まった大勢のA.R.M.Y.のみなさんと一緒に記念撮影! (C) UNIVERSAL MUSIC / Virgin Music
ーではあらためてみなさん、ご挨拶と自己紹介をお願いできますか?
ブイさん(以下V)「僕からでいいですか? 今までずっと会いたかったー! こんにちはブイです」
シュガさん(以下S)「どうもー、シュガです」
ジンさん(以下J)「ジンでーす」
ジョングクさん(以下JK)「僕も会いたかった! ジョングクでーす」
ラップモンスターさん(以下RM)「リーダー、ラップモンスタでーすよろしくお願いしますー」
ジミンさん(以下JM)「久しぶりですねーみなさん! 笑顔が魅力的なジミンです」
ジェイホープさん(以下JH)「ひょーーーー! 久しぶりぃ久しぶりぃ会いたかった! 僕はみなさんの希望、ジェイホープでーす」

ー今日はあいにくの雨のお天気でしたが、みんなよかったですよね最高に!?
A.R.M.Y(以下A)「きゃああああああああああああ」
RM「みなさんすごい熱いですねー! 最高でした! 日本でパフォーマンスするのは、去年の11月以来ですので、みんな少し緊張しましたが、みなさんがこんなに来てくださったので、楽しくパフォーマンスできました。ありがとうございます!」

ー新曲『血、汗、涙』について、改めてメンバーから魅力をご紹介いただけますか?
RM「『血、汗、涙』は今回のアルバム『WINGS』のタイトル曲ですが、“誘惑に出会った青春”をコンセプトに制作したアルバムです」
A「(難しい日本語をスラスラと述べるのに驚いて)うおおおおおおおおおおお」
ほかメンバー「日本語すごいー!」「びっくりしたー!!」「ベンキョしたー!!!」
RM「(ちょっと照れながら)拒絶できない誘惑ほど、悩みと葛藤があると思います。ぼくたちはそれを“成長の過程”と捉え、一生懸命つくりました。こうした部分が、日本語の歌詞としてどのように表現されているかを想像しながら聴いていただければと思います」
JH「多くの方が『好き♪』といってくださっている、僕のパート!『ウォヌ マニマニ~♪』」
A「きゃあああああああああ」
JH「この歌詞は韓国Ver.と同じになっていて、日本のみなさんにはまた違うおもしろさを感じていただくことができそうです」

ーこの曲のポイントとなるダンスを教えてほしいのですが?
JG「スローモーションで倒れるのですが、力のコントロールが大事な振り付けです」
他メンバー「どうやってどうやって!?」「どうやってですか!?」
(ジョングクさん、倒立しながら倒れる振り付けを見せる)
A「きゃああああああああああああああ」
JH「みなさんにかっこいい姿をお見せできるように、一生懸命準備しました! みなさんいかがでしたーーー!?!?!?」
A「きゃああああああああああああああ」

ーBTSのみなさんは日本でも活動してこられ、日本に対して大きな関心をお持ちのようですが、ジョングクさんはSpotifyのプレイリストに、映画『君の名は』の主題歌を入れていらっしゃいましたね。
JG「僕は日本のアニメが好きですから、最近この映画を見て感動しました(ニコニコ)」
ー音楽も好きなんですか?
JG「全部好きです♪(ニコニコニコ)」

ー最近覚えた日本語を聞いてもいいかな?
JH「あります! オヤユビー!!!(親指を上げながらドヤァ顔)」

ーまさかそれだけじゃないですよね(笑)ほかはないですか?
JM「僕もあります。僕はァ、ひょろひょろ~~~......よろよろ~~~......(よろける)」
S「僕は『コトバ』です」

ーさすがラッパー、言葉は大事ですからね!
V「かたじけのうござる(-人-)」

ーまた、古い言葉を使いますね(笑)
V「会いたかたてござる! みんなも会いたかたでござるね(笑)」

ーしかし【2017 ビルボード・ミュージック・アワード】のトップ・ソーシャル・アーティスト賞にノミネート、本当にすごいよね! ジャスティン・ビーバー、アリアナ・グランデ、ショーン・ペンと並んじゃうんだもん。率直な感想を聞いてもいいですか?
V「アメリカにいるとき、ノミネートされたと聞いて、本当に驚きました。僕たちの音楽を世界のみなさんが聴いてくださって、SNSで応援してくださることが本当にうれしいです。それがビルボードの......おおぉ~ん......ノミネートにつながったと思います」
JM「なにか楽しいことがあるとファンのみなさんに伝えたくなります。みなさんに本当にありがとうございますと伝えたいです」

ー先月は南米~北米とツアーされて、とくに南米ではBTSブームが起きていると伺ったのですが? アメリカでのファンの反応はどうでしたか?
「言葉が違うアメリカですが、僕たちの歌を歌ってくれたり、会場の外でダンスを楽しんでくれたり、とにかく熱かったですね!」
「ふだんは遠くて、なかなか会いにいけないファンのみなさんに会えたことがいちばんうれしかったですし、今日みたいにいっぱい愛してくれて、ありがとうございました」

ーこれから始まるアジアでのワールドツアーでも大活躍してくれると思いますが、日本は5月30日から始まりますよ? みんな来ますね!? その意気込みをお願いします!
「みなさん、日本全国に会いに行きますので......」
A「がんばれー!」
「ぜひ、遊びにきてください!!!」
きゃあああああああああ
S「僕は各地でいろんな食べ物を食べるのが楽しみです♪(ニカァ)」
V「僕は写真を撮りにいきたいです」
JM「ファンのみなさんに会いたいです」
JG「みなさん、たくさん遊びましょう!(指ハート)」

ーでは最後に、TVの前のみなさんへおひとりずつメッセージをお願いします。
RM「みなさん、待ちに待った、待ちに待った日本での『WINGS』ツアーですね? 僕たちも一緒に、今も日本語も勉強してますので、期待してください。ツアーでまたお会いしましょう」
JH「準備はいいですかー?」
A「ふおおおおおおおおおおおおお」
V「みなさん、エネルギーを受けてもらいます。ありがとうございます」
S「5月30日から7月2日まで僕も本当に期待しています。みなさん一緒にたくさん遊びましょう」
JH「アーミーは僕たちのミューズです!」
RM「みなさん、本当にありがとうございます。『WINGS』ぜひ聴いてください」
JG「まだ恥ずかしいけど、いままでずっと愛してます。これからもずっと愛してましょう」
JM「いつも本当にありがとうございますし、いつも本当にだいす~きぃ~♪」
このあと、メディア向けのムービー&フォトコール。フォトコールでは、会場に集まったA.R.M.Yのみなさんと一緒に撮影。「盛り上がれ~♪」と会場を煽りながら撮影に臨む姿がとってもキュートでした。
今回リリースされた『血、汗、涙』は、かのジャスティン・ビーバーをはじめ、グローバルで活躍するトップアーティストが多数所属するアメリカの超名門レーベル『Def Jam Recording』が総合プロデュース。切れ味鋭い迫力のあるダンスと、高音~低音~ラップとしっかりメッセージを届けるゆるぎない歌唱力、そして顔面偏差値の高さ(どっちを見てもかっこいい! 目が足りない!!!)すべてがすばらしいのですが、メンバー自身が全員作詞&作曲にも参加しているとか。平均年齢22歳ととても若いチームだからこそ、みなさんの将来がとっても楽しみですね♪ これからもぜひ見守らせていただきたい、注目のアーティストです。ウォヌ マニマニ~~~♪
撮影/ UNIVERSAL MUSIC / Virgin Music

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン